« はぐれ写人・純情派(w | トップページ | ああ、台北行きてぇ〜〜! »

2007年5月 9日 (水)

癒されるということ。

Dscf9327本日、会社で講師のための準備として少しお仕事。その後某カルチャー教室へ行き、講師をする。生徒さんは今回かなーり初心者ばかりなので、前回のおさらいをする。なかなか面白いけど大変な仕事。カメラの操作を覚えるだけでデジタルって難しいなあ、とあらためて思います。
デジカメの、それもコンパクトデジカメはメーカーによって相当使い勝手も違うし、しかも・・・残念ながら暗い条件下ではまともに写らないカメラがけっこうある。こういう場合、どう説明していいやら悩んでしまうんです。「あなたのカメラでは無理ですよ」とは言いにくい。同じような価格帯のカメラなのに、ちゃんと写らないなんてどうよ?って。
でも、とにかく写真はある程度慣れるまで撮るしかありませんからね、まずは色々撮っていただくしかない。写真は癒しの効果がある、と思うんだけどデジカメの場合、あまりに操作が難しくてかえってストレスになるんじゃないかと心配になることがあります。特に最近はいろいろな機能を盛り込みすぎて肝心の基本性能が全然向上していないカメラばかりです。年配者がこうしたカメラを使うことで実はかえってよくないんじゃないかと・・・
まあ、AUTOとフラッシュ機能(オン、オフは最低限使えるように)、そしてマクロだけをしっかり覚えてしまえばあとはガンガン撮りましょう、と締めくくりましたが。この生徒さんたちとは9月まで一緒だけど、めきめき上達する人がどれだけ出てくるかなあ・・・私も癒されたいなあ(笑)。

|

« はぐれ写人・純情派(w | トップページ | ああ、台北行きてぇ〜〜! »

コメント

全体の風景よりも、バスに反応してしまうオイラって・・・(笑)

投稿: いんぷれっさ | 2007年5月10日 (木) 00:43

>AUTOとフラッシュ機能(オン、オフは最低限使えるように)、そしてマクロだけをしっかり

賛成(^^;
フラッシュがデフォでオンのままってのは、TPOによっては非常にまずいですしね。それ無駄だよおっさん、ってだけならべつにいいんだけど。

デジタルカメラやりたい人とカメラやりたい人が、一緒くたに来ちゃうんでしょうねきっと。それは大変そうだぁ。

投稿: CommA | 2007年5月10日 (木) 06:57

生徒さんが話を聞いてくれるだけまだいいですね。
以前私が専門学校でアサヒカメラニューフェース診断室を
教材にレンズの収差と描写の講義をしたときは
聞いている学生はほとんどいなかった。
こんな講義で期末試験するのも面倒だったので、
レポート提出で評価をつけたので評判は良かったが。

投稿: こもれび | 2007年5月10日 (木) 08:57

>いんぷさん
ええ、それでいいんです(笑)。こんなバスもう岩手県交通でしか味わえないです。

>CommAさん
少し前にはフラッシュを手動にしたモデルをやったんですが・・・マニア向けになっちゃって。勝手に光るのは失敗がないんですが、困ることも多いんですよね。作る側としては悩みどころです。

>こもれびさん
アサカメの診断室、あのレンズチャートはシビアでしたね。まあ、公平に測定器で測ればああなるのでしょうが。描写が味わい深いレンズほど、あのチャートでは酷評されていたような・・・まあ、写真を目指す学生さんにはそういうことに興味がなかったんでしょう。でも、今時のデジカメでも本当にヒドイレンズを付けているデジカメが凄く多いんです。もう、犯罪ですわ・・・

投稿: ariari | 2007年5月11日 (金) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15017224

この記事へのトラックバック一覧です: 癒されるということ。:

« はぐれ写人・純情派(w | トップページ | ああ、台北行きてぇ〜〜! »