« ごくろうさん。 | トップページ | する子とやる子と・・・ »

2006年6月24日 (土)

キミとチュウ。

『初めての〜チュウ〜♪』ネタに続く第二弾(笑)<もう飽きた
まあ、みなさんチュウには一家言あるようなので自分の経験などに照らし合わせておられるでしょう。やっぱりね、チュウはドキドキするんだよ。だってね、やっぱり後に控えている物語への序章でしょ?チュウなしでいきなりアレはないでしょう。あるとすればそりゃ遊ばれてますね。。。まあ、その手のお店とかその手の女性とかじゃないんでしょうか。
偉そうなことを言ってますけど私は女性が怖い。マジ怖い。若いうちは恐れを知らずに特攻したり、玉砕したり激しい体当たりを喰らわしたモンだけど今はそんな力もなく金もなく知恵もない。最悪じゃん(笑)。
なので・・・口説くという行為を忘れちゃった。さも歯の浮くような台詞を吐くほどの色男でもなく、楽器片手に愛を唄うほどのテクもなし。やだねー、年をとると。
チュウも忘れかけてしまったので誰か練習台になってくれよん(爆)。

|

« ごくろうさん。 | トップページ | する子とやる子と・・・ »

コメント

歳を重ねて得られることは、
思ったことを、
照れずに言えるようになる、ということじゃないですかね。
歯が浮くようなセリフなんか、必要なーいっ!

投稿: tati | 2006年6月24日 (土) 13:22

>tatiさん
思った事を照れずに言えるように・・・うーむ、難しいですね。私の場合、つい本音で言わなくて良い事まで言ってしまい嫌われる人生です。

投稿: ariari | 2006年6月26日 (月) 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/10652709

この記事へのトラックバック一覧です: キミとチュウ。:

« ごくろうさん。 | トップページ | する子とやる子と・・・ »