« どっか行きたい〜 | トップページ | 本当にあった(怖い?)話。 »

2006年11月25日 (土)

もっと光を・・・

Dscf7505ホワイトイルミネーションの光は年々色彩を増して見る人を楽しませてくれる。でも、なんだか私の気持ちが晴れない・・・昨夜近所で子供二人の殺人事件が起きた。母親が子供を殺す、またかというやりきれない気持ちだ。私の家から200mと離れていない場所でだ。先日は洞爺湖町で写真館経営者が一家心中を図って小学生のお子さんも亡くなられた。相変わらず子供の自殺は日々報道されているし、なんだか命の尊厳さが本当に問われているんじゃないかと思う。
どうしてこんなことが多くなったのか、政治家の方々もちょっと考えてみて欲しいね。

|

« どっか行きたい〜 | トップページ | 本当にあった(怖い?)話。 »

コメント

政治家の先生方だけじゃなく、今この世に生きる皆が一丸となって考え、道を切り拓いて行く必要を感じます。
子を殺す親も、自ら命を絶つ子供(人)達も、もっと考え、感じ、感謝すべき事は『先祖から受け継いできた命』である、という事。
それがどれだけ尊くありがたい事なのか、きちんと知らなければなりません。
aはこの夏、我が家の前で煙草を吸いながら言いました『俺達は生かされているんだ』と。
全くその通りです。
たまにはマトモな発言をするaに拍手(違)。

話は変わり、不評論を展開した俺ですが、CCDのバッチ交換、あーいった姑息な技をカスタムというのであって、あれは認めざるを得ないと言えよう。
外観のカスタムは考えたのだが、ヤ○キー風にウォールナットでVIP仕様とか、手塗りで迷彩色仕様とかを作って頂きたい。
長い(笑)。以上。

投稿: hurryblood周利槃特 | 2006年11月26日 (日) 01:40

 どもです。洞爺湖の件も子供二人殺人もやり切れませんな。
写真関連に限らず、個人商店のビジネスも厳しいでしょう。
また、子供二人の方は、長男のために引越ししたばかりなのに、
受けていた生活保護も含めて、明るい希望が持てなくなってしまったのかもしれません。
 私自身、定率減税を廃止やら、年金保険料の値上げやら、厳しくなってきますね。
戦後最長の景気、と言われても実感がわきません。
 中央銀行総裁に、破格の財テクを斡旋した財界人が導入を目論んでいる、
「ホワイトラー・イグゼンプション」なんて、感動ものです。
 明日に希望を持てない国は、「美しい」のかしらん。

投稿: えみーるぞら | 2006年11月26日 (日) 01:45

>ぞらさん、はりーさん
現代人は少なからず心の闇を抱えているのではと思います。「政治家にも・・・」と書いたのは今の格差社会を作ったのは少なくとも政治家の思惑でしょうから。
大きな企業や銀行には相変わらず甘く、また怪しいIT産業や投資会社にも優遇していた責任を問いたいのです。相当甘い汁を吸った人が多いでしょうから、そういう件がトーンダウンしてきていることが気になります。

札幌で起こった事件も子供の障害と生活苦があったのではと言われています。実際社会補償の仕組みに不公平感があるのも政治の仕組みでしょう。不正に補償を受けているケースを私は知っていますが、偽装離婚してあとはパチンコ三昧の一家とかぶっ飛ばしてやりたいですわ。

「この世に神はいないのか」なんて嘆いている人がたまにいますが「この世」に神がいるはずがありません。いるとしたら「あの世」でしょうから。そして神は平等のはずですが、神様が何かしてくれるわけではないはず。私たちが生かされている仕組み、すなわちご先祖様とか今は祀られている偉人、等のおかげです。そういう神様とか仏様、ご先祖様にお祈りを捧げるということは、それらの過去の人々が現世に何かをしてくれるんじゃなく私たちがなんとかしなくてはいけないということ。お祈りやお願いということはすなわち過去の方々に感謝を捧げることなのでしょう。

人は弱い。だから祈るし、感謝する。そうして人を信じ、人のために何かをして助け合う。そんな当たり前の摂理を理解させないとこれからも子供が危ない・・・

投稿: ariari | 2006年11月26日 (日) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/12823550

この記事へのトラックバック一覧です: もっと光を・・・:

« どっか行きたい〜 | トップページ | 本当にあった(怖い?)話。 »