« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

帰ってきた710。

Dscf9072私が普段プライベートで使っているデジカメは最新型ではなくて、結構古い。といってもデジタルの世界では二年前のデジカメでさえ旧型になるわけだからしょーもないんだけど、お気に入りのFinePix F810の兄弟機種F710がやっと修理から戻ってきた。F810とうり二つのカメラだけど内容が異なる。F810は600万画素のスーパーCCDハニカムHRというタイプで高解像度を売りにしている。一方F710は300万画素のスーパーCCDハニカムSRというものを採用。何が違うかと言えばSRタイプは大きさの異なるセンサーを300万画素づつ計600万画素を搭載したもの。実際の解像度は300万画素プラスアルファ(ハニカムは記録時に倍の画素数になる)なんだけど、F810がバリバリシャープな画像に対しF710は白飛びが少ない滑らかな階調が売り。空の雲や人の肌などが強い光でもしっかり表現されるように仕上がる。
このSRというセンサーは今ではFinPix S5Proだけにしか採用されていない。コンパクトタイプのデジカメではセンサーの大きさに限度があり、SRタイプのCCDでは画素数を増やすことが難しくF710の後継機が発売されていないのが残念。最近のデジカメはどんどん画素数があがって見かけ上はシャープに見えるけど、小サイズのCCDで解像度を上げても人間の目やプリンタでは表現出来ないんだけどねえ。写真には階調表現というものが実は大切なのだけど、このような実験的要素が強いF710やその前のF700のようなデジカメが今、結構人気らしいです。

Dscf9006
アイボリーのミニカーに白い背景、これで近接フラッシュ。なのにボディのディテールは再現されているでしょ?しかもしっかり黒も締まっております・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

帰ってきた〜

なんだかほとんど家には寝るだけに戻っているような。たまにはそんなコトもありますね。
今日は画像ありません〜無念。やっぱり北見は遠かった(笑)。
明日も当たり前に会社へ。金曜は士幌へお仕事・・・なんだかずいぶんお出かけばっかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

今度は北見です。

2007_02260144今月は仙台、花巻に行ったり、小樽へ通ったり、函館に出張・・・んで、また旭川、帯広出張。その翌日には別府に飛び、帰ってきたらすぐに北見へ来ています。んん、やや疲れ気味です。
そりゃあ、そうですよね。んで、クルマで北見市内へ入ると、妙な物体が歩道にあるのを発見・・・

「ん?・・・これって・・・・??」

ま、まさか。。。

スピード違反の取締り用レーダー!!!???ヤバッ!!!

2007_02260145


・・・・ダミーぢゃん(爆)・・・
うちのスタッフによると「いつもあるんだよねー・・・紛らわしい!」
なんちゅーもんを!!!
誰が何のために?恐るべし北見市。名物は玉ねぎ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

別府ですた。

Dscf9004今回は久しぶりの九州は大分県別府市へ行って来ました。このブログで九州の旅は初リポートですかね?もっと時間があればゆっくりしたかったんですけど、なにせ時間がない・・・丁度マイレージの割引キャンペーンなので申し込み。今回は羽田トランジットなのでマイレージでも4区間必要。ま、いいか。札幌からは福岡便しか九州へ直行することができないし運行時刻が午後出発、現地午前発というものなので、千歳〜羽田〜大分での行程にしました。
びっくりしたのは千歳〜羽田便で、先月ソウル仁川〜成田〜千歳をご一緒させて頂いたCAさんが二名乗っていたこと。入り口でお客さんを出迎えるチーフパーサー(L1)さんと顔を合わせて「あれっ!(笑)」・・・お互いに「先日はお世話に・・・」私の座席は一番後ろの座席だったんですが、今度はR4ポジションの方が「先日はどうも・・・」と。長い間ANAに乗っているけど、二回同じヒトと出会うことはないですね。あ、丘珠便は除く(笑)。
羽田から大分への便ではバスでボーディングでしたが、なんと前と後ろにタラップが。一番後ろのドアから乗ったのは初めてです。なんだか不思議・・・

