« 帰ってきた〜 | トップページ | BOEING737-700 1/200 »

2007年2月28日 (水)

帰ってきた710。

Dscf9072私が普段プライベートで使っているデジカメは最新型ではなくて、結構古い。といってもデジタルの世界では二年前のデジカメでさえ旧型になるわけだからしょーもないんだけど、お気に入りのFinePix F810の兄弟機種F710がやっと修理から戻ってきた。F810とうり二つのカメラだけど内容が異なる。F810は600万画素のスーパーCCDハニカムHRというタイプで高解像度を売りにしている。一方F710は300万画素のスーパーCCDハニカムSRというものを採用。何が違うかと言えばSRタイプは大きさの異なるセンサーを300万画素づつ計600万画素を搭載したもの。実際の解像度は300万画素プラスアルファ(ハニカムは記録時に倍の画素数になる)なんだけど、F810がバリバリシャープな画像に対しF710は白飛びが少ない滑らかな階調が売り。空の雲や人の肌などが強い光でもしっかり表現されるように仕上がる。
このSRというセンサーは今ではFinPix S5Proだけにしか採用されていない。コンパクトタイプのデジカメではセンサーの大きさに限度があり、SRタイプのCCDでは画素数を増やすことが難しくF710の後継機が発売されていないのが残念。最近のデジカメはどんどん画素数があがって見かけ上はシャープに見えるけど、小サイズのCCDで解像度を上げても人間の目やプリンタでは表現出来ないんだけどねえ。写真には階調表現というものが実は大切なのだけど、このような実験的要素が強いF710やその前のF700のようなデジカメが今、結構人気らしいです。

Dscf9006
アイボリーのミニカーに白い背景、これで近接フラッシュ。なのにボディのディテールは再現されているでしょ?しかもしっかり黒も締まっております・・・

|

« 帰ってきた〜 | トップページ | BOEING737-700 1/200 »

コメント

説得力ありやすっ。

投稿: CommA | 2007年3月 1日 (木) 18:26

仕事では一台使ってます。
バッテリーの寿命さえもっと長ければ...
プライベートなカメラもこちらにしたかも。
カメラ好きにとってはとっても使い勝手のよい親近感のあるデジカメですよね。

投稿: swallow | 2007年3月 1日 (木) 23:54

>CommAさん
今のデジタルカメラは家電メーカーがダメにしそうで怖いです。ユーザーがどんどん混迷に向かうようで。
写真文化はどうなるんだろう。

>swallowさん
F10やF30のCCDでF810のボディを作って欲しいと何度も交渉したんですけどねえ。ホント、カメラとしての完成度はこのモデル、すごく高いです。

投稿: ariari | 2007年3月 2日 (金) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/14081476

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた710。:

« 帰ってきた〜 | トップページ | BOEING737-700 1/200 »