« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

新潟2007【新津】

新津市は2005年3月に新潟市に併合され、今では新潟市秋葉区の一部です。新津駅はかつて鉄道拠点としても有名な場所でした。羽越線、信越本線、磐越西線が通り、車両製作所や機関区もあり街の大半を鉄道に従事していた方で占めていたこともあったと聞きました。

Nitsu011

新津駅前の商店街も残念ながらひっそりとしていました。食堂も多くの人でかつては賑わったのでしょう。駅だけはずいぶん立派になりましたが。

Nitsu014

かつての繁華街でしょうか。歴史を感じる建物なのに、滑稽さがミスマッチです。ううむ、昭和だなぁ・・・小樽の街にもかつてこんな店が多かったんですけど。

Nitsu026


今でも現役ですか?(しつこい...(^^;)

Nitsu028

これ、もらって帰りたいんですけど、ダメ?ダメですよね....いえ置くところもないんですけど、欲しい。公衆電話が居なくなったら巣箱でも犬小屋でも...

Nitsu027_1

これも欲しい(爆)。ああ、スルー出来ない看板小僧め<ワシ

Nitsu022

お散歩が似合う街。坂もないし色香もないのだが・・・いい。

Nitsu031

新津鉄道資料館で色々案内頂いたスタッフの方。『ここには本当にいいものが残っています。よくぞ、こんなものを、っていうのが自慢です』車両はないけど本当に興味深いものばかりで飽きませんでした。元国鉄OBの方で、本当に丁寧に昔話を聞かせて頂きました。『写真、よく撮れていたらおくって下さいね』はい、白黒なんですけど...いいかな?

2007/05/27 撮影データは昨日と同じです。
(当方MacなのでWindowsのモニタガンマ値が異なるため、コントラストが本意とはやや異なって再現されていました。今日はやや明るめにしましたが許してね)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

新潟2007【新潟市】

Nigata005

新潟シリーズ、まずは新潟市から。軽めです、新潟市内は....なにせ初めて来る街は珍しさだけで枚数ドンドン。

Nigata003

えー....使っていないよね?オブジェだよね?現役じゃないよね?

Nigata019

建物の角が気になるタチなもんで、こういう密度の高い角はスルーできません。

Nigata021

一日にどれほど売り上げがあるのか、余計なお世話なんだけど気になるタチなもんで....スルーできない....
商店街の中に歴史も垣間見えて唸るばかり。

Nigata035

今日は何曜日だったっけ?やってないんですか?休みですか?ずっとお休みっすか?

Nigata012

新潟といえば萬代橋。『橋を描きためて近いうちに個展するんです』笑顔でフレームに収まって頂いた。
しかし縦位置多すぎですね。新潟らしさって全然出ていませんが、フラフラと歩き回ったお手軽散歩撮りでした。

2007/05/26 Nikon FM3A Auto-Topcor 58/1.4 (by COSINA) FUJIFILM NEOPAN100ACROS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

小樽・懐古視点

Otaru1980001

新潟周辺の街撮りモノクロがまだ仕上がりませんので、場つなぎで古いネガをアップ。今から25年以上前の写真なので今更、なんですが発掘しちゃったので日の目を見ないと。

Otaru1980003_1

小樽、北運河付近には市場がありました。早朝荷揚げされた魚たちが一斉に仲卸から買い付けのお店へ、あるいは地方へ配送されます。活気ある市場は多くの人の熱気が行き交います。邪魔しないように撮影させて頂きました。笑顔で応えてくれる人・・・

Otaru19800017

どこの犬だろう、愛想がよくて人なつっこい。あんまり近づかないで!と、いいつつシャッター。早朝なのでシャッター速度が稼げずブレ気味。

Otaru19800015

荷を運ぶ人、魚箱を解体する人....お馴染みさんたちの会話も続きます。

Otaru1980012

そろそろ仕事も一段落。笑顔でフレームに収まってくれた方。大変なお仕事でもこういう「ホッと」する表情を見ると私も嬉しい。

Orau198020

市場の方が仕事を終える頃、隣接する食堂では朝食の準備が。私も頂きました。あー、美味しい朝ご飯、ありがとうございました。
当時、免許をまだ持っていない私、友人に車を出してもらって朝4時から小樽で撮影したものです。

Nikon F NIKKOR 50/2 kodak Tri-X
※撮影はすべて承諾頂いており、写真展などへの出品にも賛同頂いております。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

新・新・新!