Dscf9032大分空港からバスで別府市内へ到着し、まずは街をウロウロ。その後やっぱり別府市営・竹瓦温泉に足が向かうのであります。この建物は昭和13年に建築されたもので素晴らしい風情。以前来た時にも名物の砂湯でくつろいだことを思い出し、今回もやってきました。1000円を払い順番を待ち、浴衣に着替えておばちゃんの指示に従い温泉水を含んだ重たい砂を体に被せられます。結構重たいし熱いので最初は「ううう」と苦しいけど、どんどん体が温まり、汗が噴き出してくるのがわかる。15分ほどそのままでまったり。その後、シャワーで砂を落とし、浴槽につかってしばしボーっとする。デトックス〜〜♪竹瓦温泉は入浴だけなら100円で入れるし、とっても熱いのでしっかり暖まります。

Dscf9027竹瓦温泉のあとは、クールダウンを兼ねて市内散策。有数の温泉観光地だけど商店街は少し寂れているのが残念。前回来た時よりもお店が減っているし、パチンコ屋だけが増えている。
シャワーキャップがたくさん売っていた手芸店もなくなっていたし、見てみたいな、と思わせる雑貨店なども閉まっており残念。こういう古い文房具店もあるけれど、売り上げはどうなんでしょうね。気になってしまいますが、私が心配したってどうしようもないけど。
その後、ラーメンを食べて本日のお宿、鉄輪(かんなわ)地区へ向かう。亀の井バスに乗って終点が鉄輪温泉の中心部なのである。しかし宿がわからず四苦八苦。私は旅先で迷うことがほとんどないのだけど今回はさすがにまいった。鉄輪温泉はとても狭い路地に小さな旅館や民宿が密集しており、さらに一般住宅がびっしり。今日のお宿は民宿「みかさや」さん。ま、どってことのないお宿なんだけど(笑)。

Dscf9045今回はここへもお越しになる「左門☆豊作さん」に久しぶりに再会することが目的の一つで、忙しい中、宿に一泊付き合って頂いた。仕事を終えて彼がやってくる前に今度は鉄輪名物・むし湯に入りに行く。これまたとっても凄い蒸し風呂なのです。薬草を敷き詰めた釜の中に入り、じっくり汗を流してきました。ふう〜もう体中の悪いモノが出たんじゃないかな・・・鉄輪温泉は素朴で昔ながらの風情が残っているけど、あこちから湯気が立ち上って夜になるとさらに情緒が増します。大きな温泉街とはまた違う雰囲気を味わえる場所でありました。
そうこうしていると、左門☆豊作さんが黄色いデミオでやってきた。素泊まりなので適当に飯を食いに行き、夜は写真談義に花が咲く。彼の持ち込んだリバーサルをじっくり拝見して刺激を受けてまいりました。

Dscf9069今日は左門☆豊作さんに高台へ連れて行ってもらい、別府市内を見渡して駅に戻り、昼過ぎの飛行機で帰ってきました。別府駅で駅弁を買い、これが今日の晩ご飯。やっぱり大分名物といえば鶏。鶏めしを食わずに大分を語れるか!(笑)。
いやー、この弁当旨かった・・・ん〜〜久々にウマイ鶏めしを食べましたね。
さあて、明日も温泉があるところへ。今度は北見です・・・なんだか全然札幌にいないような。

| | コメント (11)

2007年2月24日 (土)

別府鉄輪温泉

別府鉄輪温泉
本日のお宿は別府市鉄輪地区にある民宿。小さい温泉街なのだ。九州は三回目だけど必ず立ち寄るのが別府。なんとなく気になる街なんだよね。
空港に着いてから竹瓦温泉の砂湯で悪い汗を流して、鉄輪むし湯でもデトックス(笑)…
明日は昼には出発。短い滞在が最近多いなあ。

| | コメント (2)

また逃げます♪

また逃げます♪
寒いけど我慢だ!逃げます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

氷瀑まつり。

Dscf9002本日は帯広にてお仕事。終わった後は即座に帰途....と思ったら日勝峠が降雪と視界不良で通行止め!なんてこった。なので富良野経由になっちまいました。
画像は昨日旭川から帯広へ向かう途中にちょっとだけ立ち寄った層雲峡の氷瀑まつりにての一枚。あまりの寒さで撮影した画像はわずかに4枚、うち構図が同じモノ二種、なのでお見せ出来るようなものがございません。時間もないし、スタッフを待たせるのも悪いのでとっととその場を立ち去りました。
層雲峡も中国語、韓国語が飛び交う人々でいっぱいです。ううむ、北海道へわざわざ来てくれてありがとう。しかも物価も高いので大変でしょうが、たまに私も行きますんでよろしくね♪....って次はいつよ?
そんなわけですっかり疲れた私、金曜の夜なのだけどボロ雑巾のように眠るのであります。起こさないでね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

