« 台北雑感。。。 | トップページ | 写真文化を守るために。 »

2006年1月21日 (土)

浴帽天国だ!台北浴帽!

SC00001さあ、みなさんお待ちかねの「シャワーキャップ」のお披露目だよ♪
台北市内をかけずり回って様々なコレクションをしてきました。いやー、スゴイ。ある、ある、ある。最近は日本でもあまり笑えるシャワーキャップが入手出来なくなってきたので思いっきり楽しませて頂きました。
この画像はワイヤーで型を整えてあるシャワーキャップ。左側二枚がビニール製でイラストが小島功風でなかなかよろし。右側の二枚はナイロン製でカラフルでいかにも中華民国!って感じだ。実はもっとたくさん種類があったんだけどとてもじゃないが全部というわけには・・・でも、10元ショップなので一個38円ほど。


SC0001さあ、ここからがバラエティに富んで楽しい浴帽。中国娘風の写真が光る上段左はピンクの派手な花柄がたいわーん!(いみふめ)その右側は使い捨て風の色違い水玉が三枚入ったお買い得。これまたイラストがアジアンガール。そしてさらに右側の二枚が問題だ。外人さんがキャップを被った画像があるのだがどうもどこかの画像を流用しているのだろう。画像加工してキャップをあとで合成したものであろう。どちらも三枚セットでお買い得なのだが。上段一番右側は紙製で、しかも折り畳んである。画像はなかなかイカス!そして問題なのは下段の二つ。これはスゴイ顔・・・そのパッケージを裏返すと・・・


SC0002キタ━━━(?´∀`)・ω・)?゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!
まいった。さすが、だ。想定外の着物姿にジャパニーズを意識してありがとう台湾!
まあ、そもそも台湾で売られている雑貨には意味不明に日本語を使っているケースは多々あるのだけど日本風の画像というのは珍しい。

SC0003上段は日本のキャラもの。キキララ、おじゃ魔女どれみ、ちびまる子ちゃん・・・でも日本のパッケージじゃないね。一応版権はクリアしているように見えるが真相は定かではない。ここ台湾でも100円ショップに似た形態の店は多いのですが日本のものもある。特にサンリオものは人気みたいだ。こっちじゃキティが大人でもブレークしちゃってますんで。


SC0004さらに続けますよー。上段左は新光三越で購入で今回一番高価なシャワーキャップ。なんと229元ということは日本製のものより高いかも。さすが百貨店。一番右の大きなパッケージは・・・意味がわからんのだ。なぜならばシャワーキャップとエプロンがセットになっているのである。エプロンは安っぽい綿生地のもので、シャワーキャップにどんな関連があるのか引き続き調査が必要ではないかと思われる逸品だ。
問題はさらに続く・・・・・上段真ん中のパッケージなんだけど・・・スゴイ日本語でもう笑った笑った。

SC0006まず「どゆう」・・・・ってなんじゃらほい。「これはおじよんのおみやげ」・・・・・おじよん、ってお嬢か?まあ、シャワーキャップをおみやげにしてもなあ。下の方の文字もイケてます。
「ゆラりよラひん」・・・・優良品、と書きたかったのだろう。「しんよラのマーク」信用のマークだろう。裏は割愛するが「タルマ湯でま々洗いしてください。アイロソは・・・」と書いてあった。意味がわからん。ヌルマ湯と書きたかったんだろうか。アイロソってアンタは2ちゃんねらーかい!
日本語がパッケージに書いてあると高品質なイメージ、とでも思ってくれているのかもしれないけどちゃんと書いてね!でもだから面白いんでもっとやって〜〜〜!!しかし、こんなに買っちゃった私ってバカ?それとも褒めてくださいますか?台湾くんだりまで行ってこんなことしている私。わずかな滞在でここまでの発掘ができたのは足で稼いだ勝利以外の何物でもないのだ。

|

« 台北雑感。。。 | トップページ | 写真文化を守るために。 »

コメント

ありあり先生すばらしいっ!!!
感動です。よくぞここまでGETされました。
“哈日族”受けする日本語の乱用ですが、
ネタにしか思えない微妙な日本語も
かなりツボを押さえてます(笑)
これぞ「脱帽」です♪

投稿: 空飛ぶクマさん | 2006年1月22日 (日) 01:20

いい刺激をたくさん受けてきた旅でしたね。写真共々楽しませていただいてます。
変な日本語商品、探してみるとネット上にもいろいろパッケージの写真が上がってたりしますけど、「狙ってるだろ!」ってなくらいにおもしろいですよね。

僕も旅先では地元のスーパーや市場に必ず足を運びます。土地柄、お国柄を知るにはこういうところが一番ですね。
今年またロンドンあたりに行ける機会があったらシャワーキャップ買ってきますよ(笑)

投稿: sorami | 2006年1月22日 (日) 01:36

>クマさん
うはは、短い滞在でここまでやったのは快挙ですぅ。
でも、俺なにをしに行ったんだ・・・

>soramiさん
そー、地元のお店が一番楽しいです。観光地もいいけどやっぱりそこでの生活感が分かる場所っていいです。
写真は全然駄目です。治安がわからなくてね。でも、地元の若い人もずいぶんデジタル一眼で撮影していましたねー。
次回はちゃんと撮影しようと思っています。

投稿: ariari | 2006年1月22日 (日) 03:15

出た~!
やっぱ、ariariさん言えばこれです。
めざせ!
インターナショナルなシャワーキャップ収集家!

投稿: たいちょう | 2006年1月23日 (月) 09:02

好久不見了!
めっちゃお久しぶりです。

久しぶりに本館を訪れようとしたら上手く表示されないので
検索エンジンからたどり着きました。
検索キーワードで悩みました・・・。
「カメラ」?「シトロエン」?「ルノー」?「鉄」?「時計」?
いや、やっぱり絞り込むなら
「ありあり」「シャワーキャップ」でしょう!
一発で見つかりました。

いつのまにか、なんと海外まで・・・
シャワーキャップ収集家恐るべしです。
ありありさんのパワーはすばらしい!これからも期待しております。

投稿: ぽちぽち | 2006年2月17日 (金) 15:34

うぎゃー!ぽちぽちさん!(涙)
先日もマジ「どうしているのかなー」と心配していたんです・・・連絡取れないかな~~って。すごく嬉しい。
ぜひ、またよろしくです!

投稿: ariari | 2006年2月18日 (土) 01:46

急に思い出したので書きますが、岩手のあの宿でも「シャワーキャップ」ご利用の方は帳場までとありました。
たぶんただの透明のやつだと思いますが。。。
。。

投稿: めい | 2006年4月17日 (月) 20:35

>めいさん
どもども!そう、浴室にありましたよね。でも、旅館部のフロントまで、って書いてあった。つまり自炊部の人はダメなのだよ(笑)。「藤三旅館」って入っていたらそりゃあゲットしますよ。しかも紺色文字とかオレンジ、赤の色違いがあったらヤバイっしょ?

投稿: ariari | 2006年4月17日 (月) 21:41

>めいさん
どもども!そう、浴室にありましたよね。でも、旅館部のフロントまで、って書いてあった。つまり自炊部の人はダメなのだよ(笑)。「藤三旅館」って入っていたらそりゃあゲットしますよ。しかも紺色文字とかオレンジ、赤の色違いがあったらヤバイっしょ?

投稿: ariari | 2006年4月17日 (月) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/8272137

この記事へのトラックバック一覧です: 浴帽天国だ!台北浴帽!:

« 台北雑感。。。 | トップページ | 写真文化を守るために。 »