« 岩手・純情編【盛岡・開運橋付近】 | トップページ | 岩手・純情編【北上2】 »

2007年6月30日 (土)

岩手・純情編【北上1】

北上は定宿・花巻より二駅という近さながら、花巻とはずいぶん異なる印象が強いです。まずは住宅編・・・

Kitakami01
家の壁面の潔さ、空間に感じるオーラ、引き寄せられました。

Kitakami06
この建物が昔、どんなお店だったのか凄く気になって仕方がないのだけれど痕跡がまったくないのでわかりません。割れたガラスの隙間からはダンボールが山積みでしたが、お宝が眠っているように思えると寝られなくなりますね。

Kitakami07
生活感が今はまったく感じない塀なんだけど、私を撮ってくださいと壊れかけた扉が手招き。

Kitakami08
すいませーん、覗きです・・・ぢゃなくて壊れた扉の向こう側。やっぱり生活感がない。ここに住んでイイよ、って言われたら喜ぶ私はヘンなヤツだ。

Kitakami20
たぶん、たぶんだけれど大きな地震が来たらちょっと心配だ。いい味のあるお家なのだけど、部屋の中はどんなんだろうか。上がり込みたい衝動にかられる・・・

撮影:6/23 北上市内
撮影データは全部同じです。

|

« 岩手・純情編【盛岡・開運橋付近】 | トップページ | 岩手・純情編【北上2】 »

コメント

・・・・・・・すごい。建屋も写真も。
空の入れ方が絶妙なんでしょうか、そんな気がします。
北上には仕事で何度か行ったことがあるんですが、こういう場所は歩いていません。

投稿: hiros | 2007年6月30日 (土) 23:13

2枚目。もし今…営業してたとすれば、この角の採り方は間違いなく、タネとか日付の過ぎたパンなんかを売っている(aは買った事あります(笑))、いかにもaの好きそうな店だと思われる。しかし、細部を見ると意外に堅牢な凝った造りである事が判るだろう。

ズバリ、呉服屋か布団屋。

投稿: hurryblood | 2007年7月 1日 (日) 01:15

ええのうええのう。(涙)
二枚目、三角コーナーに目が奪われるんだけど、二階の窓がまたなんとも・・・・・、たまらん。

投稿: DENZI | 2007年7月 1日 (日) 08:44

>hirosさん
この写真のあたりは駅からは結構離れているんですよ。まあ写し人より建物がいいんです(^^;

>hurrybloodさん
ううう、あの店、平然と「あれ?そう?切れていた・・・じゃ、こっちにして」違うパンだろが!(笑)
ああいうアバウトさが青森の魅力かと。ああ、また古い店を回りたいなあ。

>DENZIさん
ねー、二階の窓ですよ、ほんっとにいい雰囲気で。願わくば壊されませんように。

投稿: ariari | 2007年7月 1日 (日) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15598909

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・純情編【北上1】:

« 岩手・純情編【盛岡・開運橋付近】 | トップページ | 岩手・純情編【北上2】 »