« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

激しくワロタ!

extra_71君は無料のクーポンマガジン「ホットペッパー」を知っているよね?初めて誘う女の子とのデートに、どうでもいい上司の送別会に、やりたくない幹事を引き受けてしまったとき、君たちの心強い味方になってくれるあの雑誌だよね。どんどん分厚くなってきてまるで電話帳のようになってしまった昨今のホットペッパー、でも何が面白いってテレビCMが凄く楽しいと思わないかい?最新作『まだ伴奏編』はとにかくお腹を抱えて笑ってしまったよ。もし見ていないお友達はネットですぐに見て欲しいんだ。絵と台詞のミスマッチが凄く効いていて、人生の深みを垣間見ることができるんじゃないかな。元々の映像はこのために撮影されたものか、本当に別のモノなのかボクは知らないんだけどピアノを弾く人の笑顔と嫌々歌わされている人との微妙な関係、そして醸し出す雰囲気が現代社会の縮図のようだと思わないかい?大人の社会では色々な事情でイヤなことにも耐えながら言いたいことをかみ殺し従わなくてはならないことが多いよね。うん、みんなもこのCMでそんな事を笑い飛ばして明日も頑張って欲しいんだ。なんだかariari兄さんはまるで自分に言い聞かせているようだよね、そう、でも暖かく見守って欲しいと思うんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年6月29日 (水)

デデデDD14...で?

DSCF0633マイクロエースから待望のディーゼル機関車のNゲージが発売。しかも重連。なにせDD14は子供の頃苗穂で毎日のように見ていた私にとって嬉しい発売なのだ。が、しかーし問題も。このロータリーヘッド外れません(泣)。つまり機関車として貨車や客車の牽引に使えないのであります・・・苗穂では入替用として冬場以外は活躍していたのだがそれも再現出来ないのだ。特殊な片運転台スタイルがお気に入りなのになー。ま、除雪車としての活躍が有名だから致し方ないのだが。因みに某怪しい集団のいい年をした男達が昨年DD14のプラレールを購入。首謀者がまず購入後、瞬く間に波及しとうとう某空港の会議室を借り、大除雪大会を開いたことは伝説となり語り継がれているのだ。プラスチックでできた雪玉を吹き飛ばすギミックは大人達をとりこにし、ファンを増やし続けているという。
みんなもきたる冬に向けてお家に備えておくと良いかもしれないね。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005年6月28日 (火)

ごうごう豪雨

最近画像がないのには理由があります。ここ数日間撮影したすごく大切なデータが「ぶっ飛び」ました(泣)。本当に滅多に撮影出来ない貴重な画像があ!(例:奥羽本線・陣場〜白沢間EF81コンテナ列車とか)ううう。しかも仕事で使うサンプルまでもが・・・どうしよう。
さて今日から三日間札幌市内某地区センターにてデジカメ教室開催。先々週からこの手の教室が毎日続く。勿論レギュラーの国営放送系列のカルチャーセンターも継続しているし慌ただしい。しかも今日は教室終えて即旭川へ車をぶっ飛ばす必要がありなんだか先週末と同様の時間との戦い。しかも途中豪雨に見舞われてえらいこっちゃ。高速道路はあっという間に川が出来てしまい車の挙動を激しく乱す。もうこんな雨初めて!というほどの激しい雨がスコールのように窓を叩く。虫の死骸がへばりついてワイパーでもふき取れないのに、大粒の雨が叩いてくれたおかげですべてキレイサッパリ。ちゅーことはこの雨、洗車機の水圧並みになっているってこと?車の相対速度も加わっているので相当凄いんだろう。試しに窓を開けて手のひらで雨粒を受け止めてみようかと思ったけどそんなことで手のひらに穴を開けてまた縫う羽目になったらカコワルイのでやめますた。
因みに私は100km/h+ααα程度で走行していたんだけどアルファスパーダーがぶち抜いていった。幌、大丈夫かなあ(笑)。ありゃ車内にも雨が入り込んでいるんだろうなあ・・・アルファだもんなあ。あの雨の中よくもまあそんなスピードで。だから北海道は死亡事故が多いんだよね<なら速度落とせちゅうーの・・・
さて、よい子の皆さんはこんなことをしたことがあるかな?時速80km/hで走る車の窓を開けて手のひらを窓から出して風を受け止めると、手のひらの感触は「オパーイに触れている感触とイコール」なんだそうだ。硬めのオパーイがお好みの方は少しスピードを上げるといいかもしれないね。でもオパーイに触れる不自由をしていないよい子のお友達はそんなことをしなくてもいいんだけども、ariari兄さんは余程不自由しているらしいね。暖かく見守ってあげて欲しいと思うんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

膵臓どうでしょう?

