« どっか〜〜〜〜ん! | トップページ | 風間さんにお会いしてきました。 »

2007年7月28日 (土)

東川町へ行って来た。

東川町といえば写真のまち。今では写真甲子園でも有名です。(もっとも今の写真甲子園はキヤノンの独占開催によるイベントになってしまったけどね)
でもって、ただ今国際フォトフェスティバル開催中の東川町。今日は自分の写真を持ち込んで「土田ヒロミ氏」「大西みつぐ氏」に見て頂いた。これはニコン協賛のイベントで本来は35歳以下を目安、となっておりますが「まあ、いいんじゃない?(by ASANO)」とのことで今年5月と8月に撮影した新潟、岩手のモノクロをアルバムにして持ち込みました。

Dscf9867これは他の方の講評中。自分の番だと撮影出来ないので。えー、色々若い方々の写真は面白いですね。もう写真というよりアートなものも多いし、セルフポートレートもあり。ううん、刺激受けちゃう。でもってこんな古くさい写真がどういう風に見られるか。
実は自分の街撮りには「足りないもの」が漠然とわかっていたのだけど、なかなか見えてこず、今後の方向性をどうしようか悩んでいたのです。
両氏のお話をまとめれば「古いこういう街を撮る場合、古い街のパーツだけを集めるような(例えれば赤瀬川源平氏のような)コレクションに徹するか、街並みを撮るか。街並みも、生活感とか、地方都市の抱える問題点とか、もう少し深く掘り下げて切り取るといい」と言われました。ううむ、ホント、そうなんです。自分の街撮りはまだまだ第三者による素通りに近いと思っていました。時間をかけなければ。ただ、東北、とりわけ岩手はもっともっと同じ場所でじっくり撮影もしているので、少し整理も必要かな。
あと、人物が写っているものはおおむね好評でした。きちんと話をして撮影している、と言われました。
(大西氏はプリントを見るなり「いい焼きだねえ」と感心。プロも唸る職人N氏に感謝ですわ。あと、スゴイのは「これ、アクロス?」と一発でフィルムまで当てられたこと・・・まあ、もとその会社にいたことを話したとはいえ、凄いなあ、プロの目って)

Dscf9866オマケ:旭川のパリ街。ビルの谷間にパリはあった。でもパスポートも要らないし気軽に入れそうだ。が、なぜか勇気が要りそうなパリでもある。

写真はもの凄く楽しいし、色々なものが見せてくる。己の内面をさらけ出すことの出来るツールなのだが、必ず壁にぶち当たるのも事実。今、悩み抜いて自分のスタイルを少しずつ確立していきたいなあと思っています。まだまだリハビリは続きます・・・

|

« どっか〜〜〜〜ん! | トップページ | 風間さんにお会いしてきました。 »

コメント

東川町のことは、風間健介氏のページで、じつは数ヶ月前に知ったばかりという...
私の写真に対する本気度なんて、そんな程度なのでした。まぁ、高校で止めてブランク25年ったら、もはや赤子と同じなわけで。

第三者による素通り...
きちんと話をして撮影する...

いつものことですが、いわゆる「写真」の話にとどまらんのですよね。
だからやってる、んです、けども。いやぁ、ある意味怖い話です。


...と書いて、久々に風間健介氏のページのぞいてみたら、

なんと31日まで、道新プラザギャラリーで写真展。
んで明日はトークショーですってさ。

行かねば。

投稿: CommA | 2007年7月29日 (日) 01:03

> 必ず壁にぶち当たるのも事実。
 私が直面している壁は、「撮り続けること」です。今はRTSにP50/1,4を着けて毎日持ち歩いているのですが、撮る気にならないんです。ただ、リュックに詰めたカメラの重みだけが、日常化している自分が居ます。

 何のために撮るのか、なんて考えてはいけないことを考えてしまいます。取り組むテーマ云々の前の段階です。本当に恥ずかしいことですが、それが私の現状(人としての器?)なのです。前が見えない...。

投稿: 左門☆豊作 | 2007年7月29日 (日) 21:45

>CommAさん
今日はとてもいい刺激でしたね。
写真にキャリアは必要ないと思います。どこまで見切れるか、なのでしょうね。
私もまだまだお子ちゃまです。全然ダメダメなんですよ、本当に。
お互いに頑張りましょう。

>左門☆豊作さん
えーと・・・撮れないなら撮らない方がいいです。カメラなんか持ち歩くからダメなんですよ。
それに、機材、少し整理した方がいいかも(爆)・・・カメラマニアならそれでも構わないし、撮り続けたいなら「撮らない時間」があっても全然いいです。
カメラを持たず歩いてみたらそのうち撮りたくなると思います。私も撮りたくないこと、いつもありますよ。
まあ、テーマはあった方がいいですけどね。

投稿: ariari | 2007年7月29日 (日) 23:09

どうもお疲れ様でした。

ようやっと後片付けを終えて東川から帰ってきました。
年のせいか年々疲れがますような気がします(笑)

今回は色々ありましたが例年お一人のニコンユーナも特別に二人お呼びしての開催でした。
裏としてはたくさん来てくれてよかった!

これで人来なかったらどうしよう・・・というドキドキ感一杯でした。


今回ストリートギャラリーの展示は京都・東京・九州と全国各地からも参加していただき、ある人の作品めぐってA社、とC社担当者が競って勧誘しておりました。浅野も彼女の作品が大好きで、真似したい!と思いました。
水のなかに潜ってのセルフヌードですが、年寄りがすると溺れ死にそうなのでやめときます。

こんどはどこかで一緒に展示しましょうね。

投稿: asano 見栄隠 久男 | 2007年7月30日 (月) 18:36

>asanoさん
どーもお世話になりました。やっぱりね、若い人の発想には驚かされますよ。いい刺激です。
でも、批評頂いたお二人が仰っていた「奇抜なものは飽きられるから」ということも念頭において、今後も精進します。ありがとう!

投稿: ariari | 2007年7月31日 (火) 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15931149

この記事へのトラックバック一覧です: 東川町へ行って来た。:

« どっか〜〜〜〜ん! | トップページ | 風間さんにお会いしてきました。 »