« 記憶のカケラ(2)。 | トップページ | 記憶のカケラ(3)。 »

2007年3月20日 (火)

蕎麦「神楽坂」

Kagurazaka大山さんを贔屓にする前、札幌駅北口付近に「神楽坂」というお店がありました。
いつのまにかお店のあったビルは壊されてしまい、どこへ行ったやら・・・と思っていたら先日偶然通りかかった札幌の郊外、江別市大麻にそのお店を発見しました。
そして今日、ドキドキで暖簾をくぐると・・・

込んでいる。
冷たいきのこおろし蕎麦を注文すること20分、ちょっと待たせすぎ。
店内には「待つのも器も味のうち」なんて書いてある(爆)違うだろ。

やっとありついた蕎麦は・・・「変わっていない!」
手打ちの丸子蕎麦。殻のみを除いた灰色のしゃきっとした細めん。
相変わらず香りよし、歯ごたえよし。つゆも辛すぎず、甘すぎず。
ここは掻き揚げが名物らしく、そそり立つ旨そうな掻き揚げを注文する人が多い。
なので厨房はかなり忙しいみたい。次回はそれにしよ。

実は昨夜、この神楽坂の評判を確かめたくて色々札幌市内の蕎麦屋を検索して口コミを見ていて思ったこと。
確かに食い物は好みで大きく左右されるから人の書いた口コミを鵜呑みにすることはできないけど、あまりにもいい加減な書き込み多し。

「こんなに旨い蕎麦は初めて!」・・・こんなのは、まだいいのだが「今まで食べた中で一番です!」と文章が続く。「今まで」どれほどのお店、どんなお店で食べてきたのかわかんない(笑)って。
他には「蕎麦を噛むのは邪道。噛まないと食べられない蕎麦は蕎麦とは言わない」とかね。まあ、喉越しだけで「ツルッ」と流し込むのが粋だ、と思っている人も多い。
そりゃ、その人しだいですからねぇ。私は噛んで蕎麦の甘味を堪能するのが好きだからね。噛むよ。
「ズルズルッ」と大きな音を立てるのはそばの醍醐味、という人もいるけどそれもどうでしょう?。音を立てるのが正しいという人もいますが、音が立ってしまっても致し方ない、というのが蕎麦じゃないかなと思うのです。必要以上に音を大きくズルズルッ、とやられるのはちょっと。大山さんにもいますよ「ずずずずず!!じゅるじゅるじゅるるるるるる!」って食べる人。
「掃除機か!」と、タカ&トシみたいな突込みを入れたくなります。

しかし札幌って蕎麦屋多いです。まだあと絶対に行かなくちゃならんお店が四軒ほどありますんで・・・頑張ろう。

「神楽坂」江別市大麻ひかり町40-2 (札幌の厚別区からすぐです)
営業時間11:30~19:30(蕎麦がなくなり次第終了)定休日:月、祝

しかし・・・大山さんの口コミって良い評判も悪い評判も・・・ほとんど出てこない(笑)。

|

« 記憶のカケラ(2)。 | トップページ | 記憶のカケラ(3)。 »

コメント

○山さんの蕎麦....オイラの評価は低いです。
だって、先日も「半かけ蕎麦」を頼んだのに....
出てきたのは「半かけ蕎麦(爆盛)」
(おおばくぅ~

もちろん美味しくいただきました。m(_ _)m

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2007年3月20日 (火) 22:48

>ほっかいどうでしょう♪さん
ん!了解、ご主人に言っときます。
「もう爆盛りはいやだぁ〜」と泣いていました・・・ってね♪

投稿: ariari | 2007年3月21日 (水) 00:15

あれだけサービスしてもらってて、贅沢な事言ってる人がいますな(笑)

『大山』の場合、あまり大っぴらにしたく無い人が多いのではないでしょうか?

投稿: いんぷれっさ | 2007年3月21日 (水) 00:35

いや、あんまり人に知らせたくないんで....
表向きの評価は低くしておけば....(汗;

>「もう爆盛りはいやだぁ〜」と泣いていました・・・ってね♪
あの、1杯目は爆盛でイイんですが、さすがに2杯目も「爆盛」ってのは....(大汗;

というか、普通2杯も食べるのか?←オイラ

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2007年3月21日 (水) 00:45

>いんぷさん
>ほっかいどうでしょう♪さん
面白いことに、検索にあまり引っかからないんです、ってーかワシのブログが一番引っかかる(^^;
まあ、あまり常連面するのも控えめにしようと思っても、ご主人のサービスがね、ホント凄くて。
因みに神楽坂は大盛り150円増しでした。そりゃあ、そうでしょ。この画像は大盛りです(爆)。

投稿: ariari | 2007年3月21日 (水) 01:10

うーん、込んでいる〜が正しいのか、混んでいる〜が正しいのか判らなくなった。漢字は変換に頼りすぎ(←これも文章、変)だと反省するサンコン。もとい、昨今。

そば・うどん、いくら消化が良くてもな、噛んで喰わなきゃ胃腸と脳味噌に悪いんだぞ!と、言いたい。喉越しが粋〜みたいなのって、個人的な好みの問題でしょ?それを押し付ける輩はねえ〜困るよねえ〜。

そして音。うどんはまたニュアンスが違ってくるから、話をそばに限定して進めるけど、俺は『スルスルズル〜スッズズ』だよ。
aの言う通り!立っても致し方ないのが麺類を喰う時の音と股間ってもんだろ。

あああ〜また某空港最速男の出番だよ〜

投稿: hurryblood | 2007年3月21日 (水) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/14326777

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦「神楽坂」:

« 記憶のカケラ(2)。 | トップページ | 記憶のカケラ(3)。 »