« 帰還したけど.... | トップページ | 冬に舞い戻る。 »

2007年4月25日 (水)

眠いもんですわ。

Dscf9224
今日は某カルチャー教室にて講師。ううむ、フルメンバーなので大変・・・今日から新講座なので初めての方も多いんだけど・・・その・・・電源スイッチさえわからず、しかも充電もしておらず・・・ぜんぜん理解していない人がいて、ちょっと困った。マンツーマンならいいけど、20名の生徒さんがいるので、その方に掛かりっきりになれないからなあ。
そんなわけで今日は疲れました。朝から飯も食えず、帰りがけに某蕎麦屋さんに滑り込んだけど「蕎麦は売り切れ」です。しゃーないなー、と思ったら奥さんが「かしわ抜き」を作ってくれた。それにご飯が付いて、見事な定食(笑)。お金は「蕎麦屋なのに蕎麦が入っていないもので金は取れない」と・・・ううう。(因みに「うわあ、抜きですね」と奥さんに言ったら「え?抜きってなあに?」(笑))
体力足りないなあ、ワシ・・・眠い・・・

|

« 帰還したけど.... | トップページ | 冬に舞い戻る。 »

コメント

そのお方、ライカ持たせたらすごかったりしたら笑えますが。
で、「抜き」だったら日本酒でしょが。
そして、〆にせいろ、と。(だから売り切れだっつーの 笑)
あ、この辺の知識はYB半で知っただけ。
天抜きでぬる酒なんて洒落たこと、恥ずかしくてできませーん!

投稿: DENZI | 2007年4月25日 (水) 23:41

 抜きのおもひで‥。
 昔、雑誌に踊らされて?、仙台のそば屋で、初めて酒を頼みました。でも、初めての店で「○○抜き」って頼めない、小心者です。
 鴨ぬきで、ほろ酔いしたいですな。

投稿: えみーるぞら | 2007年4月26日 (木) 00:35

抜きでいっぱいってのは、憧れなんですけどねぇ...構えちゃってダメダメ。そういう文化が自分の中にないなぁって、つくづく思います。

んー、老若男女くまなく使う家電製品って、なんでしょうね。そういうお方だと、アナロジーで説明するのもしんどそうだぁ。

投稿: CommA | 2007年4月26日 (木) 07:49

夏に浴衣で散歩して、「抜き」で日本酒をちびちびとやるなんて憧れだなあ。大人の世界だなあ。
もちろんマニュアルカメラお供に。。。。

投稿: ainosato | 2007年4月26日 (木) 08:52

抜き・・・抜く・・・抜いて・・・
抜くんですかぁ?

あぁ・・・脳みそ足りないなぁ・・・

投稿: かずにゃん | 2007年4月26日 (木) 08:57

こないだ地方のホテルの料理の撮影に行った後に、食事をする場所がホテルの中のラーメン屋さんしかなかったんですが、ビールを飲んでいたら、「抜き」でチャーシューやら、卵やら、アイヌ葱、をいただきました。〆はラーメンでおなか一杯。


うちも土曜日には写真教室ですが、今回は老・若・子連れと大変そうです。。暗室もあります。。

投稿: asano | 2007年4月26日 (木) 18:56

なんだかスゴイコメントいっぱい(笑)
>DENZIさん
うむ、ライカ使い笑えるね。しかも突然「デジなんてつまんねーな」とかつぶやいてさ・・・懐からM2とか出しちゃって。
大人の蕎麦通は日本酒と抜きで、なんてーのはワシ恥ずかしいです。サライとか読みながらね(笑)。

>ぞらさん
初めての店だからこそやっちゃえばよかったのにねえ。アナタなら出来るはず。ハマでやっちゃいな!つーか、今度二人でやってみましょう。ほら、渋谷のへぎそばなら出来るでっしょ?(あの店まだあんのかい?)

>CommAさん
大山さんもお酒を置くのをやめちゃったんですよ。酒癖の悪い脚がいたらしくて。そもそもご主人が下戸だし。
CommAさんを今度ゲストに呼んで講義してもらおうかな。

>ainostoさん
北海道の蕎麦屋さんで浴衣姿で抜きを愉しむって難しそうですね。でも、浴衣姿にフィルムカメラってーのはいいと思います。今年、やります?浴衣一本勝負(笑)

>にゃんどの
えっ?抜いてくれるの?(爆)

>asanoさん
我が敬愛する宮沢賢治先生の「あめゆじゅとてちてけんじゃ」・・・永訣の朝は私、生原稿の写しを持っています。
どんなテーマの写真なのか、拝見したかったなあ。札幌でやってよ〜〜
先生家業も大変ですよね。仕事下さい(笑)

投稿: ariari | 2007年4月26日 (木) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/14847532

この記事へのトラックバック一覧です: 眠いもんですわ。:

« 帰還したけど.... | トップページ | 冬に舞い戻る。 »