旭川~帯広。

Showletter携帯電話の画像なのできれいなじゃなくてすいません。デジカメはあるのに、機材をクルマに積み込んでいて取り出せないのです。今日は朝からスタジオ機材一式を積んで旭川へ。プロ用カメラのセミナーを行い、機材撤収し帯広へ移動です。途中層雲峡で氷瀑まつりをちらり、と見て帯広市内へ。明日帯広で再びプロ向けセミナーを行って撤収、札幌へ夜中戻ります。土日も逃亡します。来週月曜は北見へ。うううむ、慌しい。腰が痛い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

フラッシュいやーん。

Dscf0016今日のスポーツ新聞の一面に「ダルビッシュ フラッシュにイラッ!」だそうだ。キャンプ中の日本ハムファイターズのダルビッシュ投手がブルペンで練習中、ファンのフラッシュ攻撃で集中出来ず困惑しているという記事が載っていた。うーん、至近距離でのフラッシュ攻撃では気が散るよね。野球に限らず、特に室内スポーツの競技中はフラッシュでの撮影は絶対にやめて欲しいところ。でも実際はフィギュアの大会でも客席からフラッシュがバンバン光っているのが実情。写らないんだけどね、アレじゃ。
あの旭山動物園でも館内は屋外、室内問わずフラッシュ撮影は禁止されているのだが、一向に減る気配はなさそう。私も何度か訪れているけど係員が「フラッシュを切って撮影してください!フラッシュの切り方が分からない方は撮影しないでください!」と大声でず〜〜っと叫んでいる。それでも、パカパカ光らせる人々多し。おかげで館内では写ルンですは販売禁止になった・・・(困る)私の後ろに並んでいた若い女性は「んなこと言ったって勝手に光るし、切り方わかんないよ」と。動物にとってフラッシュの光がストレスになっていることは明白で、実際、機嫌が悪いとなかなか現れてくれなくなっちゃうらしい。その昔、カメラ店でカメラを買えば最低限の機能説明をきちんと店員さんが教えてくれた。でも、今はカメラを買ってもすぐに箱を渡され「レジへ持っていってください」なんてこともある。(○マダ電器なんかそうだ)そりゃダメだね。
カメラは趣味的な要素が強い機械であり、家電品じゃない。だからこそ、使い方をちゃんと教えてあげないとね。旅先ではフラッシュ撮影禁止の場所だって結構あるんだから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

懐かしのセノガイド。

Dscf8216君は知っているかな?その昔、関研究所から発売されていた「セノガイド」という露出計算尺を。いわゆる電気露出計がまだ普及していなかった頃には大活躍だった露出を決めるためのガイドである。フィルムの感度を決めて撮影する条件、天候、季節、時間帯、屋外、室内、夜間、光源などを設定すればシャッター速度と絞りの組み合わせが導かれるのだ。私は買ったことはないけど欲しかったなあ。実用的であるかどうかといえば今では不要かもしれないけど、露出というものをじっくり考えるのには面白い。
今では入手不能なセノガイド、この機能を簡易的に行える携帯用アプリがあるのであります。うむ、これは面白いかも。使うには慣れが必要だけど、男はこういうものを使って露出計のないカメラを振り回すのが正しい。
今でもセノガイドの復刻を要望する声は多く、色々なサイトでバーチャルなセノガイドを作っている方もいる。中には手作りの計算尺の作り方を指南されている方も。いいねえ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

顔に見えるでしょ?(笑)

Dscf2401
ainosatoさんがお得意のシリーズ・・・パクリました。すんません!!

....え?今日はこれだけ?忙しいんです、スマン!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

雪あかりの路最終日。

Dscf2445本日で最終日を迎える小樽・雪あかりの路です。もう暖冬の影響で雪もすっかり・・・融けちゃってなんだか可哀想。でも、観光客は凄い数。中国語、韓国語、英語、関西弁が飛び交うインターナショナルな小樽市になっちゃって夕暮れ時は大にぎわい。あちこちからフラッシュの光と歓声と怒号が飛び交う(ないない)中、私はしみじみと冬の終わりを感じていたのであった。

Dscf2446
優しい光と自然が作り上げた氷のデザインはこれで見納め。二度と同じ形のキャンドルライトはお目にかかれないわけで・・・ずっと見ていたくなっちゃうね。

