« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

前半戦終了。

Dscf6045といってもW杯のお話ではありません。6月もとうとう終わってしまいました。個人的な感想を申し上げますと過去最高に過ぎ去るスピードが速い6月でございましたと。2006年もこれで半分が終了なんですよね。なんてことでしょうか、このまま加速が付いたらあっという間に年末を迎えることでしょうね。
いい半年間だったか、と問われれば様々な問題を抱えつつも悪くない前半戦だったんじゃないかと思います。仕事面ではかなり厳しい状況下におかれて先の読めない展開になり胃が痛い日々でしたがそれを補う良いこともあったのでよしとしましょう。プライベートでは充実した時間を過ごしましたが、正月を含め北東北4回、台北に1回と旅をしたので貯金ゼロになっちまって四苦八苦したとか、クルマを13年ぶりに替えたとかなかなか忙しい半年間でした。
今日もデジカメ教室、終了後には大山の蕎麦を頂き、前半戦を締めました。今日は某まるださんが旨そうに食べていましたっけ(笑)。それにしても綺麗な夕焼け(正しくは小焼けですが)でしたね・・・あと残り半年、いいスタートを切りたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

お仕事お仕事。

20060629130243札幌市絡みのデジカメ教室一日目を朝から行う。さすがにご年輩が多く一筋縄ではいかないっす。20名の生徒を一度に見るのはなかなか大変。でも、これも大切なお仕事なのだ。写真文化を広め、少しでも売り上げに結びつけるのは我々しかできないんです。一枚でも多くの写真を撮って欲しい、という思いだけ。そりゃあフィルムを使って欲しいけどデジカメ全盛だからそれも致し方ない。だが、ちゃんと写真プリントをしているか、ということです。
で、お昼過ぎに一日目の仕事を終えて「大山」へ・・・今週もこれで三回目。今日は店へ入ると某いんぷさんが丁度食べ終わった頃。おお、彼もすっかり常連だ。今日はデジカメを全部教室に預けて来ちゃったので携帯で蕎麦を撮る。日替わり定食の「牛すき丼セット」だよ。旨いよ当たり前だが。
明日も頑張ります。んで、明日も大山で昼飯(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

幸せってなんだっけ?

本日、所用ありて一名某妊婦が私の元へ訪れる。出産を一ヶ月後に控えてお腹まんまるでやってきた。もう幸せそうな笑顔満開で終始ニッコニコ。「どっちに似ているか楽しみだねー」と聞くと「エコーの画像を見ただけでダンナに似ているって分かっちゃった!もう、おでこのあたりなんか同じなの!」・・・もうそこまでわかっちゃうんだ・・・愛する人の分身がお腹にいるんだという幸福感は男にはわかんないかな。女性は妊娠した時点でもうお母さんなんですねえ。
そこで自分のことを問うた。少子化で将来の日本のことを思えばこうしてちゃんと子供を産み育てる人は素晴らしいと。私はナンの社会貢献もしておらんのじゃないかと。サッカーで強くなることとか、オリンピックで金メダルと取るとか・・・世界で戦えるあらゆるジャンルの人を生み出すにはやはり多くのN数が必要なのだろうか。産めよ増やせよ、というのはちょっと危ないスローガン(笑)だけど、やはり富国強兵なのかね。
子供達を戦争に送ることはイヤだけど未来を託すことはできる。ううむ、私の人生はどこかで間違っちゃったんだろう。でも、間違っていないはずだと肯定しつつ未来はやはり自分が切り開くべきだと、未来のなさそうなワシが日々葛藤しておるのであります。

そんなわけで明日の木曜日、13時過ぎに「大山」へ蕎麦を食いに行きます。(笑)明日は東区でデジカメ教室の先生なので帰りに立ち寄るぞと。一緒に行きたい人は連絡してね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