無事に(何事もなく)帰ってまいりました。今回は訪れたことのない街、ということで東北に近いのに「駅に降り立っただけ」だった新潟へ行ってきました。
メインはフィルムカメラなのでデジカメはコンパクト、それもお手軽記念撮影用に特化。メインはNikon FM3AとAuto-Topcor 58/1.4 (by COSINA)という組み合わせ。広角どうしようか悩んだけど、画角一本勝負と相成りました。フィルムはモノクロを中心にしたため、アップまでお時間を頂きます。取り急ぎデジタルでの簡易報告を・・・

まずは4/26新潟から。

Dscf9187

新潟といえばベタな萬代橋でしょうか。歴史を感じる、国の重要文化財です。この日は風が強くて...でも、気温は高めで橋のたもとでは夕涼みを楽しむ人が多かったです。

Dscf9202

4/27は新津へ。新潟市へ併合されたばかりですけど、新津といえば鉄道の街でした。信越線、羽越線、磐越西線、白新線など様々な路線が入り組み、昔は蒸気機関車の機関区でも有名でしたね。橋桁も立派(笑)。私、頭をすぼめて通りましたが、ミニバンなんか通過不可能。

Dscf9213

新津の鉄道資料館で濃い資料を堪能してきました。車両こそ保存されていなかったんですが、鉄道に関する写真なども充実して楽しめました。案内頂いた国鉄OBの方も熱心で楽しく過ごしてきました。

Dscf9283

4/28は新発田市へ。前日、新発田郊外にある月岡温泉に宿泊し、非常にいいお湯を頂いてきました。新発田市は地方都市が抱える問題を背負っているような街でしたが、人が凄くいいんです。なんでしょう、暖かくてよかった。川を流れる上に公設市場が設けられていたりして味わいのある風情が商店街に残ります。

Dscf9289

シャッターの閉まったお店の前には行商のおばちゃんも。でも、昼下がり、売れ行きも今ひとつなのかな?
今回、一番よかったのが、この新発田市でした。あらゆる意味で琴線に触れる街、また来ようと思います。
さあて、もうおわかりですね?「新潟・新津・新発田」で、新・新・新....つまんない....


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

新・新

新・新
タイトルにピンときたらアナタはただ者ではありません(笑)…
本日も街撮りやってます。その土地「らしさ」を出すのは難しいですが、自分なりの発見を楽しみながらシャッターを押しています。36枚撮りのリバーサル一本、モノクロ二本を撮り終えました。果たしてどうなりますやら。明日も「新」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

はぐれ写人・街撮り派逃亡編

はぐれ写人・街撮り派逃亡編
二泊三日の短い旅に出ました。鉛温泉ではありません(笑)…歩き疲れてダウンしそうです。
最近は運動不足なので腰に来ました。かなり歩いても平気なのになあ。
ところで、駅に降り立ったら見知らぬオジサンに「先生!」といきなり呼ばれてびっくり、過去にNHKで教えていた生徒さんだった。うーん顔覚えていなかった…しかし、こんな所で会うなんて悪いことはできないだろーなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

へタレ視線。

美唄市我路の撮影した画像を整理(というほど撮影していないのだけども)してみて「うーん」と唸るのが、どうにも廃墟に対して気後れしているからなのです。他の土地であれば、例えば東北などでも生活の匂いが残るカットなどにたまらなく欲情してビシバシシャッター押しているのに。美唄にそこまで思い入れするほどのものは私にはないはず。

Bibai052411

ならば、やっぱり「こいつ」のせいなのでしょう。私が大好きな蒸気機関車4110がここに居る。そしてかつては栄えた炭坑鉄道が走っていたことがその理由。暮らしを支え、人々の夢も希望も日々の生活も運んでいた美唄鉄道。その活躍していた場面をリアルタイムで見ることができなかったのが悔やまれます。

Bibai052412

今回、カメラの設定をASTIAモードで撮影して正解でした。軟調でフィルムに近い質感を出すことにより、強い日差しをいくぶん柔らかくできました。(撮影データは昨日のものと同じ、このカットのみMicro-NIKKOR 60/2.8)

Dscf9534オマケ:美唄鉄道4110型蒸気機関車4号機。4110型は国鉄時代、奥羽本線板谷峠で急勾配用として活躍。そののち美唄鉄道に払い下げられましたが、東明駅に保存されている2号機を含む2〜4号機は美唄鉄道の自社発注。そんな機関車のNゲージもちゃ〜んと持っている辺りがワシらしい。テヘ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

我路は死なず。

美唄市我路地区はかつて炭坑で栄えた繁華街を擁する「街」だった。昭和47年、三菱美唄炭坑が閉山し、美唄鉄道も廃止になった後は大半の労働者たちも大夕張炭坑へ移住したと聞く。今では住む人もかなり少ないのだが、まだ「町」は健在だ。

Bibai052407

廃墟となった家屋があちこちに取り残され、いったいどこが人の住む家なのか一瞬わからなくなるほどだ。過去に何度も訪れたことのある我路、しかし今まではどうしても廃屋を撮影する気になれなかったのだ。そこに人が住む町ならば、あえて撮影することをどう捉えるか。へタレなワシはどうにも未だ踏み込めない。