Dscf2458
国際雪だるま協会の会議中。今回の雪あかりの路の反省会を開いているらしく、様々な議論が飛び交っている。しかしあまりに白熱した議論でついに溶けかかってしまっているのが残念だ。

Dscf2451オマケ。長い会期中の疲れか、表情が今ひとつの彼。それとも今日で終わるのが寂しいのか・・・
いずれにしても、吹雪いたり、雨が降ったり、なんだか大変な毎日でしたけど本当にご苦労様。また来年、逢えるといいね。

FUJIFILM FinePix S5Pro AF-S DX NIKKOR 17-35mm F3.5-4.5 ED JPEG FINE ISO200

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

あああ、まだ続くの?

Dscf8220
函館出張を終える寸前、コンビニで缶コーヒーを買おうとサンクスへ入ると・・・サントリーボスに「ベストショット フィギュアコレクション」だとさ。缶コーヒーの上に被さる可愛い小さなジオラマ。箱庭が好きな私のツボを刺激して快感へ昇華するとき、全10種をお買いあげになっている。鉄道とか、自動車なんかのジオラマだよ、買わずに函館を去ることは不可能だ。蒸気機関車がある冬景色とか江ノ電なんか、なかなか絵になっているし。
しかも、ここに写っているのは9種。あれ?もう一種は??フフフ・・・さあ、みなさん、頑張って探しましょう。とりわけ、飛行機のアナタ、ほれ、急ぎなさい(笑)。
しかし、だ。今度は他の棚を見れば・・・おいおい、ジョージア、やってんじゃないの、メルセデスコレクション・・・はぁ・・・とりあえず気になるものを物色。
「あらまーマニアックな車種!」190E 2.5-16 EVO IIはコスワースがエンジンをチューンした知る人ぞ知る名車だ。
ヽ(`Д´)ノウワァァン こんなの出すなよぉ。と、いいつつコンプリはせずテキトーに買う。やだ、もう!

Dscf8222


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

函館にて(2)。

Dscf2395
函館での仕事はまだ続きます。今日は昨夜とは違い天候も回復に向かい、なんとか夜の雰囲気を撮影できました。ただし、港はかなり寒いです・・・風が冷たくて10分ほど歩いているうちに凍えてしまいます。でも、寒いからと諦めてはせっかくの景色がもったいない。なんとか思ったような景色を切り取ってきました。
函館山が望める金森倉庫群は彩(いろどり)がいいです。凛とした空気が張り詰めて、思わず気持ちまで引き締まります。カメラを覗いている時間は寒さを忘れるけど、撤収するとき「うわわわわわ」とわけもなく叫びつつクルマへ舞い戻りました。冷え込むなあ・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

函館にて。

Dscf2307
出張で函館に居ます。久しぶりの函館出張、今日は猛吹雪になっている。残念ながら夜景の撮影はこれであきらめました。もう少し撮影したかったんですが、レンズに雪がどんどん吹き付けてくるのでちょっとムリ。
しかも・・・寒い・・・鼻水じゅるじゅる(汚)になっちゃうんで、早々に切り上げ飯。今日は温泉のある宿なのでゆっくり・・・といきたいけど、日帰り温泉としても込み合っているのでのんびりできないのが難点。
函館、海の向こうは青森県かぁ・・・ふふふ・・・でも、今回はおとなしく帰ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

【お詫び】本当にごめんなさい!

みなさん、今日はお詫びです!先日撮影した「小樽雪あかりの路」の一番最初の画像、これだけ「ISO 200」でした。
なんだよー、ねつ造かぁ?・・・とか、そんなにS5Pro っていいのかよぉ?と思われた皆さん本当にごめんなさい。データは訂正しておきます。まったくの間違いでした。
その代わり、先日の画像と同じシーンで正真正銘ISO 800での画像を大きめにアップしました。画像をクリックすると横1280ピクセルになります。いやぁ、これでS5Proって大したことないね、と思われても仕方ないです(笑)。(尚、リサイズしたソフトが古くタコなので、JPEG再圧縮がかかっていることをご承知おき下さい)
Dscf0550

今日はひたすらお詫びです・・・・

Dscf0612_1

ついでにISO800の画像をもう一枚。これも大きくなります・・・古い家をやさしく彩るあかりが魅力的。小樽以外では絶対にできないイベントだと思います。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

