« 北東北・桜紀行【1】 | トップページ | 北東北・桜紀行【2】 »

2007年5月 6日 (日)

フィルム一本勝負・第二回

前回は昨年12月に行われた「フィルム一本勝負」、好評のため恒例行事になりつつあります。今回も小樽ですが、手宮界隈ということで私は写したことがありませんでした。
今回のメンバーもainosatoさんbonoさん(私はお初でございました)CommAさんDENZIさんhirosさん小樽ではたらく本部長さん(都合により早朝撮影でした)そして私の7名です。
なにせ強者揃いですからね、街撮り派としては(うそこけ、と言われそうです)プレッシャースケール、目盛りいっぱい、でございます。

Filmdata0705

まずはインデックスから、お約束です。デジタルとは違いこうして時間経過と撮影視線が丸見えのフィルムは怖いですよね。

Temiya01

迷いましたが、まずはコレ。実は今回20mmを選択した私、コレは正対しないと歪みが激しくなるのでポジション決めが難しい。でも、この味わいはフレームに収めたくてね。錆びているし、ズレているし。

Temiya02

寄らないと、寄らないと。でも背景もオイシイ。ううむ、足を踏み入れたわけだから撮らずに後ろへ下がるわけにはいかないショット。

Temiya03

「もち」以外に店名がわかんなかったんで、寄ってみる。うわあ20mm辛かったかもなあ。

Temiya04

入っちゃえ。「すあま」「柏餅」大好物が並ぶガラスケース、いいねえ、おじさん、優しい声で語りかけてくれて。マズイわけがないでしょう。竹屋餅店という昔ながらの掛け紙で店名判明。

Temiya05

20mmで思いっきり後悔したのがこのショット。狙い通りなのだけど、鉄条網をかいくぐって一苦労。28mmでもよかったかなぁ、でもやっぱり今日は空を絡めたかったのでいいや。

Temiya06

銀色に輝くトタンが呼んでいる〜赤いドラム缶も呼んでいる。真ん中のドラム缶が白かったらなあ

Temiya07

最後の方でやたらカメラへ接近するワンちゃんと遭遇。「コイツね、カメラ好きなんだよなあ、おい、ほれ、行くよ!あれれ、ダメだなあ(笑)」飼い主さん苦笑いしながら。ありがとう、ワンちゃん。

やっぱりね、ネガ楽しい。再現力は数値では計れない、これが写真の面白さ。
Nikon FM3A NIKKOR20mm/2.8 FUJICOLOR SUPERIA400 EPSON PM-A750複合機よりプリントスキャン。

|

« 北東北・桜紀行【1】 | トップページ | 北東北・桜紀行【2】 »

コメント

なんだモチか。あまりにデカい乳輪かと思った。
品性下劣ステッカー(懐)ですみません。

投稿: hurryblood | 2007年5月 7日 (月) 00:41

お疲れ様でした。
セレクトされた画のキャプションが勉強になります。どれもなるほどと。
次回はなんとか意識して。出来るか。。
ドラム缶の赤と輝くトタン、いいですねー。

投稿: hiros | 2007年5月 7日 (月) 06:40

い~ひ~ひ~。一枚目、車庫でしたかぁ。快哉っ(笑) 見抜いた写真がセレクトされてると、なにやら非常に嬉しいもんですね。自分で撮るより嬉しいかもしれません(笑)
あとはもう、印象に残りまくりのカットばかりで...全部よいです。当たり前だ。特に餅屋のおじさん、これはもう味わい深すぎ。ドラム缶もしみじみと沁みまする、ドラム缶とホタテに都合四枚使われてたんですよねぇなんてのも、また楽し(^^)
写真の密度が素晴らしいです...indexでもびんびんわかりますわ。精進いたしますです(m__m)

20mm F2.8、セブンさんに一本あるんですけど、どうやらフードなしの模様。フジヤさんには何本かありますが、ブツを見たいし...しばらくうろうろ探してみます(^^)

投稿: CommA | 2007年5月 7日 (月) 08:28

土曜日はありがとうございました。
いやあ、町(街じゃなく)撮り派、さすがです。
餅屋さんがやっぱりうまい(ってジョークじゃなく)。
人の入れ方、そして最後のワンコ。同じ街撮りでも生き物が入ると
生き生きしてきますよね。
一枚目のシャッターとシェルのきもちいい空が好きです。

投稿: ainosato | 2007年5月 7日 (月) 08:40

ううん、やっぱりセンパイすごいっス!
いきなりのホーキ、ミリ単位の正対、生きている人々、信心も忘れず、
それでもアブラ方面に向かう足、そしてソバ食う余裕。
たぶんアソコ、味はまあ、でも雰囲気が手宮なあの店かと。嬉しい。

投稿: DENZI | 2007年5月 7日 (月) 10:21

一昨日はお疲れ様でした。

ariariさんのカメラ話だけ聞きに来ても勉強になりましたよ。ありがとうございます。
さらにプリントまで拝見させていただいて衝撃的でした(広角いいです!)。

餅屋さんの看板は何人くらい写すのだろうか?と朝、DENZIさんと話しておりました(笑)
拙が釘付けになったのは餅屋さんの御主人の写真です。
こういう写真を撮りたいんですよねぇ(^。^;)

カメラ好きな犬のショット、まるでフジフイルムのコマーシャルフォトみたいだ...
って、当たり前か(^。^;)

