« あああ、まだ続くの? | トップページ | 顔に見えるでしょ?(笑) »

2007年2月18日 (日)

雪あかりの路最終日。

Dscf2445本日で最終日を迎える小樽・雪あかりの路です。もう暖冬の影響で雪もすっかり・・・融けちゃってなんだか可哀想。でも、観光客は凄い数。中国語、韓国語、英語、関西弁が飛び交うインターナショナルな小樽市になっちゃって夕暮れ時は大にぎわい。あちこちからフラッシュの光と歓声と怒号が飛び交う(ないない)中、私はしみじみと冬の終わりを感じていたのであった。

Dscf2446
優しい光と自然が作り上げた氷のデザインはこれで見納め。二度と同じ形のキャンドルライトはお目にかかれないわけで・・・ずっと見ていたくなっちゃうね。

Dscf2458
国際雪だるま協会の会議中。今回の雪あかりの路の反省会を開いているらしく、様々な議論が飛び交っている。しかしあまりに白熱した議論でついに溶けかかってしまっているのが残念だ。

Dscf2451オマケ。長い会期中の疲れか、表情が今ひとつの彼。それとも今日で終わるのが寂しいのか・・・
いずれにしても、吹雪いたり、雨が降ったり、なんだか大変な毎日でしたけど本当にご苦労様。また来年、逢えるといいね。

FUJIFILM FinePix S5Pro AF-S DX NIKKOR 17-35mm F3.5-4.5 ED JPEG FINE ISO200

|

« あああ、まだ続くの? | トップページ | 顔に見えるでしょ?(笑) »

コメント

去年のフイルム一本勝負以来、すっかり銀塩の魅力に取り憑かれております。
拙はカメラはほとんどデジタルしかいじったことがなかったので、
フイルムの方が真新しく感じてしまう不幸な男です(爆)
フイルムの種類によって個性は様々ではありますが、
やはり、発色の鮮やかさがたまりませんね。
そう考えるとデジタルっぽくないといわれているS5Proにはそそられます(汗)
今回の画もしっとりしていて良いですねぇ。
いやいや、物欲ばかりじゃ、生きて行けません(^。^;)
頑張らなくっちゃ!(何を?...汗)

投稿: 小樽ではたらく本部長 | 2007年2月19日 (月) 22:58

>小樽ではたらく本部長さん
私も「銀塩主義」です(笑)。フィルムの持つ諧調、質感は突き詰めると限界を知らないように奥深いですよね。
しかしS5Proはフィルムを熟知しているだけあってネガの持つ諧調特性(特定の色域での諧調など)をパラメータに組み込んでいたり、人の肌だけは絶対に諧調を失わせない絵作りなど、他のデジカメとは全く異なる画像処理エンジンです。
人工知能を組み込んだイメージインテリジェンスという技術のスゴさには感心しちゃいます。オートホワイトバランスの見事さ、こういう被写体だと発揮されているようです。
デジタルだからこそフィルムと同じである必要はない、と考える他社と自分好みのフィルムを設定して遊べる(お仕事にも)カメラとの違いですね。

投稿: ariari | 2007年2月20日 (火) 01:32

ariariさん、先日は講習会にて大変お世話になりました。
はっきり申し上げまして期待以上のとても有益な時間になりました。

早速、あの講習の帰りに道庁を被写体にしてしまいました。

これから、もっと楽しめそうです♪

ありがとうございました!!!

投稿: あい | 2007年2月28日 (水) 21:42

あいさん
よくここがおわかりになりました(笑)。
先日は楽しんで頂けた事、こちらも嬉しく思います。
写真はずっと楽しめる趣味です。ぜひ、どんどん撮ってみて下さい。
そしてその写真をいろいろ活用してくださいね。

投稿: ariari | 2007年3月 1日 (木) 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/13965088

この記事へのトラックバック一覧です: 雪あかりの路最終日。:

« あああ、まだ続くの? | トップページ | 顔に見えるでしょ?(笑) »