大山・・・

今日もお昼は「大山」のお蕎麦を頂きました。もー、ヤバイっす。旨すぎ。最近ファンが続々と増えつつあるせいか早く行かないと無くなっちゃうことが多いようです。本来は夕方16時がオーダーストップですが15時で売り切れ必至ですね。本日『禁断症状が出ちゃってダメになっちゃう』というSOSを受けて約一名を引き連れて伺う。やっぱり旨い・・・蕎麦の甘い香りが口にいっぱい広がる蕎麦の味、そしてここではそば湯を飲みながら頂くのが通。うまみと香りがいっぱい溶けているそば湯が最高に旨い。ドロドロして糊のようなそば湯のお店もあるけどね。私は本わさびをほんの少しだけ溶かして飲むのが好き。最後につゆを少し混ぜると「かえし」の香りがこれまた広がって最高に旨いのだ。
そうこうしているうちにご主人が私たちの背後にスッと現れ、どんぶりにまなかい用の太打ち麺をさりげなく追加してサッと消えてゆく。一緒に行ったお連れ様もこのサービスに大喜び。なにせ太打ち麺はさらに甘みと香りが強く感じるので最高だ。
はぁ〜〜〜満足。毎日大山の蕎麦でもいいね、お昼は。ここは平日のお昼には日替わり定食メニューもあり、これも旨い。ああ、みなさんにもぜひ食べて欲しい蕎麦です。
ただし、更級系が好きな人には向きません。道産石臼挽きの十割蕎麦でございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

どうなっちゃうんだか・・・

Jal0035ネタが切れると乗り物画像でごまかす可愛いワシ。いやーね。
ここ最近は本当に困ったニュースが続くね。自宅に放火し母親や自分の弟、妹を殺したバカ息子に父親の苦悩。またまた自宅に放火した子供・・・子供が安易に大きな事件を起こすのには『こんなことをしたらどうなる?』というシミュレーションが出来ないからだろう。私も子供の頃は後のことを考えずに結構ヤバイことをしちゃったこともあったけど、とりわけいまどきの子供はゲームと現実が区別出来ない、と言われている。本当にそうだろうか?安易に人を傷つけたり殺したりするのはゲーム世代の子供の特徴だ、みたいに片づける評論家がけっこういらっしゃるようだけど・・・私は違うと思うな。
殴られていないから痛みが分からない、とか、ロールプレイングゲームでは主人公が死んでもリセットで生き返るから、なんていう要因は多少あるかもしれないけど根本的には子供だって傷ついているだろうし心に痛みをおぼえることもあると思うのだ。それを理解してあげる存在、一番近い親がそれに気づいてあげないことなんじゃないかな。どんなことがあっても親は一番の味方だと子供を守ってあげていないからだと思う。
信頼関係という言葉はありきたりでナンですけど、親子の関係はこれが大切ですって。

※たまには見てね(爆)>photo:mode

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

久しぶりの千歳空港。

Atlasair1千歳空港へ行くのは本当は久しぶりじゃないんだけど、ちゃんと飛行機を撮影しようと気合いを入れるのが久しぶりということです。ええ、おかげで惨敗でした。ブラジルに徹底的にやりこめられた日本代表みたいなものでして・・・やっぱりなまっています。500mmを本当に久しぶりに持ちだしてみたら左腕がガクブル状態で今ひとつピントも良くない。それでも昼過ぎから日が落ちるまで頑張ったけど成果は・・・・
んー、修行からやり直しです。飛行機は本当に難しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