Bibai052405

車や道具なら捨てられてもそこにある佇まいで存在感があるから対峙できるんだけどね。

Bibai052406

炭坑に従事している方の安全を託されたに違いない我路神社もかなり放置されているようだ。神々しい「気」が失せている。

Bibai052408

独り言をつぶやきながら自転車を押し、家へ戻るおじいさん。周りを見回しても老人の姿しか見えてこなかった。

Bibai052409

廃墟の撮影もしたのだが、とてもお見せ出来るものはなかった。というか、どう見ても誰も住んでいないのに、隣接する畑には人の手が入っている花がきれいに咲いていた。それを絡ませて撮影することを考え、ファインダーを覗いてやめた。もう少し考えてみよう・・・
今日は好天だったので救われたような気がする。

Bibai052400

我路から少しだけ東側のところ、盤の沢滝ノ上には二世帯だけ人が住んでいる。
「ここは空気がいいからね」終戦後からずっとここに住んでいるおばあちゃん。「根室からこっちに来たんだ。美唄は米に不自由しないって知人が呼んでくれた」今までのご苦労を笑って話してくれた。
「空気もいいし、山菜もいっぱい採れるんだ。だから長生き出来るんだよ」かつてはここにも120軒の家が並び、お祭りの時には大道芸人もきて大層賑わったとか。「他には住めないもの....」
そうだよね、うん。「写真を撮らせてください」とお願いしたら最初は遠慮していたおばあちゃん。真ん中のおじいさんは目深に被った帽子を被り直して笑顔を見せてくれた。ありがとう!
人が居るかぎり大丈夫だ。また来るね、おばあちゃん!

FinePix S5Pro AF-NIKKOR 18-35/3.5-4.5ED JPEG (ASTIAモード COLOR+1)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

原点。

19750607_2

1975年、私が中学生の頃に「初めて一眼レフで撮影した」画像がこれ。修学旅行の時に知人が「使っていいよ」とキヤノンEFという当時では非常に高価なカメラを貸してくれた。私がまだ写真に目覚める前、だったけど高級な一眼レフを持つだけで偉くなったような勘違い(笑)。
モデルのK君、まあ、もう時効でしょ。個人特定不可能として許せ。

19750607_3

あの頃を思い出すことが、なかなか出来ないのだけどネガを発見して途切れ途切れの記憶が少しだけどよみがえってきた。あの時もう少し写真にのめり込んでいれば、また人生が変わっていたかもしれないけど、私はこの後オーディオや生録(懐)に興味が進んでしまい、写真に目覚めるのはもう少し後のことになるのだった。

Canon EF FD50/1.4 FUJIFILM NEOPAN SS

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ネイチャーはダメなのだ。

元々一番苦手なのが「自然の景色」というワシ。しかし、どーにもそれじゃあダメなんですね。教室が増えてしまい、生徒さんのほとんどが「花」を撮りたいというのです。なんたってワシの作例写真は、古い街並みやらヒコーキやら、鉄道やら、旅の記録やら・・・花や風景もない訳じゃないけど、やはりいい加減古い写真も使い回しに限界を感じます。

なので、他の方の写真も教材にしつつ自分のいつもの視線でネイチャー系もやらんといけません。

Dscf9709

はぁ・・・今日はこれしか撮れていない・・・修行せねば・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

やけっくそっ!

Otaru0521

本来ココは愚痴ブログだったのに、すっかり最近はフォトブログみたいになっている。ははは、マジ?実は当初画像も大きなサイズが表示出来ず(クリックすれば出来るけど)文字表示出来る幅まで目一杯こうして画像が表示出来るようになったのも半年ほど前からでした。
なので写真家気取り♪だけど、本来のワシはそんなカッコウイイ訳じゃない。今日も晴れていたのに午後からは雲が厚くなってしまい大山さんで蕎麦を食ってダラダラしてしまう。ほっかいどうでしょう♪さんがやってきたので二人でデート(爆)。小樽まで彼を引き連れて夕暮れを見つめる。ああ、恋が始まっちゃう(違)・・・
厚い雲が裂け光が差し込む夕暮れ、一瞬海が輝いた。が、それもその時だけ。このあとは無惨に色が消えた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

愛だな、愛(w

Yurigahara05202

本日「サッポロさとらんど」にて写真教室をやってきました。ええ、昨日間違って先走っちゃって(笑)。
さとらんど、の正式名称は「札幌市農業体験交流施設」といいます。今は、苗などのフェアをやっていまして、その一環で教室が行われたんですが・・・事前の告知がけっこう直前だったらしく生徒さん「4人」でした。ありゃ。実はガーデニングでの撮影を上手に、がテーマだったんですが「さとらんど」って花が少ないんです。売り物の花は豊富にあるんですが。まあお天気もいいので、一時間半、しっかり講師をやってきましたが、片づけの時にホワイトボードが倒れ、私が下敷きになり(バカ)左足のくるぶし、アキレス腱付近を強打しまして・・・あまりの痛さに声も出ず・・・動けず・・・
なのに、なのに帰りには百合が原に寄って「どーしてもヒコーキと絡めたい!」とばかりに撮影。今日はあいにく北風なので離陸の飛行機が頭上を通過。本当は着陸時の方が絵になるんですけどね。