タイトルに意味はありません。はい。胆嚢が悪いのは私です。さて、わずか一泊二日でも旅を強行する私、「バカじゃねーの」とか「だから金が無くなるんだよ」と罵声を浴びております。お陰様でそれは褒め言葉と受け取っております。車で札幌から盛岡日帰りをやった人間としては一泊二日なんて軽い軽い。みんな色々なしがらみを持って生きているわけでストレスためて日々頑張っているわけでしょう。わずか一泊で良いから好きな旅をするべき。出来る範囲で遠くへ行けば何かが変わるよ。今回もいつもの温泉では湯船で色々話を小耳に挟んだ。京都から車を飛ばした人、栃木からストレス発散に来た会社員、千葉から車で来た老夫婦。湯船の周りでぼーっとすると本当に気持ちがいい。非日常を味わうことは短い時間でも可能だ。慌ただしいけどすごく一日が長く感じるものだよ。いつもは土曜は疲れて昼まで寝ていて結局ダラダラしてあっという間に夕方。夜はこれまたダラダラネットなんかして夜更かし。日曜も遅い朝ご飯を食べてちょっとミニカー探しにフラフラしていたらあっという間に土日が終わる。大人の週末の過ごし方をそろそろ考え直さねばならない年齢になったのだ。もう動ける時間はどんどん短くなってきているのだ。案ずるより走るが易し。
ただし充実した時間を過ごすために私が守っていることがある。それは温泉宿は出来るだけ静かな湯治場を選ぶこと。そして酒を飲み過ぎないことだ。これを守らないと逆にストレスを増やしたり、疲れが増すことがあるので注意が必要かもね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

どうもすみません。

林家三平ではない。世間ではどうやら夏が来たらしい。私といえばギリギリのスケジュールで綱渡りが続くというのに函館の出張が終わって調子に乗ってまた青函トンネルをくぐり抜けたというから呆れるよ。忙しいときだからこそダラダラした休みを送りたくないというのが正解。今月を乗り切ると少し楽になるのでもう一がんばり自分にご褒美先払い。でも褒美ばかりでは財布が苦しくなるということを無視して壊れ気味。半ばやけくそ気味になっているのではないかと自分で冷静に分析する。いいんだ貯金もないかわりに借金もない。己一人が食えればいい身分を最大限に活用する我が侭放蕩三昧。人はそれを羨む向きもあろうが本人はそんなこと意に介さずむしろ哀れな独り身を嘆いているのである。NHK文化センターの教え子(ちゅうてもはるかに私より先輩である)さんは「何だか先生の写真を見ていると哀しいですよ。一人で温泉で写っているのが」と。ははは他人から見ても悲壮感が出ているのだろうか。確かにこの週末に宿泊した定宿にも若いカップルが数組おったようだ。よくもまあこんな所に来るよね。女性が可哀想な気もするのだが。でもそれは私のやっかみであると密かに思うのだ。羨ましいのであれば素直にそう言えばいいのだが大人ですから言いません。だってこんな良いところ一人で気兼ねせずに訪れる方が幸せだってことに気が付かない若さに嫉妬などしませんが。さて明日から大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

リベリベリベン・・・

200506241918函館への出張はスリル満点。12時に仕事を終えて丘珠空港へ車をぶっ飛ばし、なんとか滑り込んだ。今日は天気がいいのでビジュアルでクライムしてくれるんじゃないかという期待をしたのだが上空はやや雲が広がり札幌VORを経て上昇。うーむ残念。函館R/W30へアプローチする際はギリギリまで計器飛行し、最後は横風を計算して海上からのレフトターン。ほー。ナイスランディング(コパイK氏談)。なんとか仕事にも間に合いスタッフも喜んでくれたようだ。いがったのー。仕事を終えた私は函館駅へ向かいホームに待ち受けていたスーパー北斗に乗った・・・はずだった。疲れが出てしまいすぐに眠った私が目を覚ますと長いトンネルを列車は走っていた。トンネルを抜けるとそこは・・・
列車を降りた私はホームのキヨスクでまず「久慈良餅」を買い求めた。外はすでに薄暗い。ははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

