« ゆふぐれシリーズ。 | トップページ | ハネもの(新潟).... »

2007年6月 6日 (水)

旅するココロ。

Dscf9280今年の年明けは岩手の定宿で過ごし、その後に台北、ソウルと二週連続で旅をした2007。岩手の宿には今年、年明けの他に3度ステイしており、そろそろまた行きたい病がウズウズ・・・だって宿から葉書が届いたんだもん・・・「素人演芸大会開催!(笑)」・・・まあ、毎年恒例の(主に)湯治客向けのささやかなイベントのようです。私は一度も見たことはありませんが、まあ、歌や踊りの披露というものみたいです。
この「葉書」というものは非常にくせ者で、これだけ携帯電話、メールなどが普及しているのに旅先から葉書を送るとか、もらうとかいうアナログ的な通信手段というのはとっても楽しい。
実は私も不定期だけど色々な画像を葉書サイズのインクジェット用紙にプリントして親しい人に送ったりしている。主に行きつけの喫茶店なんだけどね。旅先で印刷するのは難しいけど、やろうと思えばカメラ店で「プレミアムGサイズ」というものをオーダーし、裏面に油性インクで郵便はがき、もしくはPOST CARDと書けば50円の定型はがきとして送ることも可能。(書かないとはがきとは認められないのです)

今では少なくなったけど、宿には必ず絵はがきが備えつけてあったはず。宿の全景だったり、付近の観光地が印刷されているものね。あれを送ったことはなかったけど、送る相手もいなかっただけか。

Dscf9262最近は携帯からも旅先の模様をすぐにカメラで撮影してそのまま送信したり、ブログなどにもアップできるので絵はがきも不要になったのかもしれない。
でも、葉書も旅をする、ということを思えばなんだか嬉しい。自分のいるトコロから、友人や家族にココロが旅をしてゆくような。「私はココにいます。でも、貴方のことを忘れていませんよ」というのは結構ヘビィなので、単純に「元気だよ」という報告でもいいのか・・・もっとも普段から「何をしているのか行方知らず」のヤツから突然旅先からのはがきが届くというのも妙だろう。アイツ、まさかよからぬ事を考えて居るんじゃないよな?などと勘ぐられるのも困る。
やっぱり携帯で「こんなとこに来ているんだよーん」が気楽でいいのかなあ。でも、それって単なる自慢にもなりかねないので送る相手には十分な注意も必要だったり。ヤレヤレ。

新潟県新発田市月岡温泉にて05/27

|

« ゆふぐれシリーズ。 | トップページ | ハネもの(新潟).... »

コメント

演芸大会…ariariせんせーによるデジカメ教室を熱望♪(ばく)


絵はがき…海外からは実家や親友に送っています。銀塩フィルムと一緒でアナログな良さ、趣がありますね。

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2007年6月 7日 (木) 00:52

>ほっかいどうでしょう♪さん
ないない(爆)。アナログな郵便も趣があっていいですね。今だからこそ続けたいです。

投稿: ariari | 2007年6月 8日 (金) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15339747

この記事へのトラックバック一覧です: 旅するココロ。:

« ゆふぐれシリーズ。 | トップページ | ハネもの(新潟).... »