Zenibako0520

しかも今日は夕焼けがきれいかも、といつもの銭函へ。しかし思ったほどの色が出ず、あとは鳥に頑張ってもらいました。足、イタイなぁ。。。

Yurigahara05201んで・・今日のオマケ画像(笑)。
百合が原は好天のためか、カップル多し。ううん、ラブラブ。チッキショーメ!(爆)でも、ヘンなヤツもいました。一枚目の画像、真ん中にいるオレンジの服を着たオトコ、カナーリ怪しい。ペンタSPにトキナー100-500を付けて「くそーっ、腹立つな〜」とか「あーーっ、ダメだ、ダメだっ」とファインダーを覗いて大声張り上げている。アブネーヤツ。(しかも三脚をどこかに立てたまま、自分でその場所を忘れ探し回っていた。すぐ後ろにあるクセに気づかないマヌケ)迷惑なやっちゃ。

FinePix S6000fd JPEG

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月19日 (土)

雨中のはて。

今日は11時、開店とほぼ同時に「大山」さんへ飛び込んで普通盛りの冷やしたぬきを頂く。だってー、仕事前にあんまり腹一杯にするわけにはいかないもの。美味しく頂いて「さとらんど」へ向かったさ。
『こんにちはー・・・』さとらんど交流館に行ったよ・・・・

『あれ?・・・・写真教室・・・・明日ですよ・・・・・・・・』

_| ̄|○...........(泣)

行き場を失った魂は再び「大山」さんに向かう。普通盛りのざるを頂いたよ。でも、なんだか煮え切らないので、ちょっと褒められたからっていい気になって雨中のファンタジー(古)してきただよ。いい加減、しつこさも度を過ぎると阿呆です。なので、二枚で逃げます(爆)。

Yurigahara05191

ピンクダイヤモンド、の名のごとく粒が輝いてます。

Yurigahara05195

自然のレンズに映る仲間たち。今日は寒かったなぁ・・・さぁ、明日こそ・・・教室(^^;

FinePix S5Pro AF Micro-NIKKOR 105/2.8D JPEG リサイズのみ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

しっつこいぃ!!

曇り、時々小雨の条件下なので花を撮るなんてどうよ?と思われるかもしれませんがぁ、ま、実はフラットな光は優しく柔らかく撮るのに適しているんですね。デキのいい(?)生徒さん引き連れて頑張りましょ。(でも、この生徒さん、まったくワシの話なんか聞かずに撮影に夢中。ちゃんと撮れているんだか)

Yurigahara05181

今日は、色、出すぞ!見た目と同じほど出す!!....ってことでFinePix S5Proの設定をフジクロームモード、彩度を-1で撮影。

Yurigahara05182

いいねぇ、こういう天気。結構好きです。ダメ?

Yurigahara05183

やーらかく、やぁ〜〜らかぁ〜く・・・変態的にしつこくちゅーりぷぅ、を追いかけます。

Yurigahara05184

ハアハア(笑)....

Yurigahara08186

ま、桜とチューリップが終われば死んだも同然。ワシャ、街撮りでしか生きてゆけないのよ。シクシク....

FinePix S5Pro AF-S NIKKOR 80-200/2.8ED JPEG FUJICHROME MODE (COLOR -1)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

しつこいヤツ。

まだ桜を求めている、訳じゃないのだが、そこにあるから撮らねば帰られない。ここは東区の「さとらんど」という施設。気軽に農業、酪農体験できる施設もあり休日はなかなか人気のなごやかスポット。もの凄い広いエリアはピクニックに最適。ただ、花はそれほど多くないのだが明後日の土曜日に私はここで写真教室をやるハメになった。その下見を兼ねて訪れたのだがあいにくの雨。しかも時折激しく降るために撮影も難航。

Satoland003

今回のカメラはコンパクトデジカメ。生徒さんのほとんどは初心者なので、一眼レフで作例を作るわけにはいかないからだ。しかし、まあ、この桜しぶといですねぇ(笑)。

Satoland008

チシマエゾザクラ、という平成11年に植樹された若い樹である。あの「きんさん、ぎんさん」がここへお越しの時に記念植樹されたものとか。

何だか、色々また忙しくなりました(笑)。昨日撮影したデジタルのもアップしたいけど、かなり古い作品も発掘されてびっくり。うわぁ、ワシが高校生の頃撮影した街撮りモノクロ作品・・・懐かしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

