« わしゃ狸か。 | トップページ | こんな偶然(笑)。 »

2006年5月17日 (水)

本気モード。

ここ最近、ずっと写真三昧でした。GWから始まって久しぶりの写真本気勝負。いつもはお手軽写真でお茶を濁していましたが、ちゃんと気合いを入れればそれなりに撮れるモノです。なにせデジタルカメラに関しては撮影面でも、技術的なことでもあちこちで講師をやるようになって『恥ずかしい写真を見せられない』立場になってしまったからです。我が社には私のような立場の人がたくさんいるので、一般ユーザーにもちゃんと写真の話が出来るわけです。いや、そうじゃないと困るんですね。カメラに詳しいヒトはカメラメーカーなんかには多くいるでしょうが写真の話ができるか、というとそうじゃないです。やはり私たちは本気で写真文化を守り育てる義務感が強いんです。なんでこんな話を書いたか・・・いよいよこの写真業界はきな臭い動きが活発化し始めました。コニカミノルタという希有な会社が写真をやめちゃって、ニコンもああいう状況。実は他の会社からもフィルムカメラの新製品が出ることはもうないでしょう。
そしてコダックが日本法人をどうするのかわかりませんが、(株)樫村がコダックの日本総代理店になります。樫村は長い間富士フイルムの販売代理店でしたが、富士フイルムの販売組織一本化により4つの特約店は事実上2つになり、今では富士フイルムの製品をほとんど扱っていないんです。その昔長瀬商会がコダックの代理店でしたが、そんな感じになってしまうようです。そうなればコダックは日本に法人を置く必要がなくなるんじゃないかな。そしていずれは日本市場からの撤退、感材縮小というのが目に見えてきます。あくまで想像ですけれどそんな気がしてなりません。あの三菱製紙が白黒印画紙最後の砦「GEKKO(月光)」を生産中止し、モノクロ写真文化にも大きな影響を与えました。
今、本当に写真が危ないんです。今年、まだ一波乱ありそうですが、本当に写真のよさを本気で伝えてゆかないと取り返しの付かないことになるかもしれません・・・

|

« わしゃ狸か。 | トップページ | こんな偶然(笑)。 »

コメント

きのうの道新に、大丸セントラルの中の「カメラのソヤマ」さんが閉店というニュースがありましたね。ご主人の「銀塩には奥行きがあって、デジカメの平板さとは比べ物にならない」、そして「デジカメプリントをやらず、銀塩の良さにこだわったまま店をたたみたい」という言葉が身にしみます。
街から写真屋さんが消えていくことも、メーカーがなくなるのと同じくらいの一大事。
撮る立場ばかりでなく、作る、売る、焼く立場……、銀塩であれデジタルであれ、一枚の写真にどこまで本気で向かい合えるかということを、考えさせられます。

「写真の話をしよう。」……これ、キャッチフレーズになりうる言葉だと思います。
一枚の写真から始まるコミュニケーション、決してなくしてはならないものです。

投稿: sorami | 2006年5月18日 (木) 11:28

デジタルという「便利さ」という言葉の陰に「銀塩」というひとつの文化がいともたやすく葬り去られようとしているようにも感じます。

最近の日本、技術革新・便利ということばかりが追及されて、大事な根幹の部分を軽視・無視する風潮が強いような。。。

ただ、デジタルが銀塩のとき以上に広い範囲の人に写真を撮るという意識を与えるようになったのも事実でしょうし、それぞれの文化を大事にしなければいけないのです。

投稿: BARON | 2006年5月18日 (木) 12:13

>soramiさん
ソヤマさんが閉店....本店はとっくに閉めちゃったんですが、札幌でも数少ないマニアックなカメラ店でしたからね。嫌気がさしちゃったんでしょうねぇ。
写真屋さんと呼べる本当に写真文化を守っている店がどんどん減ってゆきます。もの凄く哀しい。でも、まだ今なら間に合うはず....真剣に頑張っている店を応援すべく日々格闘していますよ。

>BARONさん
私の職務は8割がデジタル絡みなのでデジタルを否定しませんし、時代に合う提案をするのが私たちの仕事であります。
デジタルから写真の楽しみを知ってどんどん広がることは歓迎すべきことです。ただし、家電メーカーに引っかき回されていることだけは打開しないとマジで文化までやられちゃいますからねぇ・・・正念場なのです。しばらく花巻もお預けです。

投稿: ariari | 2006年5月19日 (金) 01:27

アナログオーディオが生き残っているように、
銀塩も死滅することはない、とは思います。
しかしながら、わたしの仕事も100%デジタル。
やっぱ、大きなビジネスとして過去の隆盛を取り戻すことは、もうないんだろうな。

投稿: tati | 2006年5月19日 (金) 09:51

tatiどの
そう、もう二度とアナログ写真が勢いを放つことはないでしょう。
でも昔ながらの写真が見直される時代がきっと来ると思いますよ。
インクジェットプリントを否定する訳じゃないのですが、キヤノン、エプソンの二大ブランドだけが牛耳る世界もちょっとおかしいし。

投稿: ariari | 2006年5月21日 (日) 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/10118960

この記事へのトラックバック一覧です: 本気モード。:

« わしゃ狸か。 | トップページ | こんな偶然(笑)。 »