« ネイチャーはダメなのだ。 | トップページ | 我路は死なず。 »

2007年5月23日 (水)

原点。

19750607_2

1975年、私が中学生の頃に「初めて一眼レフで撮影した」画像がこれ。修学旅行の時に知人が「使っていいよ」とキヤノンEFという当時では非常に高価なカメラを貸してくれた。私がまだ写真に目覚める前、だったけど高級な一眼レフを持つだけで偉くなったような勘違い(笑)。
モデルのK君、まあ、もう時効でしょ。個人特定不可能として許せ。

19750607_3

あの頃を思い出すことが、なかなか出来ないのだけどネガを発見して途切れ途切れの記憶が少しだけどよみがえってきた。あの時もう少し写真にのめり込んでいれば、また人生が変わっていたかもしれないけど、私はこの後オーディオや生録(懐)に興味が進んでしまい、写真に目覚めるのはもう少し後のことになるのだった。

Canon EF FD50/1.4 FUJIFILM NEOPAN SS

|

« ネイチャーはダメなのだ。 | トップページ | 我路は死なず。 »

コメント

更にこの後、こともあろうか女性に目覚めてしまった為、本来ならもう少し早くカメラに開眼する予定だったのだが、aも若いオスだった。
体は正直だったのだ。

投稿: hurryblood | 2007年5月24日 (木) 00:40

>はりーちゃん
(爆)・・・残念・・・ワシャ女性に目覚めるのが遅かったのだ。だからこんな人生なのだ。どんなんや。

投稿: ariari | 2007年5月24日 (木) 00:45

おおーっ 窓の開く車両だ。やっぱり列車は窓の開放感ですよ。
懐かしいなあ。

投稿: ainosato | 2007年5月24日 (木) 07:53

EFっ。あの同軸には憧れたなぁ...いま考えるとなぜだかわからんですが(笑)
やはり、というか...原点からして意思の突き通った写り。ずしっと拝見いたしました、ありがとうございます。

投稿: CommA | 2007年5月24日 (木) 09:02

確かに拝見しました。ariariさんの青春写真。
「初めて一眼レフで撮影した」ネガが残っていることに驚きです。

回り道、寄り道があるから面白いのかもしれませんよ。

投稿: hiros | 2007年5月24日 (木) 19:50

しかもちゃーんとネオパンだし。
75年ならカラーのほうが一般的だったでしょうに、小僧っ子が!(笑)

投稿: DENZI | 2007年5月24日 (木) 21:56

>ainosatoさん
ネガシートにはご丁寧に「キハ27-201」とまで書いてありました(笑)。冷房もなく風を受けて乗る列車は最高でした。

>CommAさん
EFは良いカメラでした。すっごい電池食いでしたけど。でも、キヤノンに行かずにニコンに傾倒しちゃうんですよねぇ・・・ファッショナブルな人間じゃなかったからです(爆)。

>hirosさん
ネガを発見した時は驚きました。いやぁ、いいもんです。友人たちばかり撮影していました。
あれからン十年....進化していないかも。

>DENZIさん
その時、カラーも撮影していたはずなのですが、記憶にないんですよ。フジカラーN100が出ていたはずなのですけど。モノクロの方が安かったからだったと思います(笑)。

投稿: ariari | 2007年5月24日 (木) 22:26

出遅れました...汗

うーん、やはりariariさんが写しているとしか思えませんよ(謎)
写真のセンスって生まれつきのものなのかな?
どこか懐かしい遠くのところに連れて行かれそうな魅力を感じます...

投稿: 小樽ではたらく本部長 | 2007年5月25日 (金) 16:32

>本部長さん
いえいえ、センスなんてーもんじゃないです。撮っている時は意外に計算なんてできないです。
写真は時間を超えていつでも昔に戻れるような器がします。心だけ(笑)・・・

投稿: ariari | 2007年5月25日 (金) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/15178823

この記事へのトラックバック一覧です: 原点。:

« ネイチャーはダメなのだ。 | トップページ | 我路は死なず。 »