« いいぜ!台北!【帰国編(泣)】 | トップページ | 浴帽天国だ!台北浴帽! »

2006年1月20日 (金)

台北雑感。。。

DSCF5029台北に向かったのが一週間前、早いモノです。海外旅行二回目というまだひよっこ、なので文化の違いが楽しくてただキョロキョロしていた馬鹿者でした。台湾全土を見てきた訳じゃないので偉そうなことは言えないが日本が見習わねばならない点が非常に多いと思うのです。
正直言えばアジア、とりわけ韓国や大陸に一度は行ってみたかったのですが台湾はノーマークでした。たぶん韓国、大陸よりもいいんじゃないかって勝手に思います。台北市内は大きな道路はバス専用レーンがあって渋滞知らずだし、交通ルールもあれだけ煩雑なようで、実はきちんとしている。信号無視はないし歩行者も横断歩道のないところをビュンビュン横切ることも実に少ないです。これも違反として厳しく取り締まられるようで、私はこっそり夜の大通りでやっちまいましたが他にやっている人が居なかった・・・反省。また駐輪場(自転車、バイク)には電動自転車用の充電スタンドがさりげなくあったり、公衆トイレのほとんどは清潔だし、買い物では出来る限り袋は持参するようになっている。レジでは必ず「袋はいるか?」聞かれ、他に買い物をしてすでに袋を下げていると勝手にその袋にものを入れてくれる。コンビニではレジ袋は有料なのです。ちゃんと袋にも「捨てないで何度も使おう」と書いてある。環境問題もちゃんと考えているみたいだ。街角のゴミ箱は一般ゴミとリサイクル用に別れているのも当たり前。MRT(地下鉄)も「飲食絶対禁止・ガムもダメ」で、これもきちんとみんな守っている。また夜間には婦女子がホームで列車を待つ場所も指定されており、そこは監視カメラでモニターされて犯罪の抑止効果を発揮しているようだ。
ちょっと前までは後進国というイメージだった台湾だけど、あらゆるインフラが日本より進んでいるような気がするんですよ。今の日本は本当に貧乏な人が住みにくい社会。台湾も貧富の差は広がりつつあるようだけど、金持ちは金持ちなりに、貧乏な人は何も臆することなく暮らせる、そんな国だよね。お金がなくても安く衣食住があり、無理をしていない。若い女性でヴィトンのバックを持っている姿はほとんどない。勿論台湾にも色々問題はあるだろうけど、エネルギッシュに人が暮らす街。国民のことを少しも見ていない政治しかしない日本とは対照的な印象があるなあと思いますね。
短い滞在ですっかり台湾が好きになってしまった。次回はもう少し落ち着いて雑多な街の住人になろうかと思っているのです。

|

« いいぜ!台北!【帰国編(泣)】 | トップページ | 浴帽天国だ!台北浴帽! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/8254561

この記事へのトラックバック一覧です: 台北雑感。。。:

» 人というブランド [たぼ吉の挑戦 ~魂のブログ~]
「ヴィトン」つながりです^^ [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 03:12

« いいぜ!台北!【帰国編(泣)】 | トップページ | 浴帽天国だ!台北浴帽! »