« 夏も終わった・・・ | トップページ | 今日は小樽。 »

2006年9月 1日 (金)

心の旅。

Dscf0189
チューリップの「心の旅」を初めて聞いたのは小学生の頃だった私。レコードを買って家で聞いていたとき、母親に「オマエもこういう歌を聴く年になったんだねー」と冷やかされたことを思い出す。正しく言えば歌詞なんかちゃんと聴いていなかったと思うんだけどね。
その頃から一人旅をしていた私は、子供ながら「旅は人生そのものじゃないか」と感じていたのだ。イヤなガキだよね。旅先でスリに会って切符や財布をやられたこと、切符をなくしたこと、すてきな人に出会ったこと、人生とは何か語る人、優しい人、怖い人、いろいろありました。旅は私の先生だったんだね。
今でも私が旅を続けるのは何かを知りたいとか求めたいのではなく、自分という存在を確かめたいからなのかもしれないな。今、自分が置かれている環境では自分が本当に必要とされているのかどうか。誰かが私のことを「居て欲しい」と思ってくれているのか。旅をしてみるとわかるような、わからないような。旅に出てその他大勢の中に紛れて自分がいること、旅を終えていつもの日常に戻る自分。先を見つめるためにも旅はすごく大切な意味を果たします。

|

« 夏も終わった・・・ | トップページ | 今日は小樽。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/11724508

この記事へのトラックバック一覧です: 心の旅。:

« 夏も終わった・・・ | トップページ | 今日は小樽。 »