する子とやる子と・・・

Dscf1754意味深なタイトルですがまったく無意味です。すること、やることがいっぱいあるのでついつい遊んでみました。昨夜は仕事半分、いろいろ企画を練っていたので朝までパソコンの前にいたおかげで眠い眠い。昼まで熟睡。腹が減る。
シャワーを浴びて行きつけの大山さんへ足が向く。すると駐車場は満杯、繁盛しとんのねー、と思ったらご主人が出てきて「すいません、実は麺が売り切れちゃって・・・まかない用の太打ちしかないけど、いい?」勿論、オーケー、太打ち大歓迎。いつもの冷やしたぬきを注文する。麺が足りないなら大盛りは諦めていたら・・・「なんじゃこりゃ!」というほどの大盛り。幅が5mmはあろうかという太麺は、本来まかない用のもの、だけどさすが歯ごたえのある麺で太打ちだもん、甘みが素晴らしい。しばし麺だけを食する。うむ、いい、いい。
「そういえば・・・この間いらしていた方、また見えていました(笑)」え?某Nさん、もう三回目?ご主人が恐縮しておりました。ここのご主人は本当に謙虚で「あまり通われるとボロが出ちゃうなあ」としきりに言っていたけど、いいのいいの。しかし今日は土曜なのにスゴイ混雑ぶりで14時前に売り切れとは・・・私が最後のお客でした。今週は月〜土でなんと5日間大山さんの蕎麦で、金曜だけ入福の蕎麦。でも、毎日蕎麦って飽きないかと聞かれるが私は毎日でもオッケー、体にもいいもんね。
その後丘珠空港を冷やかすと今日も「つばき」が来ていた。午後から急遽「こすもす」のピンチヒッターではるばる東京からやってきたそうな。なんだか最近いつも来ているんじゃない?
その後プジョーのディーラーで新型1007を冷やかす。うお、実物デカイよっ。で、最後に銭函の行きつけの喫茶店でおしまい。家へ戻ってオーストリアのワインを開ける。ピノノワール2001年モノだけど、やっぱりあんまり出来のいいピノノワールじゃないね。この品種は難しいだろうなあ・・・ブーケも弱いしタンニンも少ないし何より軽いのがやや残念。でもチーズと合うので今日は酔っぱらい。
Dscf5274

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キミとチュウ。

『初めての〜チュウ〜♪』ネタに続く第二弾(笑)<もう飽きた
まあ、みなさんチュウには一家言あるようなので自分の経験などに照らし合わせておられるでしょう。やっぱりね、チュウはドキドキするんだよ。だってね、やっぱり後に控えている物語への序章でしょ?チュウなしでいきなりアレはないでしょう。あるとすればそりゃ遊ばれてますね。。。まあ、その手のお店とかその手の女性とかじゃないんでしょうか。
偉そうなことを言ってますけど私は女性が怖い。マジ怖い。若いうちは恐れを知らずに特攻したり、玉砕したり激しい体当たりを喰らわしたモンだけど今はそんな力もなく金もなく知恵もない。最悪じゃん(笑)。
なので・・・口説くという行為を忘れちゃった。さも歯の浮くような台詞を吐くほどの色男でもなく、楽器片手に愛を唄うほどのテクもなし。やだねー、年をとると。
チュウも忘れかけてしまったので誰か練習台になってくれよん(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ごくろうさん。

あのヒデが動かない。
日本がドイツから立ち去らねばならない合図となったホイッスルが鳴り響いたあと、ヒデはピッチに仰向けになったまま。どうしたのよ、いつもはクールで決めているキミが。

泣いているんだ。

後半途中からはブラジルに余裕で遊ばれちゃったのが悔しかったけど、こりゃ勝てないわ。
玉田のシュートで完全に火を点けちゃったもんな。いいシュートだったもんなあ、スカッとしたゴールは今回のW杯初めてだったんじゃないかね。

ヒデ、引退しちゃうんじゃないか。ありゃ燃え尽きちゃったな。

いずれにせよ・・・日本代表のみなさん、ご苦労さん。厳しく色々言われるだろうから大変だろうが、また頑張ってくださいな。
オレ、次のW杯には・・・・とんでもない年齢じゃ・・・・(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

初めてのチュウ!

・・・って、今日キッスを誰かと、しかも初めてしたわけじゃないです。恐ろしいよね、こんな年になって「いや、オレキスするの初めてなんだ」ってーのは。なんでこんな話を書いているのかというと、取引先で恋愛話になっちゃってね。
「あれ、キミ独身なんだっけー?・・・ああ、訳ありね(笑)」
なんてー会話になったわけだ。余計なお世話なんだけど、まあ事実だから致し方ない。
「じゃあ、不自由してるんじゃないの?はっはっはー」
「えー、まー、その・・・そうですねぇ」
余計なお世話なんだけど、まあ事実だから致し方ない。