寝た子を起こす。

Dscf9527あの「DENZI」さんがまたカメラを仕入れたというので覗いてみたら、おやまあ、懐かしい。キヤノンF-1じゃないですかぁ・・・
実は全盛期で私が所有していたのは三台。モードラ付き、ワインダー付き、そして単体で、と仕事にも使っていたのでレンズも色々高価なモノを含めて使っていたんですが、色々ありまして手放しました。まあ、キヤノンのサービスステーションと何度もケンカしたし、メーカーの考え方に嫌気がさした、というのもありまして。
でも、カメラに罪はない(はず)だし、永く使っていた一番精度の高かったヤツだけ残し売却。つーか、右肩裏面にネームを掘っていたので売れなかっただけ(爆)。刺青者は市井への流通を阻まれたわけだ。
あ、閑話休題、実は10年以上フィルムを入れていなかったこのF-1にDENZIさん協賛と称して本日撮影に挑んでまいりました。レンズは85/1.2Lを付けて(つーか、付けっぱなし)いざ!

Ca00018

なんたって大好きな花、チューリップ。ワシにとって桜と並んで二大フラワーなんじゃもん。他に花をあんまり知らないからってのもありますが。

Ca0027

百合が原公園は先週も行ったんだけど、チューリップはまだ早かったっす。やっぱりいいよね、可愛い。

Ca0021

しっかし、よく写るなあ、このレンズ。ワシは「巨匠」と呼ばせて頂いております。なんたって85ミリで1.2のF値なのにピントが合った部分はバリバリ質感出ます。え〜これは2.8半ほどの絞り値だったはず。

Ca0020

オリジナルプリントをお見せしたいほど、発色もいいんだわ。やっぱりネガカラーいいですよ。しかも100っつーのがいいですね。明るいレンズを開けて撮るのは久々に快感。

Ca0031

よし、勇気を持って開放絞り!シャッター速度は1/2000になっちまうが。ううん、まるで油絵のような柄が渋いチューリップ(って、品種名くらい覚えとけよな)ですねぇ。
尚、今回は急に使うことになったんで露出計のバッテリーが入手出来ず、外部露出計を乗っけました。

Canon F-1 NewFD 85/1.2L FUJICOLOR Vinus100 FUJIFILM SP-3000にてスキャン

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

無心。

Dscf9520昨日の失態に落ち込むこともなく(ウソです...)今日はハローワークでの説明会に。一応無職なのでそーいうこともせにゃならんの。出費だけがかさむ毎日、だもん。でも近所のリサイクルショップをしつこく覗くことは欠かさない。なんだか色々疲れちゃって丘珠空港の裏にある畑でボーっと夕日を眺めにいくことにした。
ちょうど朝からフル稼働の4機のお花模様DHC-8が帰ってきた。ああ、やっぱりどこか行きたくなってきた。こんなにいつも逃げていちゃいけないんだが、写真を撮りにどこかの街を歩きたいのです。それもあまり知ったトコロじゃなくてね。
さて、今日も面白いカメラがあった。マミヤC220というレンズ交換が可能な6x6判カメラが、安価で売っていたけどあまり触手動かず。でも、DENZIさんそっくりな御仁がいてびっくり(爆)。本人じゃないよね(^^;...
明日は本来ならば何もない珍しい一日のハズだったのに、原稿書きを忘れていました。ひゃーっ、明日は缶詰です・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

_| ̄|○....

Dscf9033_1

後悔したって遅い。何度も何度も同じ失敗を繰り返しても人はまたやらかしちまう・・・いえね、昨日の日曜のことじゃった。とあるリサイクルショップで滅多にお目にかかれないマニアックなレンズを発見したんだ、ワシ。それはそれは、今まで実物を見たこともなかったレンズでショーケースの前で佇み悩みましたとも。
カメラ店の中古コーナーにさえ、中古専門店ですらまあ見ることはなかったね。それがあったのよ。ただそのレンズを取り付けるボディを持っていなかったワシは、悩んだワケね。まあ、カメラ店でも専門店でもないんだしそう簡単に売れるわけがない、と思ったさ。だってこんなレンズ買うヤツなんて・・・そうそう居るわけがない。あ、あの人なら買うかもしんねえ・・・ま、リサイクルショップだからねぇ、大丈夫。
で、家へ帰ってネットで調べたさ。ないよ、どこにも。相場もわかんない。ま、いいか、と銀行で金を降ろして今日は店へ行ったよ。絶対に売れているわけがないって。

なかったよ・・・・・_| ̄|○

物好きがいたんだね、きっと。泣いたよ、本当に。ああ、君とはもう一生逢えないな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

またね、桜。

Dscf9508_1

5/12、ヒコーキ仲間とのお花見実施。あいにくやや寒空の下、厚田にて今年たぶん最後のお花見かな。
雲が厚い中、晴れ間が見えた。凄い!縞模様の雲が広がる。

Dscf9511_1

また来年、桜との出会いを愉しみに・・・今年はね、自己採点65点(笑)。
FinePix Z3 フラッシュ併用。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

悪魔が来たりて海を撮る。

・・・しつこいわな。撮影は今日じゃなくて5/8に銭函で行う。えーと、Nikon F しか持って行かなかったしレンズもマイクロニッコール55だけでブラブラ。昨日の花がつまらん、と言われたのでもう一度名誉挽回の為に・・・「マクロ行きまーす!」...アムロか!