仙台といえば・・・

Dsc00209昨夜の画像でスマンのですが、昨日の晩ご飯がこれ。いわゆる空弁ですけど「牛舌づつみ」というもの。塩焼きと味噌焼きの二種類の牛タンが入っている。で・・・冷えていても柔らかいしウマイ!あまり期待していなかっただけにこりゃあやられましたね。仙台でも今や牛タンは高級食材でなかなか高値。この弁当も1100円なんだけどANA FESTAでANAカード提示10%OFFがありがたいです。
ご飯がもう少し多いとベターなんですけど、まあ、この味に免じて許しちゃいます。また機会があれば買いたい弁当にノミネートしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

いつもの場所で。

Dsc00158無事に帰ってきました(笑)。今回の旅は今後の自分のあり方を色々考えてみよう〜♪という非常に複雑な思いを抱えての二泊三日でした。が、着いてしまえば「風呂だ、飯だ、寝るだ」でいつもと同じじゃないかと。そう、やっぱりここに来ると癒されるだけなのでありました。
例えばこんな空間。冬の藤三旅館自炊部の廊下は暖房がないから冷え冷えしているけれど、なぜかこんなベンチに座ってタバコの一本も吸いたくなるのだ。過去、どれだけのヒトがここで何かを想い何かを感じていたんだろう。それとも何も考えずにぼ〜〜っとしていたのだろうか。
浴衣姿では寒いのだが、風呂上がりのほてった体を少し冷ますには丁度良いのかもしれない。


Dsc00159今回の部屋は二階のため、風呂へ行く時には必ずここを通る。踊り場の雰囲気だけでここに泊まる価値があると思っちゃうんですよ。ギシギシと音を立てる床板は昭和17年からたぶん張り替えられていないはず。年季が違う。でも手入れはよく、昔の学校なんかを思い出してしまう。窓枠などにも懐かしさを感じちゃいますね。
朝、昼、そして夜と差し込む光で表情を変える階段を踏みしめる時「人生とはなんたるか」を感じさせてくれるのであります・・・って、そう思うのはワシだけかもしれぬ(爆)。
階段を下りればそこには売店があり、おばちゃんが笑顔で迎えてくれる。「また、みんなを連れてきてよ」と腰を曲げながら語りかけてくれる。「また来るよ」いつもの答えだけど。


Dsc00197なんだか最近、岩手に行くたびに立ち寄る中尊寺。今日もお詣りに行きました。感謝の気持ちを込めて、そしてこれからの自分のことを祈願しつつ・・・
雪が舞い散る中、小僧さんが鐘を突く。ああ、心が洗われるねえ〜(笑)<笑っちゃイカンのだけど。
しかし季節はずれなのか、連休にもかかわらず中尊寺のあちこちの売店は閉まったまま。循環バスも走っていないし観光客も少ない。お堂も扉が閉まっているところが散見されました。月曜定休?(^^;
その後、一関まで鈍行で行き、一関からは新幹線で仙台へ。やっぱり自由席は着座できず・・・うーん、新幹線っていつも込んでいたっけねえ?友人から「札幌は雪が凄い」という情報もあって一本早めの飛行機で戻ってきました。正解です・・・雪かきでぐったり。どうなっちゃったんでしょう?いきなり・・・やれやれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

はなまきまき♪

はなまきまき♪
宿から外出しないと決めていたのに、ふらふらとバスに乗り花巻市内に向かう。やはり絵になる街並みがありカメラに手が伸びる。
実は今回カメラは持たずに出かけようかと思ったのだが、やはりそうもいかないからFinePixはあえて持たずに某サイバーショットにする。
宮沢賢治先生が愛した故郷、花巻にはあちこちに彼が作り上げた功績を何らかの形にしている。うーむ偉大な人は後世語り継がれていくなあ…なので今日も『やぶ屋』で天ぷら蕎麦を頂いて帰る。全国わんこそば大会が今日花巻で行われているはず。昨年の優勝者は199杯だそうだ。しかも五分という制限時間内だよ(笑)…わんこそば10杯でかけそば一杯だそうだから凄いぞ!ますます大山爆盛り選手権開催しなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

