« 記憶、その2。 | トップページ | 記憶、再び、でこれで最後よ。 »

2005年8月17日 (水)

記憶、そして再び。

sapporost18/11の22:00、私は札幌発青森行き「急行はまなす」の車中の人になる。思えばこの休暇中、10日に仕事がなければそのまま東北に14日まで滞在してもいいかと思うほど帰りたくなかった私にとって某B氏の悪魔の誘いは絶好の誘い水だったのだ。しかも「北海道&東日本パス」は一万円で5日間JR北海道とJR東日本のすべての区間で普通列車に乗り放題、しかも急行はまなすもOKならば利用しない手はない。今の期間はこれで旅をするヒトが非常に多いため発車一時間前からホームはすごいヒト。青春18きっぷでははまなすは乗る事ができないからね。そのためか鉄ヲタさんも多かった。うるさくしゃべり続けていたヲタはあとで車掌から注意を受けていたけど(ばく)。思えば30年前の今頃、青函連絡船の並びなんてこんなもんじゃなかったからなあ。桟橋を走った走った。

kanitae751青森に着いた私は時間稼ぎのために蟹田行き津軽線の普通列車に乗る。これE751系つがる、の車両を使っていた。豪華な普通列車だ。運用の合間とはいえ津軽線にE751が走る事は通常ではないわけで貴重かも。蟹田までは行かず折り返し485系3000番台の普通列車で青森へ戻る。これも豪華だ。

4853000_1


その後青森発大館行き快速列車(701系0番台秋田色)に乗り、大館では当然駅弁「鶏めし」を買い込み数分後にはキハ52系で花輪線を旅する。やはりこの景色は最高だ。景色を見ながらの鶏めしはこれまた格別に旨い。
701oodate

kiha52_2

kiha52_1盛岡に着いたら今度はすぐに田沢湖線へ。なぜなら秋田新幹線の合間に走る普通列車、それも701系5000番台に乗ってみたかったから。さすがに標準軌の乗り心地はいい。ああ、これって初めて阪急電車に乗ったとき以来の感動だよ。しかも客は雫石を過ぎると私以外一人だけ。終点で折り返しそのまま盛岡へ戻るわけだが、車掌さんに苦笑される。でも・・・私、マニアじゃないですよ、ホント。

701_5000そんなわけで盛岡から花巻へは701系100番台にて・・・

morioka701_100そーゆーことで・・・一日が終わったわけでした。こんな安いきっぷでこんなに楽しくていいんでしょーか?お盆とはいえ普通列車は空いているので景色を見ながらのんびり地元民に紛れ込むのもいい。居眠りもいい。大人の旅はこうでなくちゃならんわね。

|

« 記憶、その2。 | トップページ | 記憶、再び、でこれで最後よ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/5519748

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶、そして再び。:

« 記憶、その2。 | トップページ | 記憶、再び、でこれで最後よ。 »