« 岩手・純情編【遠野2】 | トップページ | 岩手・掘り出し編【笑】 »

2007年7月 4日 (水)

岩手・純情編【花巻・鉛】

6月の岩手シリーズもこれでおしまいです。岩手への旅はあまり非日常ではないような気がしますが、たぶん「旅」とはそういうものかもしれません。人は生まれながらの旅人である、とは誰の言葉か・・・ワシ?(笑)
私がその昔、カメラマンの宝田久人さんと酒の席で「旅行は非日常の楽しみ、されど旅はいつもの自分を持って行くモノ」と教わりました。
花巻は敬愛する宮沢賢治先生の故郷であること、たぶん賢治先生も壮大な旅をされていたに違いありません。

Hanamaki18
花巻市内の銭湯。今も営業中だ。今度こそ入るぞ・・・

Namari31
鉛へ向かう路線バス。古い車体のバスこそが自分の存在を確認出来る一瞬。こうでなくちゃ。流れる車窓に思いは揺れる。

Namari33
空間に佇む・・・私の好きな踊り場の風景。ひんやりした空気が身を包む。でも暖かい場所でもある。

Namari35b
「いつもいつもありがとうね」・・・売店のおばちゃんとしばしの語らい。

Namari36
「ゆっくりね・・・」ありがとう、またお世話になりますね。

これで6月の岩手は一巻の終わり。正月に撮影した盛岡のカラーネガが一本未現像で発掘されたんで、また明日にはそれをお出しします(笑)。

撮影日:6/22-26 岩手県花巻市

|

« 岩手・純情編【遠野2】 | トップページ | 岩手・掘り出し編【笑】 »

コメント

↓、サビ夫とバンドエイ子、笑わさせていただきました(^。^;)
夜はコワイでしょうね(笑)...ライトアップしてあげたい(爆)

これが花巻なんですねぇ...本当に吸い込まれそうになります!
旅行と旅の違い、達人の含蓄あるお言葉、しかと受け止めました。

踊り場、昔の学校の風景にも見えてきて込み上げるものがあります。

おばちゃんの売店がまた趣きありますねぇ...こういうお店、ほんとになくなりましたよね...

投稿: 小樽ではたらく本部長 | 2007年7月 4日 (水) 10:39

夏場に一度は、鉛ってみたいな~

投稿: いんぷ@会社 | 2007年7月 4日 (水) 20:50

一度しか行ってないのですが もう何度か行ってるかのように 暖かく迎えてくれ もう1泊していきなさいと後ろ髪引かれながら 行ったこの宿 また行きたいね おばチャンの顔見るだけで 癒されます

投稿: キタキツネ2号(FURICO281) | 2007年7月 4日 (水) 21:01

先日は、お店、HPの両方にお越しいただきまして、ありがとうございました!
パラカメさんからも伺っておりましたのに、ご挨拶が遅くなり、失礼いたしました。

岩手のお写真、どれもすばらしいですね。
感じ入りました♪
ぜひまたあらためてご来店くださること、心待ちにしております。^^
岩田珈琲店 ノンビリ店主

投稿: iwata coffee | 2007年7月 5日 (木) 04:23

いやあ、花巻、鉛、おばちゃん たまりませんねえ。
ぜひ、一度 鉛ってみたい。
写真どれもいいけど、バスの流れる窓の景色がツボでした。

投稿: ainosato | 2007年7月 5日 (木) 08:21

むむうん、鉛合宿が実現した日にゃ、おばちゃんでモデル撮影会が開催されそうでコワイ。(笑)
オイラもやっぱ踊り場が好き。

投稿: DENZI | 2007年7月 5日 (木) 13:51

>小樽ではたらく本部長さん
花巻は小さい街ですが自然豊かでほのぼのするところですよ。
おばちゃんに会いに来てくださいね。
サビ夫君へも足を伸ばしてください(爆)。

>いんぷさん
夏こそ鉛。でも「あぶ」が多いんで露天が辛いんですけどね。

>FURICO281さん
ねー、もう一泊するとさらによし。でも、後を引くので何泊しても物足りなさを感じます。

>岩田珈琲店様
お越し頂きありがとうございました。次回はお店で濃いお話を伺えれば、と思います。
また宜しくお願い致します。

>ainosatoさん
ainosatoさんが来られたら帰りたくなくなるかも。
バスに乗って温泉へ向かうともの凄くテンションが高まります。
おばちゃん、待ってますよ。

>DENZIさん
えー、撮影会?(笑)売店のおばちゃんは「世を忍ぶ仮の姿」ですからね(爆)。
踊り場で踊りまくるDENZIさんの姿が想像出来ます。カメラ持って。

投稿: ariari | 2007年7月 5日 (木) 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15643149

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・純情編【花巻・鉛】:

» 癒しの 湯宿  [CRYSTAL VIEW 〜どさんこ日記〜]
って 何かのパンフレットのようなタイトルであるが GW過ぎの閑散とした 雰囲気が堪らなくいい 桜前線は「しょっぱい川(津軽海峡)」をとうに渡っているが この東北にも遅咲きの桜が咲いている 周りは川のせせらぎ以外聞こえない いや むしろ騒々しいくらいの川の流れ 都会の喧騒とは程遠いものであるが 最初は結構気になる音であった しかし 慣れるものである やわらかなお湯に浸かり 部屋に戻ると電気をつけたまま 夢の中へ.... 数年分の疲れが取れたように 体も軽くなった..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 22:17

« 岩手・純情編【遠野2】 | トップページ | 岩手・掘り出し編【笑】 »