ネクターあるじゃん( 笑)…

ネクターあるじゃん(<br />
 笑)…
ワシの大好物、不二家のネクターがコンビニから消えて久しいけど藤三旅館の自販機には健在。いやー、やっぱりウマいわなー。しかし品薄なのかプレミアム価格なのが問題だ…ウソです。
しかし、白猿はいいよね。あまりの気持ちよさに溶けてしまいました。さすがに睡眠ゼロ、晩ご飯のあとに爆睡してもーたし。色々考えていたら頭が混乱…売店のおばちゃんに今回の旅の目的を話したら、少し驚かれた。おばちゃんの言葉が沁みるなあ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

到着…

到着…
今朝6時30分に家を出る。大山さんの前を通るとご主人は蕎麦打ちの真っ最中だ。そっと見守って(笑)高速インターから千歳空港を目指す。実は昨夜から一睡もせず向かっているのだ。雪あかりの路の画像整理をして、テレビ『24』を見ていたらとんでもない時間になり、また中途半端に寝たら寝坊は必至だから、ただ横になっていた…
仙台行きANA720便の人になり短いフライトを楽しみ、空港からバスに乗る前に飛行機仲間のSNSを更新して仙台駅行きのバスに乗ると驚くほど早いレスポンスで仙台在住の某キャプテンから入電!丁度休みで駅の某カメラ量販店に行くというので落ち合って昼飯を。あー、相変わらずお元気な方。その後私は新幹線で新花巻へ…しかし料金高いぞ!自由席片道5040円!バカモノ往復で一万円超える!いかに二万円きっぷがありがたいことか。ヒコーキ乗る意味がなくなりますわ(笑)タダだけど。問題は新幹線座れないどころかすし詰め…あらやだ。驚いたのは新花巻からの花巻南温泉郷シャトルバスまでもが積み残しして発車。しかも花巻駅でも50人以上並んでいた…この三連休すげーことになってるアルな。おかげでバスも一時間かかりました。さあて何も言うまい、風呂だ風呂っ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

雪あかりの路....in otaru.

Dscf0551
本日から開催されている【小樽雪あかりの路】は冬の小樽の魅力を最大限に発揮してくれるイベント。今回で9回目を迎え、18日の日曜まで開催されています。今日はデジカメのテストを兼ねて撮影・・・
撮影はすべてFinePix S5Proで、レンズはAF-S DX NIKKOR 17-55mm F3.5-4.5 EDでISO 800,JPEG FINEを640x480へリサイズ、すべてノーレタッチ(まったくオリジナルデータ....いじるの面倒だし(^^;)です。まずは定番の運河からスタート・・・(この一枚目のみISO 200です)

Dscf0573
運河沿いのキャンドル、ホワイトバランスをオートではなく太陽光に設定してみました。雪の中なのに暖かい感じがする優しいキャンドルですねえ。

Dscf0583
小さな雪だるまがたくさん並んでいて可愛い・・・ほのぼのしちゃいます。

Dscf0620
氷の中のキャンドルはこれまた美しいです。天然の造形は北一ガラスさえ、こんな風には作れないでしょう。

Dscf0624

小樽市内各所で行われているので、普通の一般住宅などの裏にも色々なキャンドルが並んでいます。生活感の中に灯るあかり、これがいいのです。ああ、小樽っていい街だよなあ、と思わずにはいられません。
ハッキリ言って「一日では見られない」ほどあちこちで開催されています。私は明日から逃亡しますので今度行けるのは最終日。ああ、間に合うかな・・・

Dscf0598
オマケ(笑)・・・やっぱり小樽の街は魅力的なのだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

今日もネタ無いです。

Dscf6851_1困ったことに、どんなにネタが無くてもなんとか日々更新せねばならん使命を受けて(どこからやねん)今日も考えます。

ない。

ないの。

ないんだよぉ。

なので・・・癒しの場所で・・・おくつろぎください。
風呂上がり、ここでほへぇ〜〜〜〜〜〜〜〜ってくつろぐのが好き。
うううう〜〜牛乳〜〜飲みたい〜〜〜
もうすこしだっっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