このオトコ多忙中につき・・・

仕事というモノは適当にやっているうちは忙しいフリさえしているとなんとかなると思っていた。しかしそんなことが通用しなくなる年齢にになってしまったようだ。毎年忙しさのピークというモノがあるのだが今年は今がそれ。お陰様で私のデジカメ教室大変評判が良いらしく口コミで広がって札幌市の地区センターからのお仕事が続々舞い込んでくる。断れば他社の参入を促してしまうのでしっかり努めよと本部からも言われているのだ。
これに加えてNHK文化センターも定期的にやっているのでスケジュールが逼迫。もちろん通常の業務も抱えているのでデジカメ教室の会場から直接丘珠へぶっ飛んですぐに飛行機に飛び乗り函館へ行くという明日のスケジュールみたいなことが起こる。手稲区から丘珠空港までの道のりをシミュレーションして明日へ備えた。どこの道を通ればいいか。一歩間違うとアウト。飛行機が何らかの理由により遅れてもアウト。明日は天気も良いはずなのでビジュアルでぶっ飛ばしてもらえれば早めに函館に着く、そんな計算もしているんだけどそういうときに限ってバカな客が飛行機を遅らせる。ワシじゃなければいいんだけど(爆)。無理なお願いをウインク一つで聞いてくれる機長に当たればいいんですがねー。
シビアな日程と時間との戦い。おまけにムチャクチャ暑い毎日で走ると汗が一気に吹き出す。そんな中、洗濯もせねばならんし色々日常のこともする。独り身には厳しい時期を迎えているのだった。ううう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

人民の人民による人民のための恥の上塗り。

韓国、ソウルで行われている南北閣僚級会談の北朝鮮代表団一行がソウル市内の遊覧船で視察(ただの船遊びじゃんか)を終えてホテルへ戻る際、韓国市民の北朝鮮拉致被害者家族たちが詰め寄りデモを起こそうとしたところ韓国警察により排除されたという。ほー・・・先日の小泉訪韓の際に日本大使館の前で抗議活動をして日の丸や小泉の写真を焼いたデモ隊は一切韓国警察のお咎めはなかったはずだ。国際社会において国交のある大使館前において行う抗議活動や治安や秩序を乱す行為などは現地警察に排除されるはずである。それに対し一切の抗議を行わなかったへタレ日本も情けない。そんな民度の低い韓国に哀れみというか侮蔑の視線を送る先進国のマスコミは多い。所詮二流国、いや三流国、いや三国人か。考えても分かるだろうが日本において支那や韓国の大使館前で同じ行為を行ったらどうなるか。言わずもがな。国際社会に於いていまだ支那や韓国が先進国扱いされない理由はこういう極めて低い民度によるものであることを早く自分たちは察知すべきだと思うのだが。
戦後日本の経済復興は物作りにおいてとりわけ成功を収め世界市場で高い競争力を誇ったことは今更述べるまでもない。が、最近は支那や韓国の製品が国際社会に於いて十分な競争力を身につけていることも事実である。ただしそれはあくまでも経済面での事に過ぎず、やはり「一流品」という認知はされていないわけだ。彼らの作るプロダクツにはブランドというステータスはない。それは神話や伝説という付加価値が一切ないこと、またそれを作り手が求めていないフシもある。歴史に「もしも」はタブーなのかもしれないけど日本が戦争に勝っていたらどうなっていたのだろうか。あの戦争で命をかけて戦った日本皇軍兵士達や犠牲者には申し訳ないと前置きした上で敗戦があって今の日本があると思うのだ。戦わずして日本の負けをただ待つだけだった国に今更何を言われても動じることはないだろう。同じ土俵に上がることなく戦わずに言いたいことだけを言う国など国際社会からも弾かれていることを知るがいい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