で、突然・・・
「じゃあ、チュウなんかしてないよなぁ?久しく・・・」
ハァ?普通チュウじゃなくてセックスとか聞かんか?
余計なお世話なんだけど、意外な投げかけにコケる。
「あのな、女はね、本当に好きな男としかチュウはしないんだよ。その、Hは(作者注:Hじゃなくてもう少しいやらしい表現でしたがあえて人格を尊重し言葉を置き換えました)させても惚れた男としかチュウはせんのよね、チュウは」
まあ、確かにそういう話はよく聞く。でも今時の女性って「チュウ(つーか、キスね)」は好きな男とじゃなくても勢いとか、様々な事情でするんちゃいます?挨拶代わりとかさ。まあ、ディープなヤツはどうかわからんけど、どうなんでしょうかね。
私は女心がまったくわからないダメな男なのでモテないわけですが、女性が男に惚れるメカニズムなんか一生わからないと思う。わかったって個人差が激しく違うのだからどうにもならんでしょ。恋愛って経験値が大切なものなのは事実だが、経験値があてにならんのも恋愛じゃないかと思うのであります。
しかし「チュウ」って言葉はなんか可愛くていいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

善き日。

Dscf5273いつもの日常が朝から全開。今日は某カルチャー教室の日なので、テキストの製作などに午前中は追われる。正しくは平行していくつもの仕事を平行しなくてはならないんだけどね。そして今日も「大山」で蕎麦を頂く。おいおい、三日連続かいっ!と誰も突っ込んでくれないので平然と暖簾をくぐる。
「旨い」・・・当たり前だ。噛みしめると甘みと香りがいっぱいに口に広がる歯ごたえのある蕎麦。
食べ終わる頃、一人のお客さんが入ってくる・・・「ええっ!」誰あろう、昨日ここをご紹介した某Nさんではないですか。「いやぁ、この蕎麦が気に入って・・・また来ちゃった」とのこと。いやはや、Nさんはかなりのこだわりを持つ大人なのだが、さすがでございました。
そして今日は岐阜へ旅行へ行った方からお土産を頂いた。ありがたや。岐阜の銘菓「登り鮎」とチョロQバス。岐阜の美濃市には有名なチョロQショップ「Q企画」さんがあり、わざわざ私のために訪問して頂いたのだった。うーん、涙、涙でございます。旧名鉄美濃駅をそのままお店にしたQ企画さんの店へは一度行ってみたかったんですよ。
しかも夜に支社長からお達しが・・・え?ホント?・・・ワシが?・・・素晴らしき日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

日記。

Dscfbus1朝、会社でお店向けの提案書を完成させる。昨夜残業で作成したものの、昨夜布団に入ってから「ああ、アソコはだめだ」と手直しすべく今朝やり直しプロジェクトチームへ手渡す。支社長のOKが出れば実行。
再び別のプロジェクトの打ち合わせ、実行へ向けて支社長のGOサインを頂く。また忙しくなっちゃうかもしれないけど仕事は楽しく過激に(笑)。
昼前、取引先の某N社長へ電話「飯、一緒に食いましょう!」と強引に押しかけお迎えに。もちろん、大山の蕎麦を食べて欲しいので誘い出してしまう。その後お気に入りの喫茶店「宮田屋」で旨いコーヒーを飲んで仕事の話一割、残りは趣味話に終始。やっぱり大山の蕎麦は絶品、至福、満腹。
午後、苫小牧へ出かけお仕事。夜、戻って後始末。家へ帰り飯を食ってブログを更新。色っぽい話の一つもなく一日を終える。日記らしい日記を書き上げることは面白いもんだなー。
画像は夏にお目見えする屋根がないバス。東京では有名らしいが北海道ではお初。日の丸交通と北都交通のコラボで実現したようだけど冬はどないすんねん?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

打つべし、打つべし!