大山店主も激賞!八幡屋磯五郎。

Dscf8214私の家に常備されている七味唐辛子は「八幡屋磯五郎」だ。長野・善光寺名物として江戸時代から280年もの歴史を誇る名物品。コレ、本当に旨い唐辛子で、うどんや蕎麦が激変するほどなのである。特に(本当はたべたくない)カップうどん、そばなどを食す時、これがないともう食えない。元々私は一味の方が好きなのだけどこの七味は唐辛子以外の山椒とか陳皮などの香りがたまらなく鼻腔を刺激して食を促進するのだ。
コレ、札幌の某スーパーarioで発見し試して以来お気に入りなんだけど、さすがほっかいどうでしょう♪氏は携帯用のものを持参して大山さんへ行くという凝りよう。今日、大山さんで久々の温かい蕎麦を頂いた時ご主人が「いやー、あの人(注:ほっかいどうでしょう♪氏)からもらった七味、凄いね。取り寄せようと思うんだけど」「そ、ムチャクチャウマイよね。でも、アレお店で出したら採算取れないでしょ?」「そうなんだけど、味の分かるヒトに出したいなあ。あとは自家用(笑)」
大山のご主人も絶賛の七味、みなさんもぜひ!ネットで買えるし、恐ろしいことにオリジナルグッズが凄い。ぜひサイトをチェックしてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ネタなし(爆)。

Dscf8124なんだか忙しいです。なんででしょうか?(笑)。ネタがない日は古い画像でごまかすのが当たり前のariariさん、今回は先日の晩ご飯ツアーのとき、コンビニで買い込んだ品々。だから何だよ?
いや、ハングル語で売っている飲み物はかなりヤバイんです。中身が全くわからんので博打みたいで楽しい。なので飲んでから「うげ」ってーのを試したかったのに「あらウマイ」というのはネタにならなかったので紹介が遅くなっただけなのです。タバコも韓国製だが、予想に反してこれまた「あらあらウマイ」んです。困るよね、それじゃあ。で、どうするって・・・こういうネタのない日に小出しするに限るんです。
んで、こんなしょーもない日記にコメントするヤツもおらんだろうとそそくさと寝込むのです。
さて、一番右の飲み物はなんでしょー?(笑)<釣ってるじゃん

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

総力特集!雪像が熱い!

Dscf0532
いよいよ始まった「さっぽろ雪まつり」だよ!雪像マニア(しつこい)のみなさんは絶対に行きたいよね?なんたって雪だよ、雪!それを固めて削ってもの凄い巨大な作品を作っちゃうってんだから見ないわけにはいかないよね。今日が前夜祭だったんだけど、そりゃあもの凄い人出だったね。あいにく暖かい今日は通路がトゥルットゥル!もう危ないから気をつけないといけないんだけど、転びそうになったからって絶対に他の人に掴まったりするのはやめようね。連鎖反応で掴まれたヒトも転ぶ可能性が高いんだ。掴まれたヒトがさらに他の人に掴まると連鎖の輪が広がって札幌市民180万人が転んじゃったら大変だからね。
あ、話を元に戻そうね。つまり雪像がビッグになったからって僕たちがひるむことはないんだ。こっそり夜中に警備員のおじさんにみつからないように自分の作った素晴らしい作品をどこかに置いてくるってーのがいいね。それもとびきり小さくって目立たない方が潔いと思うんだ。
この画像は新製品FinePix S5Proで撮影したんだけどISO3200なのに、ノイズが全然目立たないんだ。凄いよね。これは買うしかないと思うよ。さあ、雪像をばっちりキレイに撮ろうじゃないか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

無題(笑)。

Dscf7367最近腰がムズムズしてしょーがない。うん、逃げたいんだね?ariari
・・・なんだか時間を惜しむようにどこかへ行きたい病が再発。今月は海外行かないですけど(爆)。やたら写真が撮りたい気分なのだけど、その気持ちがカメラへ乗り移らないのが現状。もう少し待て、って感じ。思えば写真に関わる仕事を始めたのが20歳の時で、色々な仕事をしてきました。その後、今の会社に入社したのが20年前(年がバレル)、移籍、新会社発足などを経て現在に至っているのだけど本当にやりたい仕事を全うしてきた、ということでは満足していますね。でも、まだすること、すべきこと、いや・・・しなくちゃならんことがある。でもこれは個人の思いだけではどうにもなりません。
さあて、何をしようかな〜〜っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

