« 濃い一日・・・ | トップページ | 夕日に向かって走るのだ。 »

2006年7月 3日 (月)

久しぶりの【G】

Dscf5654キミは憶えているか?10年前に巻き起こった恐ろしいほどのG-SHOCKブームを。限定品が発売されるあたりにはYカメラの時計売り場には多くのマニアがウロウロしてショーケースをチェックしたり店員の動きを柱の影から見つめたり、告知された販売日には徹夜が出たり。イルカクジラモデルや珊瑚礁保護協会モデルの発売日はショーケースが割れんばかりに人が押し寄せパニックになったことを。そんな渦中に私はいた。アレはなんだったんでしょう。AW-500シリーズはアナログとデジタルを融合した人気モデルだったが、販売期間はさほど長くなく限定品として復刻された時にはずいぶん人気を誇ったモデルだった。あれから幾年、ふたたび現れたAWG-500は電波時計、ソーラーバッテリなどを搭載して進化したモデルだ。私もずいぶんG-SHOCKは持っているけど電池が切れちゃって放置状態のものが多いんだよね。全部ソーラーバッテリだったらどんなによかっただろうか。しかも電波により時刻を自動調整だもんよ、完璧じゃね?
ただし、AW-500はスクリューバックと呼ばれるメタルケースが自慢だったが、新たなAWG-500は一般的なG-SHOCK同様のパネルバック、つまりプラスチックケースになってしまい腕に付けた軽さが物足りない。でもデザインは相変わらずいいね。AW-500はスケルトンと黄色いのしか持っていなかったんでスタンダードな黒いボディに赤い操作ボタンが映えるコイツは久しぶりの大ヒットだと思っている。

|

« 濃い一日・・・ | トップページ | 夕日に向かって走るのだ。 »

コメント

うは、こりゃまた懐かしいネタですね。リアクションバイトしちゃったりします。

AWG-500って・・・昔のAW-500シリーズのケースにAW-570の中身って雰囲気ですね。

黒に赤いボタンが良いですねぇ。
最近は余り時計屋さんへも行かなくなったので最近のG-SHOCKはどんなのが出てるのか知りませんでしたが、コレかっこいいですね。

当時、コレが出ていたら発狂したかも知れません・・・。いや~あの頃のブームは凄まじかったですねぇ。しみじみ・・・

投稿: Kjoe | 2006年7月 4日 (火) 17:24

>Kjoeさん
初めまして??かな?
AW-500は普通に売っていたときには買わなくて後悔していました。今回はパネルバックなのは物足りないんですがデザインや機能が「使える」ものなので買いました。実用的には最高です。
私もしばらくご無沙汰だったんですが、コレは出たとき感動しましたよ。

投稿: ariari | 2006年7月 5日 (水) 02:21

ああ・・・ごめんなさい。
Kjoe = ぽちぽちです^^;
失礼をばいたしました_O_

投稿: Kjoe | 2006年7月 5日 (水) 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/10779547

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの【G】:

« 濃い一日・・・ | トップページ | 夕日に向かって走るのだ。 »