« 激しい風の中で・・・ | トップページ | 夜のお散歩。 »

2006年10月 9日 (月)

やっぱり行ってきた。

Dscf7324昨日とはうって変わって大勢の人々で賑わう小樽公園「こどもの国」は今日で閉園。好天になった今日、午前中に少しだけ様子を見に行ってきた。やはり最後だけあってこどもたちとその親、あるいは大人同士で大入り満員。しかも今日は遊具施設は無料開放で、どの施設にも列が並ぶ。ここの施設が開園されたのが昭和45年、36年前のことだ。その時も一日で三万人入ったとか。あれからこどもたちの遊びの環境が大きく変わり古い遊具は置き去りにされつつある。私は何度かここを訪れたとき、いつも閑散として「いつまでここが存在出来るのか」余計な心配をしていたんだけど、やっぱりその日は来た。
こんな小さな観覧車でもはしゃぐこどもたち。ただグルグル回るだけの遊具。シンプルなんだけど、それなりに楽しいのはきっと世代は変わってもこどもは単純なものが好きだからかな。実は大人も楽しい。すごく楽しい。こんなに古い施設なのに、ギミックもないのに無心になれる。
観覧車を見ていたらなんだか泣きそうになってしまう。さようなら、昭和の遺産。

Dscf7354

|

« 激しい風の中で・・・ | トップページ | 夜のお散歩。 »

コメント

子どもたちと小樽公園に行ったときに気がつきました。

子どもたちの視点でものを見ると
小さな観覧車なんかではないんだよね。

大人たちが何かと比較して勝手に小さいって思ってしまっているだけなんだ

子どもたちにとって
手書きのアンパンマンだって「あっアンパンマンだ!」って感動があるわけで、ずーっと昔から子どもの視点って変わっていなかったんだよね。

投稿: 見栄隠 | 2006年10月 9日 (月) 22:38

しかも乗ってるし。(ばく)

はい、オイラも行ってきましたよ。
門が閉まるトコまで。
もう一人のイッちゃってる人と終日デートでした。
二人でコーヒーカップに・・・・あはは、それは流石に。
「教育上悪い!」と係員につまみだされますから自粛しました。

結局デジタル振り回しまくりでしたが、一本だけのネオパンの出来上がりが楽しみです。

投稿: DENZI | 2006年10月 9日 (月) 23:43

>みえかくれさま
そ、その通りです。こどもの視線、観点で見れば楽しいに違いないんです。
色々なテーマパークやゲームや溢れてきても、それはみんな大人が勝手に作り上げてきたものです。大人が儲けるためのね。
遊具施設に書かれている手書きの動物たちの味わいある絵が余計に泣かせてくれます。

>DENZIさん
そう、乗っちゃいました(爆)。いえいえ、これも俯瞰撮影をするためでございます。
でも純粋に楽しいなあ。ベイサイドにある大観覧車とこの小さな観覧車、どっちが楽しいかって・・・楽しさが違いますね。
小樽で泣いたのは二回目です。運河が様変わりしたとき、そして今日です。

投稿: ariari | 2006年10月10日 (火) 00:49

名前長くてメンゴ。
さて、見栄隠さまに一票。
今日は(も?)子供達とミニカーを探して、280km車を走らせたりしてる自分ですが、見栄隠さまのご意見は『何かを忘れかけた時』に、その何かを想い起こさせる、素晴らしいご見解だと思いました。
久々にうなずいてしまっただよ。
因みに今日(9日)のミニカーお買い上げ数。長男1台、次男も1台。そして父ちゃん(俺っすね)13台。
会計はじぇ〜んぶ笑顔の素敵な自慢の相方(笑)。

投稿: hurryblood・rainbow-father(2児の父) | 2006年10月10日 (火) 01:32

午前中にいらしてたのですね。残念、ぜひお会いしていっしょに観覧車でも。。。。って二人じゃ重くて回らないか(笑)
「ほたるの光」に涙腺を刺激されながら、最後までしっかり見届けて来ましたよ。
また一つ、小樽から昭和の遺産がなくなりましたね。
(TBさせて頂きました。)

投稿: ainosato | 2006年10月10日 (火) 07:44

>みすたーはりー
13台の明細をキボンヌ・・・買いすぎですっ。

>ainosatoさん
一緒に観覧車は・・・ぜぇーったい無理!重さが、じゃなくて入れない(笑)。
よしんば乗れたとしても・・・ああっ、想像するだけで悶絶!

投稿: ariari | 2006年10月10日 (火) 22:41

 最後の日に現場に行くことができませんでした。残念...。そのかわり、ariariさんとainosatoさんの写真で泣かせていただきました。
 泣けるQuickTime VRを撮りたいものです。

投稿: 高木二馬力 | 2006年10月14日 (土) 13:51

>高木二馬力さん
サイト拝見しました。うーむ、なかなか面白いじゃないですか!今度は廃墟になりつつある豊羽鉱山なんかもぜひ!

投稿: ariari | 2006年10月15日 (日) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/12217778

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり行ってきた。:

» さよならこどもの国 [ainosatoブログ02]
ついにこの日がやってきました。 最後ということで、大型(笑)遊具は無料開放。 さすがに日中は家族連れで賑わっていましたね。 写真はもう陽が翳りだした夕方。この時間には空いてきたので並ばずに観覧車に乗れました。 日中、ゴーカートだけは30分以上の待ち時間だったようです。 遊具終了時間の16:30 さあいよいよです。 パンダも空気を抜かれて畳まれていきます。 パンダの空気を抜くのに、子供達に手伝わせて、つぶさせていたのが印象的でした。 そしていよいよ、最後。しっか... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 05:48

» 026:小樽 こどもの国 [QuickTime VR HD Blog]
  The World Wide Panorama (WWP)2006年の秋の部 [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 12:39

« 激しい風の中で・・・ | トップページ | 夜のお散歩。 »