・・・ってテポドンじゃないよ。日々キーボードを叩く、打つ私のことだよ。
最近時事ネタが少ないね、とのご指摘あり。そう、今から4年前はまだブログがない時代には日記で言いたい放題の私。その後歴史的名作(爆)「金豚様の憂鬱」という処女小説を連載し、そこそこ好評でした。あれから時代も変わりブログ形式になってからは更新停止中の我がホームページに成り代わって個人的な雑感やら日記、趣味の話まで幅広く書きつづっておりました。そのため今では時事ネタが減ってしまったんですね。
まあ、時事ネタに関しては様々な方がスルドイ切り口で日々コラムをあちこちのブログで語っているので私が書き綴ることもないかな、と遠慮したり。
でも毎日書きたいことはある。鬼母による虐待やら殺人、親を殺す餓鬼・・・死んどらー社の殺人エレベータやら・・・毎日ネタはいっぱいありますもんね。しかしエレベータのトラブルが日々報道されていると「最近トラブルが多いね」と思われがちだがエレベータのトラブルなんか毎日のようにあちこちで起こっているはず。「旬のネタ」だからマスコミが飛びついているに過ぎない。JALのトラブルみたいなものじゃないかな。エレベータも乗り物であることをあらためて感じちゃう昨今。ワシも会社のエレベータに腕を挟まれスッゲー痛かった。しかもみんなに笑われて・・・
でも、乗り物にはマニアが付き物だけどエレベータやエスカレータマニアっているんだろうか?そーゆー雑誌もないよね?
「新型見参!威風堂々!東芝エレベータの魅力を語る」とか「乗ってみた!かっこいいぞ、最新エスカレータ」なんて雑誌の見出しが踊っていたら少し興味あるかもだわ。そういうマニアのことを『お昇りさん』と呼んだり(爆)。マニアがエスカレータの写真撮影したり、新規オープンのビルのエレベータ初乗りの為に徹夜したりしたら・・・ヤダな。いや、誰もが挑んでいない世界へ踏み出すことが「世界一のマニアへの道ではないか」
よし、やるぞ!目指せお昇りさん!!仲間募集中!!
まずはココを見てお勉強だ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

・・・ふらふら(笑)

ピッチの上で終了のホイッスルが響き渡った瞬間、私の全身の力が抜けてしまい思わず失禁(ウソ)。いやそれだけチカラが入っていたものと思われ。勝てる試合だったよなぁ・・・川口の気迫で止めたPKを生かして欲しかったですね。
なんて傍観者の自分は言うことだけは勝手ですまんのだけど。ブラジルか・・・・勝てないわな。
いや、ワシがやるわけじゃなんだもんどうにかなるかもしれん。サッカーは笛が鳴るまでわからんのよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

ホンマにネタ切れマジギレ。

いえ、キレてないです。(爆)
なんとなく何もする気が起きないような気が抜けたような休日。することはあるので、それなりに走っちゃいるんですけど。何をやってもうまく行かない日ってあるもんです<結構多い(笑)

長い人生も折り返しを過ぎて焦ることもなくスローな生活を切望し、マイペースを崩したくないハズなのだが立場的にはどんどんケツを叩かれている。こう見えて案外体力的には大丈夫なんだけど、やや体調のリズムが波高し。私の原動力になっているのは様々な趣味にあるんだけど、ここ最近はミニカーを買う資金もないし未だに東北旅三昧の文字通りツケが凄くてクレジットカードの明細を見ては倒れる毎日なのであった。

それでもやっぱり好きなモノは好きだ。やめられるかっ!やめたら私じゃなくなるのだ。それでも「そんなアナタが好きよっ」って思う人が・・・・・・・・居るわけがない・・・・・感涙。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ネタなし。

自分にとって、ここのところ平穏な日々が続いているような気がするのは気のせいでした。それなりにいろいろあるんですけど、まあネタになるような話もないのが残念。私にとって悪いことでも笑いが取れればオッケーなんですがね。
今日は留学を終えて帰国し、私の会社のすぐ近くで事務所を開いたNSGさんとランチ。事務所にもお邪魔して中を拝見したのですが、調度品はアンティークやDIYによる手作り品が並んでおり渋い雰囲気。次回はそこでコーヒーなんかご馳走してください(爆)。思えば私の会社の周囲には独立して事務所を構えている方が数名いらっしゃる。うーん、すげぇ・・・ワシもそろそろ・・・って昨日の話と違うやん<いい加減な奴

そうそう、今日会社で言われたこと。
「オマエさあ、メイド喫茶とか行ったことあるの?」
「・・・・あのね、そーゆートコ興味ないの」
「ええっ?そうなの・・・・」

なんだかワシ、世間で言うヲタクだと思われているフシがある。ロリータ系も美少女系もアニメもフィギュアも興味ないんですけど。まあ、確かに一般人の皆様からすればマニアックな趣味を色々持っていると『勘違い』されているariariですがロリより熟女(爆)フィギュアより実物がいいです。