200705091別に大きく見せられるほど立派な写真でもないし、気分で撮ったモノなので思い入れもほとんどない(でも、クリックするとでかくなります(^^;)んだわ。
そもそも、マイクロニッコール、しかも55で撮るような被写体じゃない。でも、ワイドっぽく見えるのも面白きかななどと。さすが悪魔のレンズ、空へ向けても「いーっひっひっひ、波の細かなウネウネじゃん、うひ」などと勝手にささやく。うるさいのー。

200705092「ほーら、空じゃなくてよ、波、波だって。夕日?バカ言ってんじゃねーよ」はいはい、なんだか最近DENZI先生のとこに住んでいる写真の神様が遊びに来るのか、やたら耳元が騒がしくて(笑)・・・
「バカヤロ、このやろ、悪魔使い?甘ぇーよ、この、この!ビシッ、バシッ!」「ひどいよ、お父さんにも叩かれたこと無いのに!」...だからアムロかっ!

はいよ、波、ね。でもネガっていいじゃん。今更だけど。デジタル一眼レフ持っていないワシ、ネガで困ることはないんだけどさ、シャドーも出るな、うん。
でさ、デジタル一眼レフ買う予定はないのか?ハイ、ありません。借ります、ずーっと(爆)。だってぇ、欲しいカメラないし。コンパクトデジカメならリコーのGX100辺り欲しいけど、低感度でもノイズ多いし、色も独特だし、そもそもあのサイズで1000万画素ってーのが無理だって。んー、叩き売られたら考える。

Nikon F Micro-NIKKOR 55mm F3.5 FUJICOLOR SUPER400 EPSON PM-A750プリントスキャン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

悪魔が来たりて花を撮る。

やや寝不足、ちょいと頭クラクラ。本日好天につきある場所に・・・Nikon F に悪魔君MICRO NIKKOR55/3.5を付けてお出かけ・・・なんと「露出計忘れた」_| ̄|○....テンション一気にド緩み。

200705111

ま、春だし。一番好きな花だし、チューリップ。悪魔君もたまにゃーやれることをやってもらうとして。

200705112

緑色の蜘蛛がいた。まー、なんてキレイなんざんしょ。
露出はカンだけでなんとかしますた。

Nikon F Micro-NIKKOR 55mm F3.5 FUJICOLOR SUPER400 EPSON PM-A750 プリントスキャンにて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

ああ、台北行きてぇ〜〜!

本日久しぶりに新千歳空港へ出向く。3月下旬以来だ。実は空港の4階にはヒコーキグッズのお店があって、そこにダイカストモデルを取り置き頂いていた。お金は支払っていたんだけど、出張などで空港を利用しても帰りにはこのお店がすでに閉店になっているのでなかなか受け取れなくて・・・

珍しくちゃんと望遠レンズ持参。おお、チャイナエアラインズのBOEING737-800・・・CI131便、台北行きですねえ。いいなあ・・・行きたいなあ・・・台北。

China737800_640

737は端正でバランスのよいデザインで子供の頃から好きだった機体ですけど、まさかここまで生きながらえるとは思わなかった。単通路ジェット万歳(笑)。

China787800_6402

いってらっしゃ〜〜い、いいなぁ、いいなぁ・・・(しつこい)

以上、FinePix S5Pro SIGMA APO500mm F4.5 HSM JPEG

Dscf9025オマケ、本日持ち帰ったモデルたち。左下は今日迎撃した某CAさんから頂いたお土産(爆)。ふうむ、ヒコーキ乗りたくなってきてウズウズ・・・でもなあ、もうお金ないや・・・忙しいし(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

癒されるということ。

Dscf9327本日、会社で講師のための準備として少しお仕事。その後某カルチャー教室へ行き、講師をする。生徒さんは今回かなーり初心者ばかりなので、前回のおさらいをする。なかなか面白いけど大変な仕事。カメラの操作を覚えるだけでデジタルって難しいなあ、とあらためて思います。
デジカメの、それもコンパクトデジカメはメーカーによって相当使い勝手も違うし、しかも・・・残念ながら暗い条件下ではまともに写らないカメラがけっこうある。こういう場合、どう説明していいやら悩んでしまうんです。「あなたのカメラでは無理ですよ」とは言いにくい。同じような価格帯のカメラなのに、ちゃんと写らないなんてどうよ?って。
でも、とにかく写真はある程度慣れるまで撮るしかありませんからね、まずは色々撮っていただくしかない。写真は癒しの効果がある、と思うんだけどデジカメの場合、あまりに操作が難しくてかえってストレスになるんじゃないかと心配になることがあります。特に最近はいろいろな機能を盛り込みすぎて肝心の基本性能が全然向上していないカメラばかりです。年配者がこうしたカメラを使うことで実はかえってよくないんじゃないかと・・・
まあ、AUTOとフラッシュ機能(オン、オフは最低限使えるように)、そしてマクロだけをしっかり覚えてしまえばあとはガンガン撮りましょう、と締めくくりましたが。この生徒さんたちとは9月まで一緒だけど、めきめき上達する人がどれだけ出てくるかなあ・・・私も癒されたいなあ(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

