« 今日もネタ無いです。 | トップページ | 到着… »

2007年2月 9日 (金)

雪あかりの路....in otaru.

Dscf0551
本日から開催されている【小樽雪あかりの路】は冬の小樽の魅力を最大限に発揮してくれるイベント。今回で9回目を迎え、18日の日曜まで開催されています。今日はデジカメのテストを兼ねて撮影・・・
撮影はすべてFinePix S5Proで、レンズはAF-S DX NIKKOR 17-55mm F3.5-4.5 EDでISO 800,JPEG FINEを640x480へリサイズ、すべてノーレタッチ(まったくオリジナルデータ....いじるの面倒だし(^^;)です。まずは定番の運河からスタート・・・(この一枚目のみISO 200です)

Dscf0573
運河沿いのキャンドル、ホワイトバランスをオートではなく太陽光に設定してみました。雪の中なのに暖かい感じがする優しいキャンドルですねえ。

Dscf0583
小さな雪だるまがたくさん並んでいて可愛い・・・ほのぼのしちゃいます。

Dscf0620
氷の中のキャンドルはこれまた美しいです。天然の造形は北一ガラスさえ、こんな風には作れないでしょう。

Dscf0624

小樽市内各所で行われているので、普通の一般住宅などの裏にも色々なキャンドルが並んでいます。生活感の中に灯るあかり、これがいいのです。ああ、小樽っていい街だよなあ、と思わずにはいられません。
ハッキリ言って「一日では見られない」ほどあちこちで開催されています。私は明日から逃亡しますので今度行けるのは最終日。ああ、間に合うかな・・・

Dscf0598
オマケ(笑)・・・やっぱり小樽の街は魅力的なのだ。

|

« 今日もネタ無いです。 | トップページ | 到着… »

コメント

初日からすごい画を見せていただきました。
今日は残念ですね。今回はどちらへ逃亡ですか?(笑)

投稿: hiros | 2007年2月10日 (土) 08:08

hirosさん
今日は残念です…仙台経由岩手花巻に行きます。また宜しくです!

投稿: ariari@仙台空港 | 2007年2月10日 (土) 10:00

FinePix S5Proいいですね。すばらしい。800でこの絵ですか、きれいですね。
雪明り、結局昨日は行けませんでした、今日これから出陣です。
ここの絵を見ているとワクワクしてきます。

小樽のこの店を見つけるとはお目が高い。トタンと積み上げられたダンボールがいい味だしている店ですよね。

投稿: ainosato | 2007年2月10日 (土) 10:53

うずずずず...美しや。あぁ、動けぬこの身がうらめしい...

ただいま持病の頭痛でベッドに臥せっておりますです(笑)

投稿: CommA | 2007年2月10日 (土) 18:24

ainosatoさん
今日は盛り上がっているのでしようね。いい絵をばっちり決めているでしょうねー、楽しみです。
CommAさん
私も頭痛持ちですが、辛いですよね…緩和されるといいのですが…

投稿: ariari@白猿 | 2007年2月10日 (土) 23:13

うほぉ
1枚目の写真が凄くツボにはまりました。
いいですねぇ・・・
こんな綺麗な写真を撮れる様になりたいです。

投稿: ぽちぽち | 2007年2月11日 (日) 02:33

ぽちぽちさん
大丈夫。この手の写真は暗くなりきる前に撮る。これであとはカメラ任せ。

投稿: ariari@河原の側 | 2007年2月11日 (日) 08:52

さすがS5Pro! デジタルだけどデジタルっぽくないと云われているのが、
この画を見て納得できました(やわらかいですね)。
色の出方がこれまた驚きです!
ダイナミックレンジってやつですか。ベルビア調ですか?

ainosatoさん、ご指摘の「五○商店」を切り取るとは、さすがです!

投稿: 小樽ではたらく本部長 | 2007年2月12日 (月) 14:15

>小樽ではたらく本部長さん
いいでしょーS5Pro(笑)。柔らかいけど芯のある描写が売りです。
ダイナミックレンジはネガ並みに広いです。フィルムシミュレーションモードでリバーサルを選択すると、リバーサル並みにレンジが狭くなります(爆)。
今回はすべてノーマルで撮影しています。

投稿: ariari | 2007年2月12日 (月) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/13852379

この記事へのトラックバック一覧です: 雪あかりの路....in otaru.:

« 今日もネタ無いです。 | トップページ | 到着… »