話がまとまらないネタ切れな私を責めないでっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

消えゆく老舗。

本日二発目。soramiさんこと、ウリュウ君のところでも紹介されていますが札幌にある老舗の写真屋さん「ソヤマ」がこのたび閉店しました。「デジタルプリントを自家処理せず、銀塩写真の良さにこだわったまま店を閉めたい」というコメントで。
胸が締め付けられるような思いでこの話を聞きました。世間一般の方がデジタルカメラ一辺倒になるのは致し方ないし、そのおかげでたくさんの方が写真を愉しむ機会は増えたと思います。その一方で今まで通りフィルムを使っていた方にはこうした写真屋さんの閉店は残念に感じている方も多いでしょう。
写真は自分でプリント出来る時代ですがやっぱり人に任せた方が気が楽です。一生懸命お客さんのために頑張っている写真屋さんもたくさんありますが、実際は「もうギリギリ。やめたい」と思っているお店が多いのも事実。私たちの仕事はそういうお店のために頑張って一緒にこれからのことを考えています。そのためにお店向けの提案、セミナー、様々な商材の紹介などを行っています。そして一般の方が写真を愉しんでもらえるような企画を日々練っているんです。明日もその打ち合わせでびっしり。
私たちの会社のことを自慢しているわけじゃなくて、写真のことをこんなに真剣に考えているスタッフが大勢居て、そんな仲間と議論を重ねているのも写真という文化を守るためです。デジタルだ、フィルムだ、ということではなく「写真の重み」を伝えたい。どんどん社員は減ってゆくかもしれないけど、みんな「最後の一人になっても守る」という気持ちでやっています。私たちの戦いはこれからですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我が人生に食いあり。

Dscf5882本日もほとんど外出。昼飯はそこそこ話題の店へ行く。が・・・空いている・・・・フジテレビ系「VVV6」のスペシャルで放映されたラーメン屋だろ?ま、いいか。とりあえず塩をオーダーするが、今ひとつやる気のなさそうなお兄さん(若作りのオヤジという線もアリ)。出てきたラーメンも・・・
『ニンニクくせ〜〜〜〜〜!』
オレってお客さんとこ行くんですけど。味は・・・細麺でラードたっぷりで、まあまったり系。悪くないけどまた食いたくなる店じゃなし。案の定口の中にはイヤな後味が残り、フリスク攻撃でしのいでいたけど仕事を終えてもまだニンニクくせ〜〜〜〜!こういう場合は、目には目を、ラーメンにはラーメンだ。そんなわけで、夜はエースコックの担担麺・・・カップかよ!!・・・食い過ぎ。ラーメンは当分封印だ。なにせお気に入りだった平成軒が突如閉店しちゃったという衝撃的なニュースが入ったからなあ(泣)。これで私が好きなラーメン屋は小樽「初代」だけになっちまった・・・しくしく。(どーでもいいけど画像との関係は?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

やっちまったい。

Dscf5885かねてから「欲しいよー」と言っていた物がきた。正しくは土曜に購入したもの。Nikon FM3Aは最後のリアルなMFニコンと言えるでしょう。今年の三月に生産を終えて市場からあっという間に姿を消したため一時はプレミアがついちゃったみたい。今も新品は入手がほぼ不可能で中古に至っては絶望的。まあ、そのうち出るでしょ、と思って待っていました。中古で安かったのもあって即決したけどほぼ未使用でよーく見たらストラップを一度使用した形跡はあった。
思えば4年前に飛行機を撮影するためにF5を入手、そのため手持ちのカメラをずいぶん手放した中にFM2Nがあったので後悔していたけど、FM3Aの発売を知って「いつか買おう」と言っているうちに消えた。旅に持ってゆく一眼レフとすればFM2の存在はとーっても大きかったんでやっとこれで旅カメラが充実。28mmを一本付けてなにげに撮影するのが似合うんじゃないかと。ファインダーはあのFEとほぼ同じ。思えばFM~FE~FM2Nと使ってきたので自分にしっくりするカメラなんであります。昔を思い出してスローな写真生活になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

・・・・・・・・・・

ここんとこ先週から送別会、飲み会で朝を迎えるほどのスケジュール、残業などですっかり更新が遅れました。って誰も気にしていないか(笑)。

さて・・・・・・・・・・・と。
私は別にサッカーに命をかけているわけじゃないし日本代表選手に人生を預けているわけでもない。だからたとえ負けたって私の明日が左右されることもない。
けどね、一言言わせて。

『ゴルァ!高原ぁ!アソコで柳沢にパスはねぇべ!しかも二回も!!ヴォケ!』

ったく自分で打たんかぃ!!

前回の2002年の大会はとにかく最後までボールに食らいついただろうよ、鈴木が見せたあの執念のゴール、中田のヘッド、とにかく気迫があったんだ。でも今回はどうか。何か足りないな。

私の人生同様、決定力不足のようでございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

まいったなあぁ

某デジカメ新製品Z3のテスト撮影をして自宅のパソコンで見ようと思ったら・・・エラー。
うわ、またかよっ(泣)。見事データ吹っ飛びました・・・・_| ̄|○
はぁ〜〜〜せっかく撮ったのに。やっぱMacは怖い・・・・
今日は何もする気が起きない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

なんかいいひととき。

Dscf5271_1画像は『イオン限定トミカ・スプリンタートレノ(AE86)』とお団子。この二つの関連性はなにかと言われると話は少々長くなる。このイオン限定トミカは二年間に渡って発売され続けた標識付きオリジナルトミカが終了し、次世代のイオン限定トミカとしてスタートしたモノ。なんと5/20に発売されていたもので、気が付かず大慌てで探したモノだ。自宅付近の苗穂店には在庫なし、続いて元町店にもなし。桑園店に泣きながら(ウソ)駆け込んでみるとやっぱりない。そりゃもう発売以来結構な時間が経っているので「ヤバイ」と思ったら小さな張り紙が。
「オリジナルトレノトミカをお求めのお客様は係員へ申しつけ下さい」
うぎゅ?・・・係員を捕まえて「これありますか?」「はい」・・・・号泣(ウソ)。
満面の笑みを浮かべ晩飯を買いに一階へ下りると催事で旨そうな団子が売っていたのでおじさんに「コレ二本ください」と言うと「おおきに!」の声。あれ?関西から??聞いてみたら「京都から来ました」とのこと。へ〜京都の和菓子催事だったんだ。でも、スーパーなんかでは地元のバイトが売っているケースが多いと思ったのだけどその店からわざわざ販売応援にやってきたようだ。けして単価が高い訳じゃないのに札幌まで・・・
おじさんの温かい声に「ありがとうございました」と一礼。食事の後に頂きましたが、とても柔らかく美味しい団子でした。なんだか嬉しいひととき・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

もいわ〜

Dscf5982サンプル撮影のため久しぶりに藻岩山へ登った。しかも珍しくロープウェイなんかに乗っちゃって観光客みたいだ。昔は札幌市営だったロープウェイも、今は第三セクターなのだった。山頂では観光客が記念写真を必ず撮影しているけどあちこちから声が上がっている・・・
『あっれ〜〜写ってない〜』とか『夜景モードにしなくっちゃ・・・あれぇ??』
残念ながら山からの夜景をバックに記念撮影してまともに写るカメラはほとんどないだろう。夜景モードを使うとほとんどのカメラはシャッター速度がほとんど1秒以上のスローになるので手持ちでは無理。もちろんオートでフラッシュ使えば背景は真っ暗だ。そのためあちこちから「がっかり」の声が上がる。函館山でもそうだったなあ。まあ、一般的なデジカメでは仕方がないんだけど、ちゃんと写らないとせっかくの想い出が台無しだ。
で、人物を入れない夜景は・・・これまた手持ちではほぼ無理。でも、手持ちで夜景がビシッと写るカメラもある。デジカメはちゃんと確かめて買わないと本当にヤバイ。カ○オとか売れているけど、カメラとしてはかなりヒドイもんね。
しかし山頂はかなり寒かったのだ・・・震える手で撮影しても写る!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

空振りなのだ。

新機種のサンプルを撮影すべく午後から出かけたのだが、毎度の百合が原公園・・・春の花は散り、夏の花はまだ咲かずまるで原野のように緑の葉だけが生い茂る。あれ・・・外しちゃった?
トボトボ歩いていると突然プロップ音が響き渡る。ダッシュ8すずらん、が丘珠空港RW14目指して舞い降りてきた。YS-11ならば遠くからでも大きな独特の音でわかるんだけど、ダッシュ8は静かなので気が付いたときには遅い。通常マニアの皆さんはカラフルな花模様の機体に合わせてここ百合が原で咲き誇る花を絡めて撮影されているようだが、私は成功したことがない(爆)。今日も・・・葉っぱしかないよぉ。

でもいい。今日は別なところで咲き誇る素敵な花をいっぱい拝むことが出来たから。ふふん♪

さて・・・世の中は激動の時代かな。金を生み出す仕組みが安仕掛というかむなしいというか。村上サンもタイーホでチョン。株取引だけが悪いわけじゃないけど「企業は株主のため」と豪語していた人の末路ってあんなもんだ。企業は人のため、お客のため、そして働く人がいて成り立つ。金儲けの道具だけじゃないもんね。
ホリエモンといい、村上サンといい検察庁もなかなかやるときはヤル。でもね、裏には絶対に政治家が絡んでいるはずなんだよね。でも誰にも捜査の手が及んでいないのはどうしてかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

むちゃくちゃに・・・

Dscf0159走りたくなることってないですか?もちろん自分の脚ではなくクルマで、のお話。それもぶっ飛ばすんじゃなくてユルく走る。トロトロじゃなくて流れに任せる感じでね。
出張を終えて金曜はさっさと寝ちまったんだけど昨日〜今日にかけて本年度初のキャンプを敢行。まだ寒いのでコテージでね。5月末で希望退職により会社のキャンプ仲間が一名辞めてしまったので送別キャンプだったのです。ちょっと寂しい。
で、今日の昼には家に戻ったのだが今回は運転しなかったんで、なんだか走り足りない気分。なにせさわやかな天気じゃ!とさっきキャンプへ行った当別付近まで走り、石狩〜望来(厚田)まで足を伸ばす。うーん、海はいいねぇ、と一服した後に友人を誘って今度は千歳空港まで走る。うーん、走り足りないからってなんだかね。結局200kmほどのドライブをやってきました。残念ながら今日の空港は夕日が落ちず画像は先日撮影したモノを貼ります。ズルイよね・・・しかし今日のベリーサくんリッター15.6キロ走りました。いいじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

花金。

世間では花金(死語に近いと思うぞ)らしいが、出張を終えて戻ってヘトヘトな私、寝るしかないでしょー。やっぱり金曜日は嬉しい。夜更かしが出来る(はず)だし、何も予定がなくてもなんだかワクワクしてしまうのだ。たとえ期待して待っていてデートの誘いなんか(やっぱり)来なくてもだ。
そう、休みはイイのだ。日曜のサザエさんが終わるまでは、だけどね。だから今夜はひたすら自分のためだけに楽しむんだ、と決めつつ眠いので寝る。(なんなんだー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

今日から・・・

Dscf59326月ですね。いよいよ今年も半分が過ぎようとしているなんてウッソーみたいです。やだね。んでもって駐車違反の取り締まり強化だそうで。ええ、いいんですよ、はい。どんどんおやりなさい「公平に」ね。
札幌市内中心部、某ホテルの前で会合に出席すべく黒塗りのクルマが道路を占拠し運転手はエンジンをかけっぱなしで待機。ね、センセイたちよ、まずはあなた方の襟を正してちょうだい。路肩のない某北2条通り、迷惑なんだわ。環境にも優しくない大排気量車がアイドリングストップせずに並ぶ光景はおかしくありませんか?
警察も駐車違反取り締まりにパトカーなんか使わずに自転車で来なさい。中央署なんか「すぐそば」じゃない。ガソリンの無駄。おまけにあんたらのクルマも邪魔。
世の正義は建前のためにあるんじゃないよ。
画像は無関係だが、旭川の繁華街にいた猫。近くに寄れば逃げちゃう・・・かわいい。女も猫みたいなもんかもしれんのう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »