« ううむ.... | トップページ | 今夜も月が見てる。 »

2006年5月14日 (日)

Red moonlight night.

Dsc00062昨夜はここ数十年ぶりの出来事、なんと『土曜の夜なのに0時前に寝ちゃった』事件勃発。あり得ない話である。平日でさえ0時前に寝ることは滅多にないのに休みの前でこんなことがあっていいのだろうか?あまりの眠さに倒れるように寝ちゃったものよ。おかげで今朝は早く・・・起きたわけでもなくすっかり寝過ぎ。それでも今日も眠い。おまけに寝起きに背中の筋を痛めてしまいかなりヤバイ。お昼に仕事を少しだけしてその後はいつもの銭函へ出向く。久しぶりに会う友人の悩みを聞きつつ帰りは赤い月が出ている道を走る。
私は太陽よりも月が好き。月は神秘的だ。それゆえ『赤い月夜』は何かが起こりそうで不思議な気持ちになるのだ。満月に近い大きく見える登りたての赤い月、漆黒の夜を怪しく照らす。月に願いをかけるならこんな夜に限る。残念ながら運転している間に徐々に赤みが薄らいでしまったので撮影ができなかったけどこんな夜はワインなんかを飲みながらベランダに出て夜風を楽しむなんていいのかもしれないが、我が家にはベランダもないし一階なので夜景を楽しむこともできない。家で酒を飲むことはないけど、ワインを一本開けてみようかと思った。
そんな夜はココのサイトを見ながら・・・

|

« ううむ.... | トップページ | 今夜も月が見てる。 »

コメント

師匠、どもです。
私は、社内のトラブルで最悪の週末を送っております。
銭函の隠れ家は楽しそうですな。
昔は、西18条の可否茶館(今はもうないらしい)に通っていた自分としては、赤い月夜の話しは、じんときます。
そのまま、最果ての港まで一気に走りたい衝動にかられます。

投稿: えみーるぞら | 2006年5月15日 (月) 00:27

>ぞらさん
可否茶館はあちこちにまだありますよ。
赤い月夜は本当にじーん、と胸を打つものがあります。なぜでしょうか。
一気にグランドツーリングしちゃってくださいな。男は走れ、どこまでも。

ベリーサに乗り換えたらそんなブルースが似合わなくなっちゃった・・・
やっぱりボロ車じゃないとね。

投稿: ariari@会社 | 2006年5月15日 (月) 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/10070362

この記事へのトラックバック一覧です: Red moonlight night.:

« ううむ.... | トップページ | 今夜も月が見てる。 »