はぐれ写人・純情派(w

北東北2007春・街撮り分。なにせ今回、街撮りはほとんどしていないんです。街はすべてコンパクトデジカメで撮影していますし。(つーか、桜も半分はコンパクト、夜桜は8割ですもん)

Dscf9258

弘前市は昔ながらの街並みと新しい町並みが混在して、なんだか凄いことになっていました。でも、私は高校生の頃から見ていた部分が脳裏から離れなくてね、こんなもんに萌えます。本当ならこのシャッターが開いていて、おばあちゃんとかがほのぼの座っているはずだ。でも、閉まっていたら自販機で・・・買えないけど。

Dscf9266

駐車場の入り口。でも、運転している人からはどうみてもこの信号は見えないようだ。曲がっているし、壊れそうだし。まあ地元の人はおかまいなし、なんだろうけど。

Dscf9295

アリガトウ!どういたしまして、こちらこそ。お元気ですか?ええっ、閉店ですか?

Dscf9287

ひゃーっ。もすこし寄りたかったんです。でも、寄れませんでした。意気地なし。なんでもクレラップをかけちゃう子供が蕎麦を食う。

Dscf9298

街を歩く若いおねいさんも、年をとったらこういうのを着るはずだ。ユニクロもかなわぬトラディショナルな柄に萌えるぜ。やっぱりウエストはゴムじゃないと駄目なんだ。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

北東北・桜紀行【2】

まだ引っ張ってスマソ・・・なにせ一応さ、4月下旬から5月上旬の二回にわたって行ってきた訳ですし。今日は角館、北上編です。

Kakunodate1

角館は今回「突然」立ち寄りを決めたんです。前回クルマで走ったときは「覗いただけ」でクルマから一歩も降りずに撮影もせずでした。なので、ほんのわずかな時間に急遽列車を降りて数枚撮影しただけです。
相変わらず観光客はものすごいので、武家屋敷あたりはとても歩く気になれず。

Kitakami1

北上はあいにくの雨、もうやけくそ。初めての北上展勝地だったのに、無念。昨夜からの風が地面をピンクのじゅうたんにしちゃったし。

Kitakami2

雨にも風にも負けなかったやつらだけが生き延びる過酷な条件。可愛い。

Kkitakami3

さらに地面に敷き詰められてしまった者たちにも運命の分かれ道が。流されなくてよかったね、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

フィルム一本勝負・第二回

前回は昨年12月に行われた「フィルム一本勝負」、好評のため恒例行事になりつつあります。今回も小樽ですが、手宮界隈ということで私は写したことがありませんでした。
今回のメンバーもainosatoさんbonoさん(私はお初でございました)CommAさんDENZIさんhirosさん小樽ではたらく本部長さん(都合により早朝撮影でした)そして私の7名です。
なにせ強者揃いですからね、街撮り派としては(うそこけ、と言われそうです)プレッシャースケール、目盛りいっぱい、でございます。

Filmdata0705

まずはインデックスから、お約束です。デジタルとは違いこうして時間経過と撮影視線が丸見えのフィルムは怖いですよね。

Temiya01

迷いましたが、まずはコレ。実は今回20mmを選択した私、コレは正対しないと歪みが激しくなるのでポジション決めが難しい。でも、この味わいはフレームに収めたくてね。錆びているし、ズレているし。

Temiya02

寄らないと、寄らないと。でも背景もオイシイ。ううむ、足を踏み入れたわけだから撮らずに後ろへ下がるわけにはいかないショット。

Temiya03

「もち」以外に店名がわかんなかったんで、寄ってみる。うわあ20mm辛かったかもなあ。

Temiya04

入っちゃえ。「すあま」「柏餅」大好物が並ぶガラスケース、いいねえ、おじさん、優しい声で語りかけてくれて。マズイわけがないでしょう。竹屋餅店という昔ながらの掛け紙で店名判明。

Temiya05

20mmで思いっきり後悔したのがこのショット。狙い通りなのだけど、鉄条網をかいくぐって一苦労。28mmでもよかったかなぁ、でもやっぱり今日は空を絡めたかったのでいいや。

Temiya06

銀色に輝くトタンが呼んでいる〜赤いドラム缶も呼んでいる。真ん中のドラム缶が白かったらなあ

Temiya07

最後の方でやたらカメラへ接近するワンちゃんと遭遇。「コイツね、カメラ好きなんだよなあ、おい、ほれ、行くよ!あれれ、ダメだなあ(笑)」飼い主さん苦笑いしながら。ありがとう、ワンちゃん。

やっぱりね、ネガ楽しい。再現力は数値では計れない、これが写真の面白さ。
Nikon FM3A NIKKOR20mm/2.8 FUJICOLOR SUPERIA400 EPSON PM-A750複合機よりプリントスキャン。

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2007年5月 5日 (土)

北東北・桜紀行【1】

とうぶんこのネタで引っぱりたいのですが、他のネタが詰まってます。今日は「フィルム一本勝負・小樽手宮編」が開催され、それのアップもしなくちゃなりませぬ。

Hirosaki02

まずは、昼間の弘前から。曇り空なので今ひとつコントラストに乏しいけど、まぁ、お天気はどうしようもないですもん。「また来れば?」そうします。

Hirosaki01

夜の弘前城を絡めて。ここの場所はカメラマンが大勢いて三脚の場所取りが激しい。おばちゃんたちも携帯電話でズカズカ割り込んでくる。無理だって・・・観光客の方々もフラッシュバンバン光らせて「写ってない〜」と大騒ぎ。ええい、デジカメ教室受けてから出直してちょ。
しかし「あのライトが邪魔だなぁ」と三脚オジサンたちはのたまう。ええっ?アレがいいんじゃね?ワシだけがライトを入れているようだ。

Ashino1

Mr.hurry曰く「メシも食いかけて没頭」して待っていた津軽鉄道、芦野公園駅での「ストーブ(焚いていないけど)列車」です。でも、これまた三脚の場所取りが激しく隙間から撮影。桜っていいねぇ・・・

あとの桜はたいしたもんがないので(爆)、そのうちね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

取り急ぎ帰還報告。

春の北東北サクラ追いかけツアー第二弾、無事に舞い戻りました。ここ二年ほどJRで行くと必ず起こる交通障害に一度も巻き込まれるどころか、あまりにもスムーズ、今日もスケジュールを変更した厳しい乗り継ぎも無難にクリア・・・いやー、いい旅でございました。

取り急ぎコンパクトデジカメで撮影した中から・・・

Dscf9372

弘前の夜桜をとにかく撮りたい!もう、それがなんとか叶いました。

Dscf9405

とにかくその美しさは言葉になりません。ため息です。幻想的に浮かび上がる桜・・・弘前の桜は同じソメイヨシノでも、りんごの剪定技術を応用して枝につく花の密度を高めているのだそう。美しさが違うんです。

Dscf9458

そして今日、青森の友人から教えられ急遽津軽鉄道に乗りに行きました。青森県金木町芦野公園の桜はなかなかいい、というので行くと・・・おやおや、本来は冬しか運行がないストーブ列車が走っているとかで沿線はマニアさんでいっぱいでした。帰りはコレに乗って五所川原まで。その後は函館へ戻る裏技でバスに乗り青森へ帰るという綱渡り的なことを。は〜〜面白かった!
明日から、また随時報告をしますね。
FinePix F31fd  JPEG 640サイズへリサイズ(ノーレタッチ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

夜桜リベンジ。

夜桜リベンジ。
デジカメのモニターを写した画像ですみません。おかげで弘前城の夜桜を無事に撮影できました。一眼レフデジカメのメモリーカードが満杯になるほど打ち込みましたが、気持ち空回りかも(笑)…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

北上展勝地。

北上展勝地。
本日雨(泣)…しかし桜が呼んでいる。行かねばならぬ、止めてくれるな皆の衆。
で、岩手では有名な桜の名所に。北上駅から徒歩20分ほどで北上川沿いに桜が並ぶ名所に。まあ天気が悪くてレンズ交換にも一苦労するが、傘を差しながら撮影…かなり散り始めて地面には無数のピンク色のじゅうたんが敷き詰めてある。
その後は中尊寺にお詣りして帰りましたが、雨は激しく夜半から風も強くなりました…こりゃダメだな。明日は弘前城の夜桜リベンジの予定ですが…ヤバいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

桜はやっぱり弘前城。

桜はやっぱり弘前城。
夜行列車を乗り継いで、はるばる8日ぶりの弘前城。もう満開見頃で最高です…が、天気は今ひとつ雲り空。まあ致し方なし、贅沢言ったらいけませんね。
しかし昨夜は一睡も出来ずに辛かったです。なにせ暖房効き過ぎ。おかげで弘前からは爆睡…途中の大館鶏めし特上は電話してオーダーしていたので列車の到着に合わせてわざわざお届け頂きました。ありがとう花善!
角館にも立ち寄って桜を愛でる…すばらしかったです。これで前回の雪辱を果たしたかな。帰り道では再び弘前城の夜桜でシメます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »