« 休む間もなく | トップページ | 休みといえば »

2005年4月30日 (土)

人命を預かるという責任

ここのところ毎日報じられる事故のニュースに身震いをおぼえる。あまりにも続く公共交通機関のミス、事故はどうしちゃったのだろうか。実はJR北海道でも単純ミスと言えそうな事故が多発した。日本航空でもトラブルが続いた。長距離バスが横転し客が亡くなった。海での事故でも怪我人が出る始末だ。おまけに管制官のミスにより閉鎖し工事に着手寸前の滑走路に飛行機を誘導し着陸させた、など人為的だと思われそうなものも少なくない。尼崎の列車事故について一両目に乗っていた毎日新聞の記者の手記に寒気が走る。
今日夕方暮れも近い頃、買い物へ向かうときふと丘珠空港に立ち寄った。中標津からの最終便から降りてきた機長はKさんだった。デッキにいた私の姿を見つけると笑顔で大きく手を振ってくれた。その後K機長は制服姿のまま送迎デッキまで来て頂いた。実は先日事故で他界されたロック岩崎さんとは高校時代からの親友で彼の死を誰よりも辛く受け止めていた方であった。葬儀のため休みを取得して今日から乗務。最近の陸海空の事故にも胸を痛めている様子で『やっぱり怖いと思う』と・・・人命を預かっている責任、その仕事に携わっている方すべてが今、大変なプレッシャーの中で仕事に臨んでいるのだ。『色々な場面での判断は本当に難しいけど、安全が最優先。遅れるときなどお客さんにはすまないと思うこともあるけどやっぱり一番に安全を考える』というK機長の言葉をしっかり胸に刻む。事故を起こさないことは当たり前だが、相当の極限状態に置かれた時の人間が冷静に判断を下すことの苦労というのは私たちが想像を絶することではないかと改めて感じさせてくれた。今だからこそこうした志をすべての公共交通に携わる方にお願いしたいと切に願う。

|

« 休む間もなく | トップページ | 休みといえば »

コメント

世の中の目が集中しているだけに、交通の現場に携わっている方々は今が一番大変な時なのでしょうね。こういった事故の後は一斉に「○○叩き」が始まる風潮にあります。(<特にマスコミ) ただ現場をバッシングするだけでなく、原因究明をしっかり行ったうえで安全への呼びかけを継続し、事故を風化させないことこそ大切なことのように思います。

投稿: iruka | 2005年5月 1日 (日) 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/3927089

この記事へのトラックバック一覧です: 人命を預かるという責任:

» 丘珠空港 [【丘珠空港 】]
丘珠空港 札幌飛行場(さっぽろひこうじょう)は、北海道札幌市東区 (札幌市)|東区丘珠にある空港。通称は丘珠空港(おかだまくうこう)。滑走路は1,500m×45m、1本の小さな空港で、主に北海道内各都市への路線に利用される。設置管理者は防衛庁。空港コードはOKD/RJCO。運用時間は7:30-20:...... [続きを読む]

受信: 2005年5月21日 (土) 08:02

« 休む間もなく | トップページ | 休みといえば »