投稿: 小樽ではたらく本部長 | 2007年5月 7日 (月) 14:00

犬いいですね。
突進に迫力があります。

投稿: こもれび | 2007年5月 7日 (月) 17:59

オイラもフィルム1本勝負をやってみたい

カメラは....もちろんPEN-Fで(ばく

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2007年5月 7日 (月) 20:35

まとめレス失礼します。

>hurryさーん
乳輪。そうきたか。あれは本当はね、もっともっと激しいものなの。

>hirosさん
キャプションは思いつくままです。実際に撮影しているときは頭になかなか言葉が浮かばないうちにシャッターを押していますよね。
あとで写真を見て「ああ、こんなことを考えて撮っていたんだよなあ」なんてもんですね。

>CommAさん
過分なお褒めを頂きまして恐縮です。最初飛ばしちゃいましてね、でもCommAさんが坂を上っているうちに「蕎麦食って(爆)」ウサギとカメですわ。あとで追い討ちをかけるのに必死でタンクへ転がり込んで・・・
20mm/2.8は周辺までシャープですし、ゆがまないし、本当にいいですよぉ~(笑)

>ainosatoさん
どうしても優しい視線になりきれず、結局ずかずか歩いているのが私です。生き物や人はどこかに入れたいなあといつも思います。生活の匂いがどこかにないと安心できなくて(笑)・・・次回はどうなんでしょ?

>DENZIさん
蕎麦食ったのは余裕じゃなくて、見つけたら入るのが癖になっていたので(笑)。ええと店を撮ろうと思ったけど・・・食ってからにしようと思ったら・・・なぜかやめました。味はそこそこですが雰囲気よろし。昔ながらの食堂で何が悪い(笑)。アブラ売ったんでアブラ撮りました。

>小樽ではたらく本部長さん
リアルタイムでの撮影じゃなくてご苦労さまでした。マジメに写真に取り組む姿勢は本部長さんの持ち味ですからね、私なんかダメダメですもん。この一本勝負を何らかの形で富士フイルムへ提案したいなぁ、と思います。ええ、マジで。

>こもれびさん
今回は初めてお店へ行けて嬉しかったです。ラーメン旨かったです。
またお邪魔します。あのRICOH、もう一度じっくり見たいです。

>ほっかいどうでしょう♪さん
今度チーム作ってやります?(笑)PEN-Fはレギュレーションでどうなるのか(爆)。

投稿: ariari | 2007年5月 8日 (火) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/14981012

この記事へのトラックバック一覧です: フィルム一本勝負・第二回:

» フィルム一本勝負 第二回 手宮編 [ainosatoブログ02]
昨日はいつもの写真のお仲間で、「フィルム一本勝負」。 まずはいさぎよくお約束のインデックスプリント。 (フィルム一本全部見せるって、結構恥ずかしいものなのですよね。) 中からいくつかピックアップして。 ごめんなさい。説明は後で書きます。天気もよく外が明るくなってきて、朝の写真を写しに行きたいので ここでひとまず筆(?)をおきます。。。。。。。続きはまたのちほど。 (AM9:20追記) フィルム一本勝負とは、カメラ1台にレンズ1本で制限時間... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 04:10

» 第2回 一本勝負in小樽 [さっぽろ発 Photo便り]
昨年末の雪降る中での第1回に続いてようやく第2回を迎えた一本勝負 勝負の場、手宮地区には札幌からainosatoさん、ariariさん、CommAさん、私の計4名が参戦、地元小樽からは bonoさん、DENZIさん、本部長さんが迎え撃つ(本部長さんのみ仕事の都合で早朝撮り歩き、夜合流) 春らしい気持ちのいい好天のもと、みんな「旅の者」(bonoさんゴメン)になりすまし勝負の場へと散らばった ルールはカメラ1台にフィルム1本、レンズ1本、あとは2時間ほどあとの集合時間と場所が決められているだけ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 06:29

» 手宮の春は重量級 [:Daily CommA:]
昨年末の第一回から半年近くを経まして... フィルム一本勝負第二回、堂々の開催となりました。参加者はいつものお仲間、ainosatoさん、ariariさん、bonoさん、DENZIさん、hirosさん、本部長さん。みなさんお疲れさまでした&いつにも増しての楽しい盛り上がりをありがとうございましたぁ。 今回の決戦場は小樽市手宮地区。 ...えーと、どこですかそれは。手宮線ってのはわかります、まぁ...要するにそのあたりでしょ、 って程度の意識で、ふらふらと向かった私。 一応の構想はありま... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 07:12

» DENZIワールド in DENZI的ワールド [鳥獣戯画@OTARU]
五月五日の子供の日、またしてもお写真の集いが行われた。 今回の企画は「第二回!フィルム一本勝負!!」パチパチパチ・・・・ 各人、お気に入りのカメラにここぞ!というレンズをつけ、フィルム一本をそのカメラで撮りきり、即現像! 出来上がった写真を肴に旨い酒を飲む、というサイコーに楽しい企画である。 今回のお題は小樽は手宮地区。 そう、写真家DENZIをDENZIたらしめたホッツキワールドの聖地である。 当然オイラはさんざっぱら歩き回り、いいだけクツの底を減らした場所。そりゃあ地の利はこちらにあ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 10:27

« 北東北・桜紀行【1】 | トップページ | 北東北・桜紀行【2】 »