« さらば! | トップページ | やっぱりオチが付く。 »

2006年5月 5日 (金)

2006春・桜紀行

5/5夜、無事に帰還しました。昨年のリベンジが果たせてよかったです。しかし昨年の思いがけない(バカな)怪我から一年なんてびっくりするほど早いものです。年の経つのがこんなに早くなるなんてどうなんでしょ。


Dscf5325まずは4/30秋田へ到着後、八郎潟にある大潟村の菜の花ロードへ。ここ毎年訪れるスポットで道路の両端を桜と菜の花が埋め尽くす素晴らしい道。今年は菜の花がちょっと遅いみたいだけど、さわやかな天気と相まってとっても気持ちのいい景色です。一人で見るのは寂しい桜の筆頭。





Dscf5344大潟村を後にして向かった先は角館の桜。今年はちょっと遅いみたいで、武家屋敷も堰堤もまだ見頃には早かったのが残念。それでも観光客はスゴイ人・・・バスがドカドカ入ってきます。実は観光客向けの駐車場はどこも満杯になってしまうので、少し歩くけど穴場があるのです。有限会社川村自動車工業という整備工場があり、けっこう大きい会社なんですが毎年GW期間中は会社がお休みなので敷地を無料で開放しているのです。今年も置かせて頂きました。「角館へようこそ:無料駐車場」と書いた看板が嬉しい。意外に知られていないのか、置いてあるクルマも少なかったです。またお世話になります〜ありがとうございました。
角館も市町村合併で仙北市になりましたが、やっぱり角館という地名じゃないとね。しだれ桜は本当にお見事です。色合いも心そそるピンク・・・良い色です。

Dscf5357_15/1は小岩井農場へ向かったのですがアウト。全然咲いていなくてがっかり。でも、花巻市内にこんないいところがありました。名所ばかりではなく地味だけどイイ桜はあっちこっちにあるものです。ここは地域のコミュニケーションセンター、というか寄り合い所?廃車のバスが集会場になっており、そこまでの小道に桜が数本並んでいました。なんとなくホッとするようなひっそりした感じがいいのです。バスも手で塗り直してあったけど、中にはガスも水道も引かれておりました。うーん、住めるかもしれない。


Dscf5370小岩井農場がダメだったので気を取り直して盛岡市内へ。岩手公園や石割桜を見に行きました。石割桜はすでにアップしたけど、裏側はこんな感じ。でも本当に観光客がスゴイのでなかなか良いポジションを取りながら撮影するのは難しい・・・特におばちゃんもおっさんもカメラの前を平気で横切るからね。自分もカメラを持っているんだから気が付けよ、って感じだ。ここでも「シャッター押してもらえますか?」とあちこちで声を掛けられる。はいはい、押しますよー。その代わり私のもお願い〜ってな感じでした。


Dscf53965/2は中尊寺へ行ったけど、一部の桜は終わっていました。さすが県南です。でも、本堂の桜はまだ大丈夫でした。本堂にある鐘がお昼に鳴ります・・・この音を聞くとなんだか厳かな気分。なんだかいつも来ている中尊寺だけど季節によって印象がずいぶん変わるのがここの良いところ。





Dscf54535/3は盛岡市内散策の日。帰りがけ、市民憩いの場であらせられる高松の池に寄る。夕方になっても人は多く(ほとんどがカップル。しかもやや恥ずいカップル多し<ひがみもあります)やっぱりみんな桜が好きなのねーと一人うなずく。そう、ワシも好きなのだ桜が。


Dscf54695/4は岩手を後にする。とにかく渋滞を避けて行かないと大変な一日でございました。小岩井農場付近の渋滞は言葉に出来ないほどひどかった。その手前、裏道でこんな光景をみつけたのです。お休みの日、なのに農業に関わる方は好天の一日を大事に使って仕事をしているんですね。もうすぐ田植えなのでしょう。こうして岩手山と桜を背負って黙々とトラクターを駆って地ならしの一日なのかな。美味しいお米のために汗水流して頑張る方に頭が下がります。


Dscf5554そして夜遅くに弘前城公園へ到着。夜桜は本当に美しかったです。まさに満開、見事でした。弘前の桜は東京以北最高の景色だと言われているのがわかりますね。いつも行くけどタイミングが難しいので、今回は本当にドンピシャでした。昨年立ち寄るのを断念したので今年こそ、の思いが伝わったかな。
お堀の中に反射する桜もいい感じです。今回はカメラ三台駆使して撮影に挑みました。正しく言えば携帯のカメラもあるのですが、旅の途中で更新したのも携帯のデジカメです。(5/3の鉄道のは違うけど)最近の携帯はいいですねー、さすが某社のスーパーCCDハニカム(笑)。その他の今日の画像を含めてすべて今月末に発売されるFinePix F30で撮影しましたが、暗所に強いだけじゃなく色調や階調も今までのデジタルカメラとは違い、なんだか一皮むけた画質でした。デジカメって派手な色調という印象が強いけど、肉眼に近く、かつ繊細な画像は格段の進化を遂げたなあと思いました。
しかし夜桜の撮影は難しいね。あちこちで「写ってない〜」とか「ヘンなものが写っている〜(フラッシュ使ってホコリが舞っているのが写っている。まるで霊魂のように。。。)」とか言う声が上がっており、すぐ近くにいる人には声を掛けて上げてちゃんと写るように教えて上げました(爆)。
旅の雑感はまた明日ね。

Dscf5559

|

« さらば! | トップページ | やっぱりオチが付く。 »

コメント

いいみたいすね、FInePix。
話しによると、かなり起動も早くなったとか。
いま愛用してるIXYを嫁さんにあげて、
わしも買おうかなぁ…。
…といいつつ、ROADSTERの予想外の修理で出費が嵩んでますんで、
しばらくは無理かも。

投稿: tati | 2006年5月 6日 (土) 11:25

大丈夫か?いちおう心配はしているけど・・・弘前の桜は最高だと私も思う、歩いていると桜の香りを感じる場所などそうは無いかと思う。岩手山とトラクターの写真も良いね、春を感じますよ。

投稿: keigo | 2006年5月 6日 (土) 23:41

>tatiさん
F30マジいいです。あんなに良いカメラだったとは自分でも驚きです。いや、自分でも太鼓判で人に勧められる機種は意外に少ないんだけども・・・
まあ、ロードスターの修理代も大変でしょうが(笑)。

>keigoさん
ご心配をお掛けしました。弘前の桜、相変わらずいいですね。夜の方が風情を感じました。
今回はいきなりでしたが、夏も秋田入りしますんでそのときは宜しくです。
(今回も職場の前を通過しました・・・もちろんお休みでしたが)

投稿: ariari | 2006年5月 7日 (日) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/9918871

この記事へのトラックバック一覧です: 2006春・桜紀行:

« さらば! | トップページ | やっぱりオチが付く。 »