もっと早くに出会えればよかったのにね・・・

DSCF3729出会いというモノにはタイミングがあるのだと思う。あの時出会ったのはタイミングが悪かったのではないか、ということが私にはよくある。その分非常にいいタイミングで出会うことも多いからチャラなんだろう。
で「久慈良餅」である。青森の浅虫温泉の名物らしいのだが、先日青森駅のホームにあったキヨスクで見かけてつい買ってしまったのだ。原材料を見ると米粉に小豆、クルミとある。食せばこれは「ういろう」に近い食感で小豆の甘みとクルミのツブがマッチして非常に旨い。実は私ういろうマニアである。大好物。初めて食べたのが26歳のころで名古屋で買って新幹線の中で一本丸かじり。「旨い!」土産に買ったはずのういろうは東京駅に着く前に二本たいらげてしまった。あの時土産に持って帰れなかったういろうのお陰でその後の人間関係を悪化させた、というオチはないけど。で「久慈良餅」はこれまた食べた瞬間後悔したのである。なぜもう一本買わなかったのかと。君と出会えたことは凄く幸せだ、でも、もっと早くに出会えていたら僕は違う人生を歩んでいたような気がするんだ。後悔はしていないけど今の素直な気持ちなんだ。ぷ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

あっ・・・・出ちゃった・・・

DSCF0630かねてから待望だったミニカーが発売。実車は欲しいけど買えない。ま、欲しいクルマを片っ端からミニカーにされても結構困るんだけどね。「こんなの欲しい〜」とかつてブログで書いたんだけどさすがトミー。合併しちゃうけど今のうちに何でも出しておくれ。スバルR1はデザインもコンセプトもツボを突かれてしまう遊び車なんだよね。考えてもごらん、こんなので自分の好きな女子一名の前に現れてみたと思いねえ。彼女の顔が目に浮かぶってもんでしょ。「きゃ〜可愛い〜」ほほほ、ね。エアコンは効くし燃費も良いし(たぶん)壊れないし文句はナイってなもんでしょう。おまけにですよ、あんなに遠かった意中の彼女がですぜ、ほらR1に乗れば互いの肩が触れ合うほどまでに接近できるてなもんです。下心丸出し。
え?女子ウケする視点でクルマを選ぶな、って?何を言っているんですか諸君。胸に手をあててよーく思い出してご覧なさい。アナタ、モテようとしてクルマを選んだこと一度もないですか?え?どーよ?
ふ。クルマはオトコのモビルスーツなのだよ。ワシが青春の頃、初めてのクルマ、シティターボに乗っていたときの話だ。知人の真っ白なマークIIと一緒にドライブに行こうって事になってね、女子4名は.....みんなマークIIに乗ったよ。ワシ?男二人でそのケツをなめたよ。ははは。心に決めたね、ワシは。そう、女子ウケするクルマなんてキライだーーーー!ってな。あ、何の話だったっけ・・・そ、スバルR1は可愛い顔して意外にナンパなのだった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

静かな一日もたまにはある。

DSCF2292_640久しぶりの丘珠空港。子供連れで賑わうデッキ、まるで飛行機のテーマパークかのごとく人が多かった。だがそこにはカメラを持った人はおらず500mmを付けた一眼レフを手にしてその中に入り込む私はさしずめ闖入者か異端児か変態か。落ち着かない。小一時間ほどで引き上げたけどやっぱり丘珠空港はいいもんだ。ここには-400もA320もB767もB777も来ないけどパタパタパタパタと軽やかな音をたててひらひら飛んでゆく小型飛行機はいる。そんな静かに過ぎゆく日もたまにはいいかと思う。色々考え事が多い自分にとって余計な音でかき乱されたくないとき、ここに来ると耳障りのいい音しか流れてこないから丁度良いのだ。数々の悩み事の優先順位をあえてあげるなら、サンクターボのタイヤがないので走れないことが日々のストレスの発散に役立たず哀しいところか。毎年サンクターボはなぜか6月を走ったことがない。もしかするとこのまま冬になるのかと思うと情けないね。そろそろ手放すことも視野に入れなくてはならないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

いい季節だにょー。

DSCF3289いよいよ夏だなーと感じるのが楽しい花火だ。いや無理矢理花火やっているように見えますが気のせいです。実はFinePix F10という暗いところにも強いデジカメのサンプル撮影をやってきた。デジカメだけで4台、その他花火が写る「写ルンです・ナイト&ディ」やフィルムカメラNATURAなどのサンプルも平行して撮影のためスタッフも総員3名で挑む。銭函の海岸で2時間におよぶ成果は非常にキビシーもの。難しいもんだ。でもフラッシュを使わずに花火の光だけでここまで写るデジカメはそうないじゃろー、と自慢する。いや宣伝か(ばく)。個人的にもノンフラッシュ撮影が好きな私。やっぱり人間の目にはフラッシュ付いていないもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

どーゆーコラボ?