月刊 雪像マニア。

Dscf8065_1
よいこの皆さんは雪が降るとつい嬉しくて雪だるまなんかを作っちゃって誰かに自慢したり、雪像コンテストなんかに出品しちゃったりするよね?そう、実は僕たちヒコーキ好きの仲間たちも雪像が大好きなんだ。毎年大通公園の「さっぽろ雪まつり」会場では僕たちが飛行機「YS-11」の雪像を作っているんだけども、今年はとうとうYS-11の故郷、札幌丘珠空港で作ってしまったんだ。しかも空港ビル入り口の横、にだよ。もちろん空港ビルの全面協力の下、立派に完成したんだ。
これに触発されたマニアさんがパイロットやスッチーさんの雪像を作り始めるんじゃないかってドキドキしているんだけど、やっぱり来年は実物大の雪像を作って滑走路にど〜ん、と置いてみるってーのもいいんじゃないかな。ゲリラ的に線路の上に実物大の電車の雪像を作るとか、狭い道路に違法駐車しているクルマの横に大きなパトカーの雪像を作るとか色々楽しめるのも雪像の魅力だよね。しかも材料はタダってんだから作らない手はないと思うんだよ。なので「月刊誌 雪像マニア」を読んでみんなもチャレンジしてみるといいんじゃないかな。
もちろん「臨時増刊 かまくらマニア」も忘れずに読んでくれるとこの冬を二倍楽しめるはずだね。

※もちろんそんな雑誌はありませんので、本屋さんに行って店員さんを困らせたらいけないよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

オリサル。

Dscf8210私が好きな1960年代プロダクツシリーズ、電気機関車のED75は子供の頃から馴染みのある機関車で、私の母親方の本家がある秋田まで行く時はずいぶんお世話になった機関車。そしてやっぱり心に残るのは700番台奥羽線仕様。なので、ED75-700を改造して生まれた津軽海峡線のED79も好きなわけ・・・
そんなED75-700の中でもオリエントサルーン仕様は目立って格好いいっす。まあ、オリエントサルーンそのものも引退しちゃって機関車だけが残っているけれど、これももう引退は時間の問題。なのでこうして鉄道模型で味わうのが一番かな。しかしこの画像、線路はないし客車はサロン東京(爆)・・・つまりオリサルは持っていないことが問題なのだ。ま、実際はオリエントサルーンを牽引しているより貨物や団臨牽引も多かったわけで、細かいことは気にしない・・・

話は変わって、私が今置かれている立場は某カード会社のオダギリジョー状態・・・って、そこまで格好良くはないのだが、まさに懐からカードを取り出して「どーすんのよっ、オレっ!」ってな具合だ。
続くっ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

ぱおーん。

Dscf82041/64のミニカーシリーズ「コナミ絶版名車」の後釜が色々発売されていますが、触手があんまり伸びません。今回はCar of the 80'sというシリーズが発売になったけど、初代ソアラ、マークIIなどの「ハイソカー」ブームを作ったヤツ、とかシルビア、プレリュード、セリカなどの「デートカー」、それにこの「日産パオ」だ。実は私、このPAOがムチャ好きなんですわ。実車を買おうと思ったほど好きで、今でも欲しいかなーと一瞬衝動買いしそうになったことがある。なのでミニカーで我慢。色違いでベージュとレンガ色があるけど、このアースカラーっぽいブルーが一番いい。で、トイザらスに3個しかない在庫を「振り振り」して一つ買ったらお見事、一番欲しい(とうか、それ以外いらん)ものが出た。凄い確率!
オレってまだまだいけるじゃん、とニッコリ笑ったりしてね。まあ、ミニカーぐらいで人生のなんたるかを左右されることはなさそうだが、今はこんなもんに癒される日々(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スチャラカな生き様。

Dscf8091うちのブログはフォトブログでもないし、日記でもない至極プライベートなもので私の愚痴も(かなり)飛び出すのに見てくれてすみません(爆)。
私のやっている仕事は偉そうに言えば写真文化を守ること、のはずだったけど文化は金を生まないので(笑)文明の利器に頼らざるを得ないんです。しかし家電メーカーが写真に進出し「こりゃエエワ」とばかりにずいぶんこの業界をかき回してくれました。おかげで写真は多岐に渡る楽しみを広げてくれたことは事実なのですが、写真に大きなウエイトを持つ会社の存続が厳しい状況下に置かれています。
おそらくこのままでは写真事業を主体にしている会社の将来は・・・ダメでしょう。もう個人の努力ではどうにもできないところまで来てしまいました。そんなわけで・・・私もいよいよどうするか決断を迫られそうな昨今です。さすがに逃げられないのでもう少し色々なことと向き合いながら考えようと思います。
写真は続けますが、受け身にならぬよう何か秘策を練っておる次第・・・(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »