« 水戸なの、水戸。で? | トップページ | (藁) »

2005年3月21日 (月)

水戸といえば

mitokoumon納豆と梅、そして水戸黄門でしょ。昨晩遅くに水戸入りしたのでなんとなく不安。初めての土地、しかも茨城自体も初めてだ。普通見知らぬ土地は昼に入る方がいいなあと思う。やはり駅に近いホテルは便利なんだけど周囲の状況がまるで分からないのが難点だ。だが、朝に駅前周辺を見て、さらにバスで目的地である偕楽園へ向かうときに見た水戸市内はいわゆる地方都市のお手本のような街並みで思わずほっとするのだった。ああ、本当ならゆっくり歩いてみたいと思わせる魅力のある街である。市内の重要交通はバスであり、狭い町中を走れる小型のバスも多く走っていた。で、偕楽園ね。サンプル撮影がメインの仕事なのでとにかく梅を撮影せねばならん。が、天気が悪い。今日は晴れ時々曇りのはずなのに、どよーんとした天気に思わず天を仰ぐ私。でもとにかく撮影はしないとならないのだ。一通り撮影したら、なんと私の業績に感激したのか黄門様が現れた。しかも一緒に撮影に応じてくれるというではないか。なんともったいないことか。東京出張は結構多いけど東京からちょっと郊外へ出かけることなんか滅多にないことなので非常に楽しめたのだが、午前中で水戸を後にして私は一路札幌へと帰ることになるのだ。また来てみたい水戸なのだった。

|

« 水戸なの、水戸。で? | トップページ | (藁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/3374544

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸といえば:

« 水戸なの、水戸。で? | トップページ | (藁) »