« 夏が終わるよ・・・ | トップページ | ありがとう。 »

2006年8月22日 (火)

きまぐれなやつ。

Dscf0020先日撮影した猫。その時はデジカメを持っていなかったので喫茶店のカメラを借りて後からデータをもらったので、本日アップ。黒猫は哀愁があってヨイのだ。こいつは本当にワシによーくなついていたけど今はどこにいるのだろう。猫は女みたいできまぐれだなーと思う。いや正しくはそういう女しか知らない(爆)のかもしれないけど。まあ、愛情の掛け方じゃないですか?と、どこかからか声が聞こえてきそうな・・・

|

« 夏が終わるよ・・・ | トップページ | ありがとう。 »

コメント

今年は銭函BBQやってませんね。
なんとかしましょう。

投稿: tati | 2006年8月22日 (火) 23:22

 遅めの夏休みも本日で終わりました。
明日からは、社会復帰です。
 遠出しなかったので、不思議な夏休みです。
 それで、銭函BBQぜひ参加したいですね。
 できればバーゲン&超割期間に設定いただき、
新千歳空港付近ariari,off会、全国大会開催きぼんぬ。


投稿: えみーるぞら | 2006年8月23日 (水) 00:13

犬か猫か?と問われれば間違いなく犬が好きなのですが、被写体としてならやっぱり猫でしょ、と。
猫は上手に孤独を纏っているからなんでしょうね、絵になる。
何故だか特に黒い猫は。
当の猫は好きな様に過ごしているだけでしょうが、そこの部分が女性が内面に持つ習性や仕草なんかと近似性がある気がします。
群れで暮らす男(犬)と、その中を自由に、また刹那的に泳いで交差してゆく女(猫)。
甘える仕草や声、柔らかな肢体、思わせ振りな軽い冷たさ…共通点を揚げたらキリがありません。
ふと気がつくと、猫を憧景する自分の存在(犬)に気がつきます。
だからこそ猫は絵になり、小難しい事を感じさせる存在なのかも知れません。
今日は『群衆の中の猫』。

群衆に紛れ込んだ子猫の様に/傷ついて路頭彷徨い続けているなら/ねぇ此処へおいでよ/笑顔を僕が守って上げるから/突然降り出した雨から君を包む時/僕のせいで君が泣く事もあるだろう/僕の胸で泣いてよ/何もかも分かち合って行きたいから/やさしく肩を抱き寄せよう/君が悲しみに暮れてしまわぬ様に/やさしく肩を抱き寄せよう/こんなに君を愛しているから

終わり(笑)。

投稿: 1970年式hurryblood | 2006年8月23日 (水) 00:33

>tatiどの
時間はあったんですけどねー、私は。これからは・・・どうかなあ・・・やりたいですねえ。ワイン片手にね。

>ぞらさん
お休みは満喫されました?ariariオフ会は無理ですよ(笑)。そんなに全国から集まるわけがありません。来てもメリットなし(爆)。

>みすたーはりー
詳細な解説感謝。猫が好きな私、やっぱりそーゆー女性に惹かれるようです。ただし、惹かれるだけでもう十分。

投稿: ariari | 2006年8月23日 (水) 01:16

黒い猫....

時には故郷の懐かしい味と両親の暖かさを届けてくれ
ある時には自分の気持ちを届けてくれる。

またある時にはWebとクレジットカードの魔力を使って、素敵なものを運んでくる。

....そんな黒い猫が好きだ。

って、違うの?(ばく

投稿: ほっかいどうでしょう♪ | 2006年8月23日 (水) 23:28

>ほっかいどうでしょう♪さん
そうそう、いつも留守なので迷惑掛けちゃうけど嫌な顔せずにいつも届けてくれるんですよねー、可愛い・・・・ちゃうやん!そりゃヤマト君うあおまへんかー!

投稿: ariari | 2006年8月24日 (木) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/11562795

この記事へのトラックバック一覧です: きまぐれなやつ。:

« 夏が終わるよ・・・ | トップページ | ありがとう。 »