« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

人命を預かるという責任

ここのところ毎日報じられる事故のニュースに身震いをおぼえる。あまりにも続く公共交通機関のミス、事故はどうしちゃったのだろうか。実はJR北海道でも単純ミスと言えそうな事故が多発した。日本航空でもトラブルが続いた。長距離バスが横転し客が亡くなった。海での事故でも怪我人が出る始末だ。おまけに管制官のミスにより閉鎖し工事に着手寸前の滑走路に飛行機を誘導し着陸させた、など人為的だと思われそうなものも少なくない。尼崎の列車事故について一両目に乗っていた毎日新聞の記者の手記に寒気が走る。
今日夕方暮れも近い頃、買い物へ向かうときふと丘珠空港に立ち寄った。中標津からの最終便から降りてきた機長はKさんだった。デッキにいた私の姿を見つけると笑顔で大きく手を振ってくれた。その後K機長は制服姿のまま送迎デッキまで来て頂いた。実は先日事故で他界されたロック岩崎さんとは高校時代からの親友で彼の死を誰よりも辛く受け止めていた方であった。葬儀のため休みを取得して今日から乗務。最近の陸海空の事故にも胸を痛めている様子で『やっぱり怖いと思う』と・・・人命を預かっている責任、その仕事に携わっている方すべてが今、大変なプレッシャーの中で仕事に臨んでいるのだ。『色々な場面での判断は本当に難しいけど、安全が最優先。遅れるときなどお客さんにはすまないと思うこともあるけどやっぱり一番に安全を考える』というK機長の言葉をしっかり胸に刻む。事故を起こさないことは当たり前だが、相当の極限状態に置かれた時の人間が冷静に判断を下すことの苦労というのは私たちが想像を絶することではないかと改めて感じさせてくれた。今だからこそこうした志をすべての公共交通に携わる方にお願いしたいと切に願う。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年4月28日 (木)

休む間もなく

DSCF3197ミニカーつき飲料が続々なのだが、京商スカイライン(サンクス)、ヨシムラバイク(ローソン)に続いてサントリーボスブラック限定ランボルギーニミニカーが始まりましたね。これは4種X色違い2種=8種なのだが、ま、4種揃ったところで打ち止め。特に車種も珍しくないしいい加減過去に出尽くした感が拭えないからね。ま、次は何なのか予測するのも楽しい。

【独断オマケ予想】
◆古いクルマシリーズ....二代目パブリカ、初代ファミリア、二代目コルト....だったら嬉しい。
◆働くクルマシリーズ....パトカー、救急車、消防車、ダンプ、ショベルカー....トミカかよっ....
◆歴代ラリーヒストリーカー....アルピーヌA110、シトロエンDS、ストラトス、サンクターボ...欲しい!
◆意表をついてご当地バスフィギュア....チョロQバスみたいなもんか....でもヲタク度高し。
◆歴代国内線旅客機シリーズ....バイカウント、フレンドシップ、YS-11、B727、B737、L-1011....あ...青社ばっかりやねん!

さ、みんなも考えよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

薄ければいいってモンじゃない

DSCF3191今日は某社新型デジカメの来月発売に合わせサンプルを撮影するためにライバル機種であるソニーサイバーショットT7を買ってきた。私のお金ではないです。驚いたのはその薄さ。一番薄い箇所で9.8ミリだそうな。ひゃー、って感じだが問題は腫れ物を触るかごとし非常に使いにくい。なんだか壊しそうで各部のスイッチやメディア、バッテリー挿入用の蓋なども非常に脆そう。薄いので直接ケーブル類を挿せないのでアダプタを付けたり、今までのデジカメとは液晶モニタのレイアウトが逆で操作系が左手に集中していたりなど薄型化に伴う使い勝手の悪さやメニューの設定などの煩雑さにすっかり鬱になる。そもそも画質も今ひとつシャキッとしないサイバーショットだけどレンズなども小型化されたため、非常に甘い画質。これじゃ500万画素とは言えないでしょう。ここまで薄いのは何のためかといえばユーザーのためではなくソニーの威信のため、みたいですな。あとはそういうものを使う自己満足と自慢に使うだけかもしれない。案の定感度も低く、かつフラッシュの光量不足も相変わらずなので根本的に「カメラ」をナメた作りには閉口する。ま、売れてナンボ。買う人はある意味覚悟するべし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