DSCF3728「伊藤園・お〜いお茶」がリニューアルしてますます旨くなったです。最近お気に入りでござんす。で、こんなコラボローソン限定でやってます。ホンダ「エアウェイブ・プルバックミニカー」プレゼントだそうで。なぜ伊藤園なのかビミョーに不思議なのだが、もしかすると以前ホンダディーラーで配布していたオリジナルのお茶「ホンダでなく茶」という缶入りのお茶が伊藤園製だったから、ということかも。色は全部で5色だそうで。資料的に買っただけなので全部そろえるつもりは無いけど頂いたグリーン、買ったホワイトと揃うと全部欲しくなるのが義理と人情だ。エアウェイブのCMは今ひとつつまんなかったけどね。このプルバックカー、チョロQのように激しく走ることもなく、パッと走るがすぐにパッと止まる。さすが景品。
どーでもいいけど・・・残業しつつこんなことしていて良いのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祭りの後の寂しさは...

DSCF3699北海道神宮祭最終日、別に行く理由などはなかったのだが「暗さに強いFinePix Z1」のサンプル命令が下る。はいはい、先日確かに私はYOSAKOIソーランをブッチしたんで行きますよ。ほい。
祭とはいえ大勢の市民の目当ては縁日だけのように思われる。いわゆるテキ屋さんは少なくなり変わりにフリマ状態の素人さんの出店が増えたせいか混雑は少ないように思えた。やっぱり縁日は色だ、と思う。素人出店には色がない。一見派手に見えるあの極彩色は客を呼びつけるだけではなく子供の頃の記憶に鮮明に残るための色ではないかと思うのだ。裸電球に照らされた優しい色、でもどこか寂しく映る色。
あの時食べたものは何だったか。けして思い出せないのだが露店の色を見るたびに思い出すのは母の優しい暖かい手ではなかったか。行き交う幼き子供の浴衣姿に自分を重ねてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月16日 (木)

拉致問題+郵政=北朝鮮民営化(爆)

ああ〜すばらしき〜金豚様〜♪私たちをお導きいただく素敵な指導者〜それは偉大な〜偉大な〜将軍様、金豚様〜♪....
ヨロブン、オソウシヨ!イルボンの皆さんお元気スムニダ?拉致問題はすでに解決済みなのでイルボンの獅子頭総理もそのことには触れなくなりましたねー、いいことハミダ。国会といいつつ中身は郵政民営化の話ばっかりで平和な国だと思いますムニダ。民営化法案が通らなかったら内閣解散だそうで、他にすることナイハムニダ?民主党さんもすっかりへタレでスムニダ。その昔の反自民勢力政党の方が余程迫力ありましたね。我が金豚国とも友好的だった社会党なんか元気の良い時代は国会なんか罵声と乱闘でへたなドラマより面白かったのですが最近はつまらないそうですね。税金の無駄遣いが数百億円単位にのぼってもイルボンの一般人民は文句も言わず毎日勤勉に労働に励んでおられる様子、誠に美しいスムニダ。我が国と仲良くしたければ早く土下座でもして謝罪とコメと金とよこすムニダ。わっはっはっは、言うこと聞かないと右手を挙げちゃうハミダ!では、ヨロブン、アンニョンヒジュムセヨー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

いじめに広いも狭いもねーだろ

DSCF3677すごいねー。高校で爆弾騒ぎだもんな。そりゃ人を殺せる可能性もある爆弾なんて簡単に作れちゃうこと自体問題だけど、そういう状況を生みだした背景を考えてみたいと思う。『広い意味でのいじめがあったかもしれない』などと歯切れの悪いコメントを学校側が述べているが、いつもいじめ問題って学校は当たり障りのないコメントで終始しているので今回も別に驚きはしない。だがこれで死者が出ていれば違った話になろう。教師そのものが生徒に対し心ない言葉を浴びせる時代だからね、人に対し人がモノを教えるなんてかなり大変なことだという認識なんかないんだろ。爆弾男(勝手につけてしもーた)は生徒だけではなく教師、あるいは学校そのものに対し爆破したかったのかもしれない。教育制度そのものを吹っ飛ばすほどの威力があればきっと何かが変わったかもね。いや、けしかけているのではないよ、あってはならないことだからねー。画像は意味なし、はい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

リベンジなの。やり直しなの。

DSCF3636金曜日、函館の仕事が終わり土曜の朝一番の「スーパー白鳥」に乗る。ご存じの方も多いけど最近のJR北海道の特急列車は先頭の貫通扉窓が展望台になる。なので青函トンネル走行中は密かな人気スポットになっている。画像は「竜飛海底駅」を通過するシーンだ。真っ暗なトンネルも海底駅通過では幻想的な雰囲気が味わえる。
青森に着くなりレンタカーを借りる。昨年軽自動車を借りて燃費の悪さに反省した経緯により今回はベーシックカーをチョイス。1000ccなんで軽と変わらんか、と思いきや全然違う。ま、ダイハツ・ストーリアしかも10万キロを超えているので走りは今ひとつだけど。向かうはいつもの温泉。先月私はとある場所で失態を演じ、歯切れの悪い旅の終わりを迎えた。そう、これは「やり直し」なのだ。同じ温泉へ泊まり新たな気持ちでわずか一夜の癒しの時間だ。やっぱりいい。一泊二日でもなんとかなるもんだ。もちろん日曜はドタバタで戻ることになるけどそれでも限られた時間だけ「心を開放する瞬間」が味わえたからね。お約束の鶏めし、冷麺はもちろんもれなく付いてくるし。
今月はこれから通常ならば三ヶ月分はかかる仕事を二週間でこなす。生きていたらまた行こう(違)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

逃げるが勝ちぃ!

ただいま出張中。函館に週末出張とくれば背伸びしてみる海峡が俺を呼んでいるぜ〜。そう、なんだ明日は休みじゃないかー。うふ。正直に言うとこの週末は札幌に居たくない。それは「YOSAKOIソーラン」が開催されているからなのだ。街は込み合うしどーにも迷惑だ。金曜に函館出張をぶつけるなんて計画的じゃないかと思われますがそんなことはありません。ええ、まじめに仕事してますよ、もう。だがタイミング悪く課長から電話「週末戻るよね?」「いえ、帰りません、いや帰りたくないんですけど」「YOSAKOIソーラン、夜の踊りを撮影すれば動きの速いシーンもばっちりぶれずに撮れるから良いサンプルになるんじゃないかと」「いえ、いやです」・・・

俺、クビだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガス泥棒いっそ全部燃やせば?

日本との国境付近で行われている支那のガス田開発については何度も双方の話し合いがあったが、支那は全く応じる気配はなし。すでに敷設されているパイプラインもあとすこしで大陸に届くところまで来ているとか。資源はおそらく日本の領土内にも及ぶわけでみすみす天然ガスをごっそり持っていかれる計算だ。うーん、日本の領土内でもさっさと試掘して抜かれてしまううちにさっさと手を打てないものかね。とりあえずこっちもこっそりガンガン抜いてしまってその後にはこっちの糞尿でも詰めておけ。
さきほどフジテレビで海上自衛隊の鹿児島賀屋基地所属の哨戒機「P3C」が監視活動をしているところの取材をやっていた。若い操縦士の方々は機内で弁当を食いつつ目を光らせながら長時間の任務をこなしている。第一航空隊の隊員はみな若いようで国境付近の極めて厳しい任務にも日本の領土を保全するために日々活躍している姿を見れば敬礼をせずにいられない........でもなあ.......そのP3Cを飛ばしていたOBの姿を見ると.......ははは。コメントを控えよう(謎)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

| ○ | おめでとう!ニッポン!

日本中がサッカー見ていたせいかネットが速い。ま、98年のフランス大会の時は大変な難産で、2002年は開催国ゆえ無条件出場。今回は実力が問われるW杯だけにやや心配していたけど意外にあっさり決まってしまったなー、という印象。フランス大会の時は自宅でも両手を突き上げて燃えたはしゃいだ泣いた。途中ジーコ更迭論もわき上がったけど、ま、結果良しでしょ。無観客試合なので柳沢の1点目でも静かすぎて実感がわかない。やっぱりサポーターってのはテレビで見ている側でも「いないと困る」もんだ。試合が直接見られないのに、しかも経過すらわからないのにスタジアムの前で声を上げたサポーターはたいしたもんだね。思えばもう来年はドイツ、いやー年の経つのが早いと泣くべきか。さーて、マイレージでドイツでも行って来るか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

色々アルヨ人間だもの

DSCF3572"相田みつを"みたいなタイトルで恐縮スミダ。
今日は午前中に腱鞘炎の定期診療。悪化しとる....
センセー曰く「注射する?でも、根本的な治療じゃなくて痛みを取るだけだからね」

「・・・・じゃいいです」(無駄な治療費など一円も払えん、今月はビンボーじゃ)

午後はサンプル撮影。明日は某文化教室の講義なので資料が足りない。散った桜を敷き詰めた地面に咲くツツジってのもいいもんだ。でもなー、最近感性が落ちているアルね。考え事が多いからではないかと自分でも思うのだが。そ、みんなも経験アルヨね?おとなってのは複雑な生き物なんだよ。

先週日曜に行った3人だけのミニバーベキューで余った食材があるので今日はゆっくり料理をしようと思ったら米が見あたらない。米だよ、米。コメ。なんで?全部食った?いや、んなわけはない。
結局米の捜索に一時間を要してしまったので飯を作る時間も気力も失せた。米を探してだよ、米。コメ。

気が付けば洗濯もしないとパンツもない。正しく言えばレースの付いた可愛いパンチーなんかはそこいらへんに落ちているがそれ履いて出勤も出来ないでしょー。

洗濯だけじゃない。部屋の片づけは一向に進まないし、大事なレセプションの講演資料も製作が迫っているし、今月は市民講座が三つもあるのに準備も終わっていないし、新製品の拡販施策も考えなくちゃイケナイし、ミニカーの整理もたまっているし、することが多いのに進まないのってー・・・・・いやだよねー。みんなはこんなだらしのない大人になっちゃいけないよ。
コマーシャルで撮影したANAのCAさんの制服を勝手に持ち出したり、線路に自転車をこっそり置いてみたり、大切なクルマをガードレールにこすりつけた記念に車体の一部を残してみたり、コメが見あたらなくて途方にくれたりそんなダメな大人になっては絶対にいけないからね。そうマジメで格好良い大人ってのは何事も無駄なくスマートに効率よくキメることなんだ。じゃあね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またキタ━━━━(T∀T)━━━━ッ!

DSCF0018よいこのお友達!さあっサントリーボス・セブンイレブン限定ミニカー始まったんだよ。でもariariは今回、口笛拭いて笑っていられるんだ。どうしてかって?それは1/72の割と最近のクルマ、それも「hongwell」のOEMだと思われるからなんだ。リアルXなんかのラインアップと同じ車種がダブっている、つまり見送りってことさ。でもね、コレクター魂として「資料的価値」という意味で一台だけは押さえておかなければならないんだよ。将来「ああ、こんなキャンペーンがあったんだね」としみじみ老いてから眺める楽しみを今のうちに準備しておくってことなんだよ。
どうだい?コレクターって奥が深いだろう?よいこの皆さんはジジイやババアになってからの楽しみを考えたことがあるかい?ないだろうけど、先が見えないこの世の中だからね、少しは備えておいた方がいいと思うよ。じゃあ、今日はこのへんで。またね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

高いスープ

DSCF3562やっと届いた一箱400円なり、のスープ。だが一杯分150cc用のスープ一袋しか入っていない高価なスープだ。ANAの機内で飲める奴だが真相は「玩具入り食品」つまり食玩だわね。全日空商事が発売元の歴代ANA UNIFORM COLLECTIONだ。ヤバイでしょ、これは。歴代といいつつ中身が分からないブラインドパッケージで販売している場所は空港売店か、ANAの通販サイトのみというキビシー扱い。したがって全9代(最新制服はスカーフの色違いあり)10種をコンプリするのは......かなり.....ツライ。

私?通販サイトで30個(!)....オーダー......しますた。

中身を早速確認。次々に揃う。なんと10種揃うまで開封した物が一度もダブらずにコンプリ!顔が緩む。また開封に着手。お!いいじゃん!揃う!....そうか、ANAめ、通販ではきっとキリのいい個数を頼めばダブらず揃うようにコソーリやってくれたのねー。だがそんなに甘くなかった....15個目で無念。_| ̄|○
ま、足りない分はどっかで交換すっか....
画像は初代の制服と最新の物。さすが海洋堂だけあって出来はいいけどアニメチックな萌系な顔は個人的にはあまり好きじゃないなー。こんな幼い顔の客室乗務員いねーよ。とフィギュア相手に文句を一人つぶやくのはかなり危ないので、よいこのみんなは真似をしてはいけないよ。

※「熱中時間」放映途中から友人宅で見せて頂いたが..........あれ...........一瞬頭に包帯を巻いたバカが。ちらり。だけだった.....カットされたか....また_| ̄|○....

