« のぞき見ること。 | トップページ | 一味泥棒現る。 »

2007年3月 7日 (水)

待つ時間。

Dscf7706
クルマの窓ガラス越しなので今ひとつの絵でスマンです。踏切は交通の行く手を阻むものだけど、ローカル線ならいざ知らず札幌駅の苗穂側、この踏切は北海道ではもっとも開かないことで有名な踏切だ。札幌市内中心部はほとんど立体交差が進んでいるのにここだけはヘタをすると10分以上待たされる。
ここを絶対に通らなければならないわけじゃないのだが、市内中心部から東区へ抜ける時はここが早い。だが、タイミングが悪ければこういう状態になる。それをわかっていて私がここを通るのは急いでいない時なのだ。どこかで気持ちも遮断されて一服つける場所、とでも言おうか。鉄道が好きだという理由もないわけじゃないけど、見慣れた列車にときめくことは少ない。なので、こうして待つ時間を愉しんでいるとしか思えない。
地方の踏切はなんだか結構ウキウキしちゃうんだけどね。特に東北で踏み切り待ちだと「ED75に出会うかも」なんてカメラ片手にクルマから降りてしまうことも・・・


|

« のぞき見ること。 | トップページ | 一味泥棒現る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/14181438

この記事へのトラックバック一覧です: 待つ時間。:

« のぞき見ること。 | トップページ | 一味泥棒現る。 »