雪印といえば

DSCF3182雪印といえばもちろん鉛筆です。ウソです。子供の頃から慣れ親しんできた「雪印牛乳」はもうないんだなあって。日本ミルクコミュニティという会社になってしまいました。私は雪印工場の近くに住んでいるので例の事件以来工場では必死に信頼回復に努めてきたのをよく知っている。近所の人々を招待して工場見学をさせて情報を開示していたこともありましたね。子供の頃は手作りアイスクリーム教室なんてーのを町内会まで講習にやってきたりしていたことを思い出す。この鉛筆は35年ほど前の物だと思うけど、きっと宅配の景品だったのでしょう。新品でたくさん入手してしまいましたので明日から仕事で使おうと思います。仕事で鉛筆?私、未だに鉛筆主義です。だから鉛筆削りがないとダメなのでありまして....字を書くという行為はいい道具との出会いから始まる、そう子供の頃から信じていた私なのであった。一番身近な道具のメンテナンス、それが鉛筆削りだったのだ。今の子供は鉛筆って使っているのかな?

※今日の兵庫で起きた福知山線の列車事故、本当に残念です。犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈り致したいと思います。未だ取り残されている生存者のいち早い救出を望みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

中年の星

私はヤクルトスワローズのファンなのだが、ココ最近は古田選手の2000本安打が「何時出るか」ということでとーってもワクワクしておりました。で、やっと今日打ちましたね。もー嬉しい〜です。大学〜社会人を経験したプロ野球選手では初の快挙。ま、今年40歳になるわけでそろそろ監督の声もかかる域に達してきた古田選手。でも彼は現場主義を貫き、ファンをとっても大切にしてきた。昨年のパリーグ問題でも「たかが選手」と言われながらも徹底的に選手会を牽引して昼は魑魅魍魎爺達と格闘し夜は試合とフル活動。労使交渉で一歩も引かないサラリーマンみたいな一面を見せてくれ、我々中年の星として尊敬しておりました。数々の名場面、とりわけ日本シリーズでの名勝負を演出して何度も鳥肌を立たせてくれた古田選手、今日は2000本安打の記念ボールにサインをしたと思ったら、惜しげもなくファンへ投げ込んだではないか。うおおおおおお!なんてこった、ひゃーびっくりだよ。「ネットオークションには出さないでね」と笑う古田。いやいやゲットした人はもう家宝ですよ。古田らしいよね、なんだか。そう、たかが2000本安打だもん。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生かされて....

DSCF0635それなりに人生を過ごしてくれば当然出会いと別れは訪れる。私の場合、それが結構突然やってきたりして非常にキツイ。出会いならウエルカムだけど、お別れはやっぱり痛恨の極みである。ロック岩崎さんとは個人的に親しいわけでもないのにこんなに辛いのは憧れの人であったことに他ならない。地上にいる飛べない私でさえそうなのだから飛行機乗りならきっと誰もが憧れるであろう人なのだ。「鳥のように自由に空を駆ける」どころではない。鳥だってあんな飛び方は出来ない、というほどの凄い飛び方だったから。
思えばお世話になっていたにも関わらずなんのお返しも出来ないまま突然の別れになった諸先輩たちをいつも思い出す。けして忘れない。私はまだ生きている、いやみんなに生かされいるに違いない。こんなに不真面目な生活をしていていいのだろうかと恥じる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

【訃報】ありがとうロック岩崎さん

2004_09110027rockiwasakiまさか彼が還らぬ人になるなんて思いもしなかった。昨年9月の丘珠空港・航空ページェントで素晴らしく華麗なアクロバット飛行を見せてくれた「ロック岩崎(岩崎貴弘)」さんが本日練習中に事故でお亡くなりになった。一報を聞いたとき私は凍り付いて「違う!間違いだ」と何度も思った。でもネットの画像ニュースでは見慣れた機体が....仕事中なのに涙が。
自衛隊のエースパイロットとしてあのF-15を自在に操っていたロック岩崎さんは、日本人で初めて本格的なエアショーを日本に持ち込んだ一人者である。「空へ!!」が彼の合言葉であった。文字通り空へ!!お帰りになったのだ。どうか安らかに。(写真は2004年丘珠にてariari撮影)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

歴史認識

日中、日韓問題が色々取りざたされている日々、韓国の方は最近すっかり中国のデモに押されて報道がめっきり減ってしまった。最近の個人サイトではこの手の問題がしきりに述べられている。ほとんどの方は怒り、皆自分の観点で論じている。確かに過去の問題に関しては日本にも非があることは間違いないのだが、戦時下において世界中で行われていた侵略、占領の陣地争いは戦勝国に対してはお咎めナシ、敗戦国には厳しい処置が下ったことはご存じの通りである。敗戦間際の沖縄での戦闘、広島長崎に行われた原爆投下、これらで亡くなった方は非戦闘員がほとんどであるがこれを虐殺と報じたメディアはほとんど無かっただろう。これが戦争であり、敗戦国家としては何も文句が言えない状況に置かれたのである。日本は戦争の責任を厳しく追及され責任を全うしてすべてゼロからこの国を興して繁栄し経済的にも産業的にも成功をおさめてきた。今、改めて歴史問題があちこちで大々的にほじくり返されそれぞれの意見、観点から論じられている。個人的な解釈が間違いだとしてもどこかに真実はある。だが、その真実を歪曲しているのはむしろ戦勝国からのメディアや被占領国からによるものが少なくない。だからこそ我々はちゃんとどのような考え方であっても堂々と述べることは大切な事だと私は思う。
私が敬愛する「なか」さんのブログでも彼なりの意見が述べられているけどそれに対し「甘い」という一言だけの突っ込みだけをして逃げる奴もいる。過去はけして変えることは不可能なのだからこそ、私たちはしっかりと見つめ直すいい機会だと思うのだ。
18年ほど前に私は初めて広島の原爆ドームへ行った。そこには若いアメリカ人が二人真剣なまなざしで解説文を読んでいた。私と目があったとき、つい聞いてしまったのだ。
「What do you think of the atomic bombing?」彼は少し下を向いたまま間をおいてこう答えた。
「I do not think that there was other way. However, it is terrible and miserable. 」(他に道がなかったのだろう。でも、悲惨な出来事だ)
国家レベルの話はどうでもいいんだ。個人が何を思い、何を感じているか。そんなことをもっとちゃんとみんなに伝えるべきではないか。
歴史というのはそういうことを家族であったり、親しい人と語り継ぐ物であるべきだ。教科書が必ずしも正しいとは限らないのだ。「我が子に伝える誇りある近代史」も参考になるかもしれないので、ご一読頂きたい。(すべてが正論かというと?な部分もあるのだが)

中国の日本総領事館の修繕を市レベルで申し出ているというじゃないか。私は聞き入れる必要は無いと思う。そのままにしておけばいい。そして世界のマスメディアがその哀れな姿を報じるがいい。オリンピックを開催するに相応しい国の民衆の恥を曝すがいい。面子を重んじる中国政府が手を回して「市レベル」での解決を図ってきたことからしても反日運動の爪痕はしっかりと残しておけばいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月20日 (水)

韓国ドラーマ!キタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!

韓国ドラマを初めて見たのはいつだったか。北海道ではフジテレビ系のUHBで深夜枠に「真実」をやっているのを見たのが初めてだった。最初は「あー古い、古い。カット割り、カメラアングル、演技....日本の20年前の恋愛物みたいなイメージだよね」と思っていたけどストーリーはそれなりに楽しめた。その後「ホテリアー」が放映され所々見てこれもまあ、面白い部類だったかと。そして昨日最終回だった「サンドゥ、学校へ行こう!」はかなり面白かった。(北海道ではUHBにて深夜枠で週一回放映していたのです)恋愛物なんだけど忘れかけていた純粋さを遠い目で思い出したね。ん?ワシだって純粋な恋愛をした経験があるのだよ。皆もあるじゃろー?甘酸っぱい経験が、さ。相手の一言で単純に上がったり下がったりして、ね。韓国ドラマって日本との文化面での違いが随所に垣間見ることができるのもいいのだが、やはり家族愛の強さが非常に目立つ。というか「実はこの人とは兄妹で...(笑)」みたいな単純オチ、それに交通事故がやたら多いんですが。まあ「冬のソナタ」はまったく見たことがないからなんとも言えないけどハマる人の気持ちがややわかった。しかしなー、コン・ヒョジン可愛いなあ。笑顔が似合う女性は最高だが泣き顔が可愛い女はもっとイイ!
てなわけで「サンドゥ、学校へ行こう!」はレンタルやネット配信があったら見るべきドラマの筆頭です。きっと変えることの出来ない過去の人生、あの悔いた瞬間、こみ上げてくる下心に誰もが涙するに違いないのだ。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傾斜する人生

DSCF3174自分が考えている通りにスムーズに事が運ぶ人生を謳歌している人はどれだけいるのだろうか。少なくとも誰しもが自分の 生き様になにかしら不満や不安を抱えて生きている。いや、そんなことを思い返す時間すらないのが現状ではなかろうか。真っ向勝負を挑んでも難しい。ちょいと斜めに構えて丁度。答え無き明日に向かうことが現代社会におけるすべての人間に課せられた課題である。何かに勝つ、とか打ち負かすなんて気負いはもはや不要だ。揺れろ、なるがままに。人生なんか所詮限りがある。ならば生かされてみよう。明日駄目でも明後日がある。必ずある。
揺られながら帯広へやってきた。本当に揺れる283。でも、その揺れが心地よく感じたとき揺れに気づかない自分がいる。自然体でいられることに気がつけば大丈夫だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

動いた♪

DSCF3087実は15日千葉へ出張したときに空港までクルマで行って来た。本来ならばJRで行くべきなのだがどうもバスに乗って駅まで行くのが面倒だったので始動させたばかりのサンクターボをお試しで。まあ、まだプラグも交換していないので低い回転域ではブスブスいうときもあってどうかな、と半分心配ながらも高速をぶっ飛ばす....でも、100km/h越えると速度計が死ぬので(妙なリミッターみたいなもんだ)実際の速度がわかんないのとフロントタイヤのバランスが狂っているようで振動が激しくなってしまうため安全な速度で走りましたけどね。でもよーく考えると途中で壊れたら飛行機に間に合わないというリスクは考えなかったのだろうか。そう思うと博打みたいなクルマで出張へ向かうのはやめた方がいい。みんなも時間に遅れたら困るような場合はこういうクルマで出かけるのはやめようね♪......ってみんなのクルマは壊れないよな。自爆。
尚、日曜日イリジウムプラグに換えてついでにプラグコードも中古だけど効率のいい奴に換えた。結果、なかなかいい感じです。エンジン、よく回ります。あとはタイヤをなんとかしよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

暴走特急(ワラ

DSCF3166房総半島に研修のため行ってきました。まぁ初めての場所というのは楽しみでもあるし初めての列車に乗るのもちょっと嬉しい。昨日羽田から真っ直ぐ東京駅に向かうものの毎度思うのは京葉線乗り場ってなんであんなに遠いいわけ?もう勘弁してって。完全に一駅歩かされている感じがするのだけど。で、暴走ぢゃない、房総特急ビューわかしおに乗った。E255系はお初、ちゅうかJR東日本の特急って基本的に東北エリアの列車にしか乗る機会がないのでなんとなく楽しい。ちょうど一ヶ月前は水戸へ行って来たわけで最近関東エリアでの行動範囲がちょっと広がってきたような。東京以外に仕事で行くことはあまりないだけにたまにはいいよね。
しかし行った先は予想以上に田舎だったけどのんびりしていて驚いた。東京からわずか一時間であんなに違うなんてねー。仕事が終わってあっという間に札幌へ戻ってきたけど時間があったら銚子に行ってみたかった。もちろん何が目的かは一部の人にはわかるでしょー?
さてさて反日問題だけど、はっきりわかったのはアレ日頃の鬱積が溜まったバカの集いだな。反日を肴に中国政府への不満を日本へ転嫁したもんだろ。政府相手にデモなんかしちゃったら逮捕されるもんな。イデオロギーというものをちゃんと理解している知的階級や一般民衆には反日のカケラも見あたらない。先日開店した北京のイトーヨーカドーでも大きな混乱はなかったでしょうに。ソニーの工場や流通拠点も中国にあるが、そこで働く中国人はプライドが高く誇りを持っているという。この反日デモが暴徒化すれば更に世界中から非難を浴びていくのは間違いがない。タダのイベントとして憂さ晴らしをしているバカ共は今後大きな代償を負うに違いないのだから当面は様子を見て笑っていようぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

どこだ?

どこだ?

仕事でこんな列車に乗るなんて。暖かな日差しの中での出張なんて久しぶりだ。しかし、ここはどこなんだよー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

ぐわわわわわわわわわわわわ...

DSCF3086昨日揃いはじめたサンクス限定スカイラインミニカー。今日は調子に乗って11本も買ってしまった。いいかげんこれでコンプリだろ、楽勝〜♪.....のはずだった。開けても開けても出てくるのはR34とKPGC10レーシングだ。それにR33が一つ。ぐわーっ、なんじゃあこれは!どーすんだよっ(泣)。まいったなあ....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うひゃーっ.....

collection_image_06サークルKサンクスの企画スカイライン・ミニカーコレクションだって・・・はぁ〜〜皆様の強力な協力を要請いたします。ぺこりぃ。もうこの手のモノは終わりがないのね、いやん。
DSCF0086で、さっそく7本だけ買ってきた。10種類なのになぜか7本だけ買うバカな私。まずは軽くジャブでさ。で、二種ダブってもーた。R34とKPGC10レーシングVer.がダブった。が、あれれれ?一番右は....一覧に無いぞ?もしかして?フフフ。しかしコレなんとプロデュースが京商なんだよね。だからこそ買い、だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

わっはっはっは...(バカ)

教科書の人物写真に落書きをしたのは小学生の頃だったか。今更こーゆーことするバカな自分に苦笑い。ま、小市民の怒りなんぞこんなもんだろう。温家宝さま、ねえ、もう一度聞いて良いですか?このたびの反日デモについては御国に責任は本当にないのですか?バカな日本人にわかるように教えてくださいな。我が国からのODAや円借款は幅広く御国の民衆、もとい人民に伝わっていますか?いつまで日本からお金をたかるんですか?まだ足りないですか?いつまで後進国気取りで居るんですか?そんなに日本人が嫌いですか?毛沢東が文化大革命の時に虐殺した人民は何万人だったんですか?........もう考えると本気で中国が嫌いになるな。いやもともと好きではないのだが。ここ数日間で反日問題を掲げるブログは数多し。トラックバックを頂いているところもけっこうある。「Art Grey」様もそうなのだが、本当にみな怒っているのだった。本質的な問題を語れば半端でなく大変なことになるのだが歴史問題を含め我々は正しい知識と認識を持って日本と他国の関係を考え直す良い機会なのかもしれない。しかし....お陰でマジ熱が出てしまった。喉も痛いし....まいったなぁ。忙しいんだけどなあ....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑え

gumin怒りの矛先をどこへ向けて良いのかわからない日々で胃が痛くなる。良識ある日本人の皆様におかれては日々報じられる支那の愚劣な暴動に腑が煮えくりかえる思いではなかろうか。まあ「責任は中国にない」と支那の外交部が正式に語ったわけであり、反日デモに関しては政府が完全に放置していたことを認めたわけだ。世界のメディアは国際社会における中国のバカさ加減を大々的に報じておりオリンピックを開催する国として相応しいのか疑問視する向きもあるとか。そりゃあそうだろう、このような国民の恥を世界中に曝したわけだから誠に愉快というか後先を何も考えていない愚民が多い国であると大々的に宣伝しちゃったわけだからね。自らの蛮行を記録している愚民達が手にしているカメラが日本製であることからしても単なるお祭り騒ぎに便乗したいだけだったのだろう。娯楽もろくになさそうな哀れな卑民を笑ってあげようではないか。もちろん音楽はこれを聞きながら大いに笑ってさしあげましょう。ま、そんなことはお構いなしに新しい公邸が出来たとはしゃいでいる我が日本の首相と歴代首相を抱えている我らも不遇なものと思うべし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月10日 (日)

エンジン始動

DSCF0079昨年11月にエンジンを止めて以来約5ヶ月間車庫で眠っていたサンクターボを叩き起こす。バッテリーが放電していたので放置状態だったクルマに息を吹き込みとりあえず始動。長いブランクにもかかわらず一発で掛かるエンジン、マフラーからは大量の煤が飛ぶ。今年の目標はなんとかして汎用のアルミホイールを入手し新たなタイヤを履きたいと思うのだが、なかなか....本当は今日ちょっと走りたかったのだが生憎の雨で断念。万が一どこかで止まったら雨空の下で途方に暮れるのもイヤだというのが本音。クルマが雨に濡れるのは全然構わない。雨漏りも今は治っているし(笑)。来週にはイリジウムプラグが届くのでこれに換えたら走り出そうかと思っているのだ。なにせアイドリングが安定しとりわけ低い回転域でもしっかりスムーズに回るらしい。サンクターボに乗っている方のほとんどが抱えているこうした部分はこのプラグで改善されているというので楽しみかな。
さて....相変わらずムカツク問題が深刻だ。ここのサイト「中国反日情報」は必見だ。冷静な対応をしている知識層は別としたネットで踊っている中国版2ちゃんねらーみたいな民度の低い連中の呼びかけがこの事態を引き起こしているようだ。目の前で犯罪行為を犯しながらも黙認を続ける中国当局、警察へ怒りを禁じ得ない。明らかな国際法違反である。中国人による殺人事件などがたびたび起こる我が国。中国大使館前で日本人がこうした愚劣な行動を取らないことは中国人はどう見ているのかね?
あと「こんなとこ」は見ておくといいかな。でも、さすが「国営新華社通信」は反日の「は」の字も報じていない。ふん、さすがだな(藁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 9日 (土)

会いたかったよ....

どんなに恋いこがれても逢えないときもある。その出会いが今後二度とない場合はなおのことだ。ロッキード・コンステレーション1948年製の機体が韓国ソウルへ向かう途中函館空港へ寄港したのは昨日のことだ。今朝早くに旅立った彼女を一度だけでも見たかったなあ。我がお師匠様は夜中にクルマを駆り函館空港までお出になったのだが見事に素晴らしい写真を撮影されていた。うむむ、優雅で美しい曲線美、クラシックなお姿....いいなあ。現存して飛行可能な機体は世界でもわずか4機、こりゃ見るしかないですよね。はぁー....

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年4月 6日 (水)

後がない?

DSCF3068デジタルカメラの世界はどうも薄く軽く液晶モニタはでかく、というのがトレンドだ。でも、やっぱり格好が大切。てなわけで5月発売予定の某社「Z1」なのであります。Zはアルファベット最後の文字。究極か?それとも後がないのか?ビミョーなネーミングだがそこいらヘンに転がっている薄型デジカメとは訳が違う。なんたって画質がよい。で、「実用感度」が800だということ。因みに4/3のカラフルな椅子が写っている「日だまりの中で」という日記に用いたカメラがこのZ1であります。逆光でもなかなかいいでしょ?F10は抜群なパフォーマンスを誇り今お陰で人気ですけど(某Yカメラ売り上げNo.1でつ)Z1も待ち遠しいカメラ。毎日持ち歩きたいカメラとして爆発的に売れることを祈念しつつ....

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コンテッサ1300だってば

DSCF0068先日とある御仁と話をしていて二代目日野コンテッサ1300には「丸目4灯ではなく2灯のモデルもあるんだよ」と言ったら信じて頂けなかった(笑)。嘘つきの私だからだろうか。でも、日野コンテッサというと誰もが4灯のイメージだよね?ミニカーだってそうだし実車でもほとんど2灯のモデルなんかお目に掛かったこともないし。だが実際に存在することを私もカタログで知ったのだ。4灯のモデルは「デラックス」というグレードのみで、実際にはスタンダードモデルは2灯であった。細かい違いを言えばメッキされたモールも無いしリアのルーバーもボディと同じ色である。あの特徴的なリアも素っ気ないものだ。なので実にフランス車っぽい。もともとルノーR8をベースに作られた車なのでサイドのプレスラインなどにもその雰囲気がうかがえる。2灯になればなおのことR8みたいで可愛い。ミニカーでコレ作ってくれないかなー。自分で改造?その手もあったか…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

【緊急号外】許すな支那人

中国での日本企業襲撃のニュースに激怒する。もう完全にはらわたが煮えくりかえった。これで胃潰瘍になることは確実なので中国政府に対し慰謝料、治療費を請求すべく手続きを行いたいと思う。やっていいことと悪いことの分別がつかない国民の程度と言えばそれっきりだが2000人もの中国人によるデモ、イトーヨーカドーなどの日本企業への投石、破壊活動を引き起こしたのは民度の低い人民のせいとは言い切れぬ。紛れもなく人民への反日抗日教育を行い続けた中国政府に責任があり、日本政府は即座に遺憾の声明を出すべきだったろう、何が「憂慮」だ。過激な行動を行うなどの血気盛んなアフォ人民共は日本が中国に対して行っている数々の援助をほとんど知らないのだ。いや、正確には知らせていないのだろう。中国ではご存じの通りメディアは規制の対象であり人民には自国が不利になったりすることは一切伝えられていない。ある程度の有識者であればそのような筋違いな行動を取ることはない。これは中国政府が裏から手を回した確信犯的な活動なのだ。我々の生活、とりわけミニカーをはじめとするコレクターズアイテムの多くが中国製であることに非常に不快感を示しながらも購入を続ける私がもっとも不愉快に感じている事なのである。悔しい。因みに米国のジャーナリズムはこの事に対し「中国政府による反日教育が問題であり戦後模範的なアジアの大国として努力してきた日本には問題はない」と論じている。誰か動物園のパンダでも殺したりしたらどうなるんでしょーかねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ま、オサレだけどね、オサレ。

DSCF0063最近は蕎麦屋がやたら増えてきたようだ。札幌でも旨い蕎麦を食わせる店が徐々に現れてきたけど「オシャレ」なイメージで旨そうに演出をしている店が多くいつも食おうかやめようか迷ってしまう。だいたい蕎麦屋といえば当たり前だが和風の作りでこざっぱりとした店構えが定番だ。確かに「見た目」は大切だが味の方がもっと大事なのだと思うんだけどねー。北24条の「真々庵 樽そば」は手打ちの蕎麦を食わせるいかにもってな店なのだが、味はそんなに悪くはない。ただちょっとキレが悪くもちっとしていること、香りが今ひとつ、そしてつゆが問題。醤油の味がきつくかえしが弱い。それに量が少なく値段もやや高め。んー、なんていうのかなあ…オシャレでいかにも手打ち蕎麦屋でござい、ってな脱サラ風のお店が多いんだよね。うちの近所にもあるんだけどやっぱりそんな感じ。でもねーもっともっと旨い蕎麦を食ってこいっ!と叱咤してしまう味なのだよ。ラーメンとは違いバリエーションで勝負出来ない蕎麦だけに難しいんだけどねえ。(おっと言い忘れたがこの写真で「大盛り」ですんで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

日だまりの中で

DSCF0051春とは名ばかりで雪が舞う札幌。冬来たりなば春遠からじ、でも冬去りし春さらに遠からじの日々。桜の開花が遅れそうな北海道。気持ち的に春が来ると意味もなく嬉しいはずなのにこんな毎日ではとても春とは思えないね。北海道の厳しい冬を乗り越えると春が待ち遠しいのだけど、雪が激しく降り続く日々を過ごしてきたときには「今年は春が来ないのではないか」と本気で思ってしまう。なにせ地震は多い、本州、とりわけ雪があまり降らない地域でさえドカドカ降ったこのシーズン、天変地異?かと不安になるのも致し方ないでしょ。私の場合身の回りに心配事がない変わりに日本の将来のこととか、国際問題、外交政策なんかで頭を悩めるバカなヒトなので春のひだまりで幸せを感じることが一番の癒しかも。できれば人の余り居ない温泉の露天風呂で一風呂浴び、好天の下でほのぼのするのが一番のスタイル。下世話な戯れ言からも解き放たれてみたいのだなー。猫みたいな生活って憧れるかもしんない。何かから逃げているわけじゃないんだけどね。みなさんはどうよ?上がってる?私といえば忙しかった期末を終え、4/1は打ち上げで飲み過ぎました。家へ戻ったら5時、久しぶりに二日酔い。ま、たまにはいいでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »