« サヨナラ岩手県。 | トップページ | 大人でいるということ。 »

2007年1月 3日 (水)

越年隊帰還。

Dscf0024
皆様の熱い声援に後押しされ、無事に札幌へ舞い戻りました。独り暮らしのボロアパート、部屋の温度は5度。寒い。暖まるまでボーっと布団の中に退避しようかと思ったけどまずは報告でしょ。まあ、メインの映像は今回ネガで撮影したのでまともな画像はもう少し待ってね。
今回はいつもと違って大湊線に乗ってみました。まだ夜が明け切らぬ野辺地駅、出発前のディーゼルカーのアイドリングだけが響き渡る時間。(デジカメはすべてFinePix Z5fdにて)

Dscf0041
大湊は小さな街だけどその手前にあるむつ市の方が乗降も多く栄えているんだよね。でも小さい街ほど被写体が多くワクワクしながらライカのシャッターを押しました。アッという間にフィルムが巻き取られてゆくのが面白い。ああ、錆びてる錆びてる(爆)・・・
滞在時間わずか30分、こりゃもっとゆっくり歩きたいね〜とニコニコしながら次回はマイクロニッコールだなあ、と頭に描くのでありました。大湊から再び野辺地へ戻るため『快速しもきた』へ乗る。大湊の駅長さんに声を掛けて一枚パチリ。ありがとうございました。

Dscf0046
毎度お馴染み大館駅の名物駅弁『鶏めし』は最近すっかり特上を頂いています。やっぱりおかずが豪華でしかも(当たり前だけど)旨い。特上は予約制なので時間がかかるけど、今回は野辺地駅を出る前に事前に電話しといたので列車までお届けアリ。停車時間一分で受け渡し。

Dscf0058
秋田から盛岡までと、盛岡から新花巻へは新幹線で移動。さすが31日の大晦日、もう臨時も含めて盛岡駅は新幹線が次々にやってくる。昼下がりの光差し込むホームで輝く白いノーズ・・・スニーカー大安売りに見えないこともない・・・(笑)。

Dscf0063
新花巻〜花巻も列車移動。花巻からは岩手県交通のバスで温泉宿へと向かいます。もう日が暮れる頃、もうすぐ目的地。『次は鉛温泉....』はいはい、降ります降ります....ぴんぽ〜ん。

Dscf0074
あけましてお正月。元日は中尊寺にお詣りに行きました。駅に着くと餅つきをやっており、好きなだけ食べていい(笑)というじゃないですか。とりあえず四個だけ頂きました・・・やっぱりつきたては旨いねぇ。

Dscf0079_1
平泉駅から中尊寺まではボンネットバスにて。昨年はわずかなタイミングで乗れなかったのでラッキー。やっぱり後ろの丸みがたまりませんねー。バスも女性も後ろが丸い方がええでしょ?ああ、触りたい(違)。

Dscf0089
中尊寺にはいくつものお堂がありまして、それぞれの御利益を求めて人々がお詣りに励みます。私は本堂と、なぜか寺の中にある神社へお詣りしました。神社は人気が高く、このように行列が続いています。人気が高いと神様も忙しいので大変だなぁ、と思いますがなにせかきいれ時ですからね、きっとなんとかしてくれるでしょう。

Dscf0093
今回(というかいつもだけど)の宿、鉛温泉藤三旅館は一泊二食で4900円です。この他暖房費や浴衣は別料金だけど平日は3900円!なのだ。飯は豪華じゃないが、定食よりは上。元日の晩ご飯だって見事なものです。刺身(今日は鯛だってあるぞ!)、ローストビーフのマリネ、銀だらの焼き物など、この宿代でこんな飯が部屋に夜と朝に運ばれてくるのだ。味もとってもいいのが泣かせてくれる。お風呂の良さはもちろんだけど、雰囲気とかスタッフの方、すべてにおいて私がおすすめする宿です。まだ泊まったことがない方は今すぐ予約しましょう。私から紹介された、と予約の際に伝えてください。何もありませんけど(爆)。

Dscf0096
二日は少しだけ花巻市内をウロウロ。まだお休み中のお米屋さんの店先にあったポスター・・・あああ、マツケンさん〜しばらくお見かけしないと思ったら・・・『いわてにひとめボレロ』・・・_| ̄|○

Dscf0109
三日はいよいよ帰るのいや〜ん、の日。大好きな盛岡市内をブラブラ〜♪開運橋を歩けば気分も上々、運が開けるような気がするが気のせいだ。しかし雪が「全く」ないのだ。どうしちゃったの?
盛岡市内を歩いていると自分がどこに住んでいる人間なのかわからなくなるんですわ。私が普段住んでいる札幌市、仕事場も駅の近くなのに大通りやススキノに行く回数よりも盛岡に行く回数の方が圧倒的に多いのは見事。
例えば休日を過ごす時間で一番多いのは小樽・銭函の行きつけの喫茶店。その次はもしかすると岩手、盛岡・花巻じゃないかと勘違いしそうだ。うーん・・・ワシってなんじゃろ。

Dscf0118
盛岡は三大麺「わんこそば・冷麺・じゃじゃ麺」で有名ですが、普通のお蕎麦も結構ウマイんです。今回初めて見つけたのが肴町にある「深々(しんしん)」です。いやー、冷麺食べたのに(量は多くない)なぜかフラッと店へ吸い込まれてざるそばを頼んでしまいました。うーん、なかなか洒落たモダンなお店なので期待していなかったのに結構イケる。シャキッとして歯ごたえもプッツリ、喉ごしもいい。つゆがやや甘いのが気になったけど、鰹の出汁はなかなか絶妙。これで400円ならめっけもん・・・
で・・・盛岡を後にして帰ってきましたとさ。。。。ええっ、もう終わり?

|

« サヨナラ岩手県。 | トップページ | 大人でいるということ。 »

コメント

越年遠征お疲れさまでございました。m(_ _)m

なんだか蕎麦三昧だったご様子で....
9日の大山オープンまでは持ちそうですね。

オイラは禁断症状が出ています(ばく

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2007年1月 4日 (木) 01:03

今回も年末〜年始にかけて、お疲れ様でした。
また白猿の湯に浸かりたいですね(帰って来たバッカで言うか/笑)

投稿: いんぷれっさ | 2007年1月 4日 (木) 01:20

そばかうどんか。若い時はそばオンリーで、うどんはこの世になくても平気だった。
この年末年始、保育園は休み。だけど相方は休みなし〜だったので、『たまには父ちゃんが昼飯作ろうじゃないかい』と、鍋焼きうどんを作った俺。
まず麺を洗って…アクを取って…器を温めて…さぁマイサンズ、召し上がれ〜。
数分後、『おかわり!』おお?珍しい〜。
『なおちゃんの作ったうどんおいしい!』
オイオイよせよ〜本名がバレちまうじゃね〜かよ〜。
って訳で、a。たまにゃうどんもイイよ(笑)。

投稿: hurryblood | 2007年1月 4日 (木) 01:40

>ほっかいどうでしょう♪さん
禁断症状出ていますよ。もう、ヤバイ。マジ、アレルギーが出る(爆)。
やっぱりカップ大山出してもらおうか・・・

>いんぷさん
今回もありがとうございました。やっぱり三泊は最低したいですね。家へ帰っても寝る前にはやっぱり白猿に浸かることを夢見ちゃいます。来月も行こうかな。売店のおばちゃんには「来月来るかも」と言いました(笑)。

>hurryさん
うどん、たまに食いますよ。鍋焼きとかするし。関西風のうどんも食べるし。つーか、昨年の秋から冬にかけてうどんも多かったかなぁ・・・

投稿: ariari | 2007年1月 4日 (木) 02:10

さて究極の選択です。
カップ大山で鉛温泉か、ツムラの白猿の元で大山か?
両方持って海外、ってのもアリか?

投稿: DENZI | 2007年1月 4日 (木) 19:35

>DENZIさん
簡単です。大山のご主人を拉致して鉛温泉へ連れてゆけばいいのです(爆)。
実は、今回「一緒に行こうかな」というところまで言っていたんですよ。次回はそうなるかも。

投稿: ariari | 2007年1月 4日 (木) 21:10

ああ、それはムリムリ。
「何い、蕎麦だあ?俺は湯から出ないぞ、食いたいならオマエ打て!」とご主人に言われますから。(爆)

投稿: DENZI | 2007年1月 4日 (木) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/13325872

この記事へのトラックバック一覧です: 越年隊帰還。:

« サヨナラ岩手県。 | トップページ | 大人でいるということ。 »