| | コメント (5) | トラックバック (0)

なんでかなー

DSCF3557ブレブレで申し訳ない。それには訳がある。この写真は極秘で撮影したからである。この現場は街角でたまに見かける『催眠商法』の勧誘だ。サンプル商品を無料で差し上げています!といううたい文句で道行く人を誘い、近くのビルの会議室などに連れ込んで健康枕や布団などを売りつけるアレだ。声をかけるのは一人で歩いている年配者ばかりなので一目で怪しい商法であることは明白なのだが意外にコレがよく釣れるらしい。
以前、我が家の近所でも空き家となっているテナントに突然この手の会社が入り込み、入り口で作り笑顔で愛嬌を振りまく若者がジジババを引き込んでいたことがあった。時間を決めて「健康説明会」なる怪しい講釈が始まり最初は安価な無農薬野菜などを売りつけ、次第に単価の高い物へと呼び込んで行き、売りつけたら一週間ほどでさっさと引き上げてしまうのだ。
特設会場、それも一日限りで行っている場合などはもっと悪質でニセの連絡先を書いて逃げる手口もあるらしい。騙される奴もしょーもないけど、こーゆー商売は本当になくならんね。なんとかならんかのう。

話は変わって....6/5(日)はとうとう「熱中時間」の2時間スペシャル。BS2で20:00からです。ホームページの写真に私が写っています。小さいけどなにやら被っている(爆)のですぐわかる・・・
しかしなー、BS見られない私。誰かビデオお願いします・・・ぺこりー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

だから眠れないんだょ

『韓国漁船領海侵犯なのに逃がしてやった事件』は40時間弱に及ぶ双方の睨み合いを経て後味の悪い結末だったと怒るしかない。日本側とすれば「韓国側へ配慮」したという認識だが「遠慮」の間違いだろ。これでは海上保安庁の職員が報われないではないか。彼らの正当な職務に対しなんの配慮のカケラもない。ああ、胃が痛い。
最近の小泉発言「適切に.....」を聞くたびに無能な獅子頭を掻きむしってやりたくなる。だいたいなんだ、あの夏服は、センスのない寝間着みたいな物を着て国民の前に醜態曝すなって。胃と頭も痛くなる。
あと妙な事件も気になるところ。全国で1900箇所で見つかっているガードレールに挟まっていた謎の金属片が北海道でも見つかった。どう考えても組織的な「第三者達」の意図が感じられる。物騒なこった。あ、第三者だからね、第三国人じゃないからね。ばく。

でもな、オレ一人で怒ってたってなーバカみたいじゃねーか。むなしくなってきたよ。

ま、最近周囲がにわかに幸せ続きなのでよしとしようか。ヒトの幸福が本当に嬉しい年齢になった。実をいうと最近やや弱気モードにシフト。誰かを守れる立場でありたい、そして誰かにそっと見守って欲しい。私はそれを永遠に放棄したヒトなので何を今更なのだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぺこん

DSCF3552今日は仕事でミスをしちまって非常に落ち込む。久々にどっかーーーーーん、と底に突き落とされた感じ。いや、今日はクレーム処理が一つ終わったんだけど、それで気が緩んだか。ま、色々仕事上のトラブルはまだまだ抱えているわけで。

そんなときは家に戻ってしみじみ手近にあるものに手を伸ばす。今日はNゲージに目がいく。
ED70は北陸本線で、ED71は東北本線で活躍した交流電化黎明期の機関車。実物が走っていた頃は残念ながら見ることが出来なかったけど、すごく好きな形。古くさいというかレトロモダンというか、なんだか愛くるしい。ちょっとだけ癒される。単純なオレ。

今日はまた対馬沖排他水域で日韓の海上保安問題が勃発。双方の警備艇が20時間も睨み合い。韓国漁船の違法操業に端を発したバカヤロ的事態。奴らに言わせればどうせ日本が悪いんでしょ?一つ韓国の方々にお聞きしたい(中国のお方にもお聞きしたいところだがね)貴方のお国で日本人が重大な犯罪行為を犯しているかね?窃盗団とか強盗とかさ、そーゆーことをしている日本人が御国において暗躍しとりますか?日本において犯罪が増大している「外国人犯罪」の外国人はどこの国のヒトですかね?

なんだかやっぱり腹の虫が治まらない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »