« 紅葉なんだけど.... | トップページ | 子供は遊びの天才だった。 »

2006年10月17日 (火)

心が哀しいとき。

最近すごく残念なのが「いじめ」の問題。以前から私は心を痛めていたんだけど、自らの命を絶った子供たちはもうどれほどの数になるのだろう。「からかっただけ」だと同級生も教師も言うかもしれないがエスカレートして暴行、傷害、恐喝に至ったケースは多かったんじゃないか。学校は「たいしたことじゃない」とか「見て見ぬ振り」をするだけだし、ヘタに関われば面倒だと逃げているだけだろう。「いじめ」は校内で行われているから「いじめ」と言われるだけだが、一歩外へ出れば立派な犯罪行為である。金銭を強要したり暴力をふるえば社会では犯罪として立件できるのだ。そもそも学校は社会生活を教えるための場であるから、こういう反社会的な行為について厳しく罰するべきなのである。今回も教師が率先していじめが起きた、なんてとんでもないことになりそうだが荷担した餓鬼も同罪であり、そこんとこはケジメを付けさせないと。
私には子供はいないけどいじめられる子供の気持ちは多少理解出来る。親が子供を守ることが出来なければどうにもならんだろう。私が高校の時、同級生に一方的に暴力をふるわれ耳の鼓膜を破ったことがある。今でも後遺症が残っているんだけどね。その時、うちの親は怒ったね・・・もう、すげえ剣幕で相手の親を呼びつけた。同級生は就職が決まっていたのでバレることを恐れ泣きながら謝りに親を連れてやってきた。普段、親を滅多に頼ることのなかった私だが、親というものの存在を強く意識した出来事だった。
子供たちが自ら命を絶つなんてことを絶対にさせたくないし、そんなサインを見逃して欲しくない、そう強く思う今日この頃なのだ。

|

« 紅葉なんだけど.... | トップページ | 子供は遊びの天才だった。 »

コメント

自分の子供に対して…善悪の判断ができれば『ありがとう』も『ごめんなさい』も心から言える筈だし、自分が痛い思い(内外共に)をした時、その痛みを忘れなければ、他人を思い遣る事ができるだろうと、叱る時は本気で、笑う時も本気で接しています。
ある意味怖い、だけど頼れる存在でありたいと願いつつ、心をいつでも開かせておく為に、まず自分が心を証しておくべきだ、と。
親(大人達)だって常に進行形なんですが、先に生まれている以上、ある程度は模範であるべきで。
誰と誰が悪い…とかではなく、そういう環境を築いてしまった我々全員に責任がありますし、大事なのは『過ちを繰り返さない事』だと思います。

投稿: hurryblood | 2006年10月18日 (水) 02:10

わたしは、中2、中3にかけての約14ヶ月間、
同学年男子生徒の2/3からシカトされた経験があります。
廊下でわざと肩をぶつけられたり、
多人数で威圧されたりするのは日常茶飯事でしたねぇ。

原因は、わたしの「自己主張する」性格に起因したものでした。
いわゆる「不良グループ」に媚びてた男子生徒と議論になって、
最後は仲違いしたのが直接的な原因です。
翌日から、それこそ一斉ににシカトが始まりました。
先生たちも、だいたいのことは分かってたと思いますが、
少なくとも14ヶ月は放置されてましたねー。
わたしも先生には頼ろうと思いませんでしたけどね。

この経験で感じた「悪意」は、
議論した本人でも号令を出した「不良の親分」でもなく、
ただなんとなく流れにのってシカトを決め込んでた「その他大勢」だと思います。
事の善悪の問題じゃない。
個人のアイデンティティを確立させる教育がなされてないってことが、
この根深くじめじめとした問題の根源じゃないでしょうか。

…珍しく、熱く語ってしまいました…。

投稿: tati | 2006年10月18日 (水) 15:35

うーむ、なかなか難しいです。今、赤ちゃん返り真っ最中(^^;な3歳の長男に話して聞かせているのは、自分がやられて嫌なことは、人にしちゃ駄目だということです。それすら考えられない、想像力のないオトナになって貰いたくないので。
(とはいえ、長男を苛めて遊んでいる、今日この頃の私なのですが(^^;)

投稿: HARRIER | 2006年10月18日 (水) 15:39

うーむ、久々に熱い想いが・・・皆さんの中に。いいですね、こういうコメントは。
ハリーさんが言うように大人の責任でもあるんです。事なかれ主義で「一億総中流意識」みたいな社会にしちゃって。今の格差社会もアレでしょ、誰かが儲けているとそれが諸悪だと言う。資本主義社会では多かれ少なかれ貧富の差はあるもんです。あ、話が違うねえ。
貧乏でも昔は堂々と生きていて恥じることがなかったのに、団塊の世代の大人が「子供にみじめな思いをさせたくない」と見栄を張ったり「みんなと同じじゃないとかわいそう」なんてことになったんじゃないですかね。

今の時代は格差社会だというより、差別社会じゃないですか。弱者が生きにくいもの。弱者のフリをして儲けているヤツもいるし、ズルイヤツが勝つ時代でもあるし。
私なんか本当にビンボーでしたが堂々としていましたよ。いや、楽しかったです。
「コイツ、なんだかフツーじゃねえ」のが何が悪い?個性尊重の学校教育が日本で行われることがない以上、世界では所詮通用する人材なんか生まれませんって。

投稿: ariari | 2006年10月18日 (水) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/12321213

この記事へのトラックバック一覧です: 心が哀しいとき。:

» 「からかいやすかったから......」あほか! [クロハ789のどさんこ日記]
私も 30年前になるが 田舎の小学校今は無き(S川市立K陽小学校)でいじめに遭っていた  ちょうど小学校3・4年の頃である 小さな学校で私のクラスは11人程の小クラスであったためクラス換えもあるわけでなく 2年間同じ担任(M野)&クラスでの地獄の日々が続いた その頃の私は決して清潔とは言えなかった為 臭い・汚い・ばい菌のレッテルを貼られ いじめのターゲットになった もちろん担任もかばってくれるわけでなく 一緒になって私をいじめ続けたのだ  直接暴力があったわけではないが 物が無くなったり 持ち物... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 21:50

« 紅葉なんだけど.... | トップページ | 子供は遊びの天才だった。 »