« 街へ・・・ | トップページ | 頑張れ酸ヶ湯温泉! »

2006年1月12日 (木)

さようならニコン....

衝撃的なニュースが入ってきましたよね。もう知っている人も多いと思うけどニコンがフィルムカメラ事業の事実上撤退を決めたようだ。フラッグシップのF6と入門機のFM10だけは残し、大判レンズも引き伸ばし用レンズも生産中止。旧MFニッコールもわずかなラインアップになる見込み。残すだけエライか....この流れは予想以上に早かったなあというか、数年前までフィルムの一眼レフがなくなるなんて思いもしなかった。
他社も事実上生産は止まっているはずで、今後は中古でしか入手ができなくなるだろう。これを受けて中古市場がまだ高値になるのは必至だろうが、フィルムの灯火は消えゆくだけになるのだろうか。実際にフィルムカメラを使用している人(稼働台数)はまだ相当あるんだけどね。良い物が無くなるのは市場性の原理もあるけれどデジタルカメラを使う理由がない人々に対しては極めて哀しい現実だ。
FM3Aなんか買っておこうか悩ましいなあ・・・・良いカメラなのになあ・・・・

|

« 街へ・・・ | トップページ | 頑張れ酸ヶ湯温泉! »

コメント

ニコンよ、お前もか?
って感じでして・・・

決してデジカメ否定する訳ではないのですが、
それぞれの長所・欠点を知って使えばいいと思っていますが
いざ、事実上撤退と言われると残念です。

しかし、FM10を残す事に対してはニコンの心意気を感じます。

投稿: たいちょう | 2006年1月13日 (金) 08:27

遺憾ですよ、イカン!フイルムは遺物になるのか?
私の会社の存亡がかかっている・・・ということだけではなく、写真文化の存亡ともいえます。
アカンですよ、マジ。一度失ったものは戻りません。システムごと消えたら二度と戻せませんからね。

投稿: ariari | 2006年1月13日 (金) 08:36

その昔、貯金全てをはたいて初めて自分で買ったのが当時発表されたばかりのF4SとED300mmF4。嬉しくて嬉しくてあちこち持って走ったことを覚えてます・・・そして自分も今はデジカメ派でありますが、極めて寂しいお話ですね。フィルムならではの世界、デジタルではまだ表現できない世界だってあるはずなのです。うーむ・・・。

投稿: BARON | 2006年1月13日 (金) 22:51

悲しいですね。もっと続けてくれるものだとおもってました。
それに最近NIKONの銀塩MFカメラが好きになったのにますます悲しいです。
私に言わせればデジカメより銀塩の方が画質がきれいだと思います(デジカメを批判してるわけではありません)。

投稿: ari | 2006年2月 2日 (木) 18:20

ariさん(あれ?お初でしたっけ?すみません)こんにちわ。
時代の流れというだけではすまされない出来事で、ショックを受けた方は相当いると思います。
あのS3やSPを復刻させたほどの会社がこうですから。企業としては儲かる方へ資源を集中するのは致し方ないのでしょう。
私に言わせればつまらん画質の家電メーカーのデジカメに翻弄されているのが悔しいです。写真というものが完成された商品なのに媒体であるカメラに手を出す家電メーカーのあまりにもお粗末なカメラ作りにはほとほと呆れます。最新型のS社やC社(キヤノンじゃないよ)のカメラを買いましたがもう腹が立つほどカメラをナメてますからね。

投稿: ariari | 2006年2月 5日 (日) 03:43

NIKONにはまた復刻版として何か出してくれるといいんですが。
電気メーカーのカメラはいまいちですね。カメラはカメラメーカのカメラが一番!ですね。

投稿: ari | 2006年2月 5日 (日) 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/8132982

この記事へのトラックバック一覧です: さようならニコン....:

« 街へ・・・ | トップページ | 頑張れ酸ヶ湯温泉! »