« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月31日 (木)

写真のチカラ

DSCF1641新発売になった「FinePix F10」はデジタルカメラが苦手だった高感度を制圧し、今まで撮影が困難だったケースにも柔軟に対応してくれる。実際には1600という感度を使う機会は少ないかもしれないが、フラッシュを使いたくない場合(私はほとんど使わないヒトなので)には「ここぞ!」というときに保険みたいな使い方が可能である。F10はISO感度と撮影モードを色々と組み合わせることにより奥が深い撮影が出来る。基本的にプログラムオンリーなのだが、個人的に「フルオート・フラッシュオフ・ISOオート」がもっともスナップ撮影に適しているのではと思う。このままでISO感度は80〜800まで自動的に変化するので「露出」という概念が吹っ飛んでしまう。つまり明るいところから暗いシーンまで何も考えず本当に押すだけでイイ、というのはフィルムカメラでは難しいのである。スナップシューターにはこれほど適したカメラはない。しかもチャンスを逃すことのない起動時間、タイムラグ、そして恐ろしいほど長く持つ電池のお陰でデジタルカメラの呪縛から開放されたことは大きい。確かにフィルムにはフィルムの底力はある。だがデジタルカメラの進化によって写真のチカラがよりパワーアップしてくるのも歓迎なのだ。見えなかったモノが見え、表現が広がることは写真をより楽しくしてくれる。(画像はISO1600による手持ち夜間撮影。我が家の近所)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年3月30日 (水)

記憶のカケラ....

otaru001ヒトの記憶は時を経ると美化されることがあるが、それは記憶がとぎれとぎれになりその断片を拾い集めているうちに失ったパーツに余計な感情をすり込み、実際にはなかったことなどが織り交ぜられる場合が少なくないからなのだろう。現実と妄想がどこか交錯し完成された記憶は自分に都合よく形成され結果として美化されてしまうのだろうか。想像力が豊かなヒトはいつのまにかそんな過去の断片を真実と勘違いしていることがあるという。老いて昔のことを思い出すと良いことばかりを拾い集めているので少なからず美化された物語になってくるのかもしれない。昔もの凄く好きだった、それも片思いだったヒトに突然再会したとき過去の記憶のカケラがいっぺんに降り注いでくる。それを整理する間もなく現実に直面したとしても過去のカケラはけして変化することはない。記憶は記憶であって妄想ではないのだからそれを歪めたりあるいは正したりすることは不可能だ。ああ、あのときこうすればよかった、なんてどうにもならない失敗した思いなどを拾い集めては必死にゴミ箱を探してヒトは彷徨うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月29日 (火)

期末....まつまつ....

ibex1いよいよ仕事が煮詰まってきた。月末に加えて決算月なのでバタバタ。まあ、直接私は数字を持って押し込みセールスをするわけじゃないのだが提出書類や色々な処理、それに来期のスケジュール調整などの打ち合わせに奔走してます。来月からもう4月、いやあと数日なのだがもう頭が痛いスケジュールなのであります。これでは私の大脱走計画はどうなるんだよ、と。仕事優先でしょ?そうです、そうです。でも昨年はなー東北へずいぶん逃げたモンだ。今年はまだどこへも逃げていないのだった。画像は意味はないけどコレに乗れば国外逃亡の玄関口へと導いてくれるはずの某ジェット機だ。ん、早くこれに乗って逃げたいよぉ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月27日 (日)

鬼はそと....福はうち

onihasoto最近の日記は以前と違って辛口な批評がなくてどうしちゃったんだ?との声あり。いや世間の出来事に対しあまりにも呆れてしまってさ何も言えなくなってしまったのよ、と言い訳をしている私、猛省すべく辛口を仕入れに出かけた店がここだ。昼は「鬼はそと」という店名でカレーうどん専門店、夜は「福はうち」というしゃぶしゃぶ、すきやきの専門店に名前が変わる。伏見の小高い山のところにあり一帯は高級住宅街やレストランが多いあたり。しかし店構えは高級すぎて一瞬足がすくむ<貧乏人。しかも玄関でギャルソンがお迎えでドアを開けてくれ、しかもテーブル席へ案内されると椅子まで引いてくれる。ほー、いいのか、そんなにサービスして。さてカレーうどんは三種類のスープから選べるが今回は辛口の「スパイシー牛ほほ肉入りカレーうどん」にする。思ったより早めに出てきてスープを一口すすると「おお、こりゃ何だ!」和風のテイストと洋風のスープが見事に調和したまったく新しい味。濃いめのスープはけして塩辛いわけでもなく濃厚でありつつも後味がさっぱりだ。うどんも腰があり歯ごたえもいい。贅沢なスパイスがおごられているのだろう、辛みは強いがいやらしい辛さではない。極めて上質で味わいのある一杯。はー、こんなカレーうどん初めて食べたよ。昼の営業は11時から16時まで。ぜひ皆さんも行ってみてください。札幌市中央区伏見1丁目3-11藻岩山山麓通り沿いです。ただしお昼時は混むようなのでやや時間をずらした方がいいかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダラダラといつまでも

DSCF0937休みに朝早く起きることが出来なくなってしまった。それは夜更かししているからだろう、というのもほぼ正解ですが、やはり平日の疲れがもの凄いわけでして、主に精神的疲労ってなとこでしょうか。会社にいると本当に疲れる事が多くて。疲れる原因には別な要因が増えちゃって(ばく)分かる人はわかります。実は今日は眠たくてかなわん、思ったのだがどうやらお二階さんが引っ越していったようだ。ドタバタ朝からうるさいので外を見たら引っ越しトラックが。ほー、きっと同棲していた二人が籍でも入れたか?(笑)。それとも....真相は不明だがこれでしばらくドスンドスンという足音から開放される。ああ、考えてみればこのアパートで一番長い人間になっちまったよ。ミニカーの整理も引き続きやってます。もう、本当に大変です。だから休みはダラダラしたいのに出来ない。でも今日は右手のリハビリで久しぶりに500mmを引っ張り出しました。うう、やっぱり重い。まだ痛む右手首、力が今ひとつ入らないけどこんな飛行機撮影してました。詳しくは画像日記でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

鶏めし求めて三千円

kasiwasibazushi昨日は(24日)昼に芝寿司の「鶏めし」を食った。写真右の楕円形の弁当だ。芝寿司は金澤の老舗であり、札幌にも支店があるのだが実は我が家の近所に工場と直営売店がある。そこで運が良ければこの鶏めしが買える。600円弱というお買い得感が漂う雰囲気だが、味もそこそこ旨い。鶏といってもメインはそぼろなので物足りないというか、量もけして多くはない。大館の鶏めしに比べると甘みという点ではやや近いとも言えそうだがコクが足りない。やや薄味なのでそう感じるのだろうか。左側の写真、二個の弁当は九州の駅弁で左が佐賀県の鶏めし。これは680円とまあお買い得であるが味はなかなかのもの。じっくり炊き込まれた鶏の出汁が利いており、冷えていても美味しくいただける。右側は小倉駅のものだが、こっちは1000円と値も張るけど普通の五目炊き込みご飯のような味がやや残念なところ。いずれにせよ大館・花善の鶏めしには及ばず嬉しいようなもっと他の鶏めしもガンバレよといいたいのである。しかし食い過ぎか、オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月24日 (木)

(藁)

DSCF0020水戸土産といえばこれしかないでしょーってな「天狗納豆」を買ってきました。しかし奥が深いのは「元祖天狗納豆」というブランドもあるんだよね。しかも店主の名字が同じなのに会社が違うようだ。これはどこかでのれん分けしたのか、あるいはお家騒動か。よくあるパターンだよね。ま、それはともかくワラに包まれた納豆はどこか違う。大豆に納豆菌を付着しワラに包めば納豆のできあがり、というものらしいがたぶんそんな単純じゃないんだろう。しかし香りがいいのは確か。小粒であんまり糸を引かないのでグチャグチャに混ぜてやっとネバネバしてきたくらいだ。で、いつもの角館名物安藤醸造元謹製の極上醤油をぶっかけ熱々ごはんはあきたこまちにどばっと乗せればすんばらしいご馳走なのだ。おおお、うめえ!ビバ納豆!かぐわしき香りと醤油のコクが口の中に広がり鼻腔をくすぐる。米の甘みがさらに追い打ちをかけると私は極楽へ。日本人は納豆を食え!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月21日 (月)

水戸といえば

mitokoumon納豆と梅、そして水戸黄門でしょ。昨晩遅くに水戸入りしたのでなんとなく不安。初めての土地、しかも茨城自体も初めてだ。普通見知らぬ土地は昼に入る方がいいなあと思う。やはり駅に近いホテルは便利なんだけど周囲の状況がまるで分からないのが難点だ。だが、朝に駅前周辺を見て、さらにバスで目的地である偕楽園へ向かうときに見た水戸市内はいわゆる地方都市のお手本のような街並みで思わずほっとするのだった。ああ、本当ならゆっくり歩いてみたいと思わせる魅力のある街である。市内の重要交通はバスであり、狭い町中を走れる小型のバスも多く走っていた。で、偕楽園ね。サンプル撮影がメインの仕事なのでとにかく梅を撮影せねばならん。が、天気が悪い。今日は晴れ時々曇りのはずなのに、どよーんとした天気に思わず天を仰ぐ私。でもとにかく撮影はしないとならないのだ。一通り撮影したら、なんと私の業績に感激したのか黄門様が現れた。しかも一緒に撮影に応じてくれるというではないか。なんともったいないことか。東京出張は結構多いけど東京からちょっと郊外へ出かけることなんか滅多にないことなので非常に楽しめたのだが、午前中で水戸を後にして私は一路札幌へと帰ることになるのだ。また来てみたい水戸なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

水戸なの、水戸。で?

DSCF1589仕事を終えて特急スーパーひたち55号に乗る私。上野発の夜行列車・・・ではないが、満員御礼の車内は土曜の夜に相応しい怪しい人々でいっぱいだ。何が怪しいってどう見てもホスト風のあんちゃん、その友人、スリの常習犯(ばく)、家出娘、オカマ・・・ってこりゃなんだい。私の勝手な妄想である。思えば昨日は会社の先輩に連れられてお台場のトヨタが経営する某ショップに行ったのが間違いだった。彼はミニカー好きだ。まんまとはめられたね。ま、それはどーでもいいんだが、水戸である。何をしにきたかというと新機種のサンプル撮影なのだ。夜に強いカメラということで室内ばかりのサンプルで、気がつけば屋外のものがない。しかも今北海道で撮影したって汚い景色しかないので全然は春らしくない。だから梅を求めてやってきた。だが時間があまりないので明日は早起き。ううう、眠たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヲタヲタ

DSCF1521ホテルからのPCなので画像投稿できないのがつらいけど、明日にはモバイルで追加するんでお楽しみに。東京ビッグサイトといえば各種イベントで有名な場所だが、あまりにもカメラ小僧が多いので撮影禁止のイベントも多くなったとか。が、今行われている「フォトイメージングエキスポ」はそんな小僧たちの年に一度のお祭りである。ただ、業者向けのラボショーとプロ向けのIPPFも同時開催のためさまざまなお客が入り混じる。北海道から説明応援に行くのは異例のことで、他の支社、営業所から説明員として行く人はいない。なぜ私が毎年呼ばれるかというとその理由はただ一つ。「ヲタク対策要員」なのだ。今年はないと思ったんだが突然の依頼で戸惑う私。なにせこのときばかりとメーカーを困らせてやれ、というヲタが集う。しかもとびっきりたちの悪いやつもいるのである。が、私は負けない。どんな質問でも誠実に時には理論建てをして答える。大抵のやつは納得する、そこで周囲のスタッフも「さすが!」というのだ。「目には目を、ヲタクにはヲタクだねえ」誉めてないってば、それ。しかし、なんでソーユーやつは一目散に私に向かって来るのだろうか?同じ匂いがする?そんな馬鹿な・・・明日は水戸から更新します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

DSCF1588渋谷25時、街は喧騒がまだ続き酔客と茶髪の若者、それに無理めなミニを履いた馬鹿女の渦の中私はホテルに辿り着く。牛肉を輸入しないと酷い目に遭わせるぞと日本国民がBSEで死のうと知らんコッチャーと米国人が吼えても、竹島は韓国のものスミダーと叫んでも、耳に入ることのない人々とすれ違いながら「シャチョウサンマサージイカガアルカ?」と声をかけられても心は此処にあらず。某ボルボ乗りのZ氏はくそ忙しい残業を終えてこんな男の愚痴に付き合ってくれた。ありがとう、奥さんによろしく、あ、プロジェクト「G」はたぶん未完のまま終焉を迎えるでしょう、期待しないように。ま、どんなに明日が輝こうとどんなに明日が惨めな思いをしようと日はまた昇る。重い鞄を背負いながら飢えた狼が大都会をさまよう。.............んなカッコイイもんじゃないわな。中島みゆきが歌っていた「狼になりたい」はよかったのー。都会で言いたいことも言えずにさまよう気弱な男たちの歌だ。そう、狼にならねばならないのだ。ただ一度でいい、狼、いや龍のように火を放ち天へ昇るのだ。がんばれ俺(ばく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

もー大変

DSCF1517最近ムチャクチャ忙しいのだけど、家へ帰ってもすることは山のようにある。今日はコインランドリーへ行く。実は3/17まで近所の店がキャンペーンで半額なのだ。それ、とばかりに毛布、敷き布団カバー、掛け布団カバー、シーツ、冬物などずっしり重い洗濯物を抱えて走る。その後は家でコレクション部屋の整理に着手。実は少しずつやっているのだけど一向に終わらないので捜し物を兼ねて徹底的に手を付けたのが間違いの元。山と積まれた様々なモノ(写真で見る限りゴミのようだが違うぞ)を整理するために悪戦苦闘するも、途中で山が崩れ始めパニックになる。ミニカーはもとより食玩、プライズモノ、温泉のパンフレット、そして先日引っ張り出したシャワーキャップなどがあちこちに散乱し捜索中止。気が付けば夜中の二時を過ぎている。あああああ、もうどないしょー。初公開の我が倉庫....ぢゃなくてれっきとした部屋なのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

夜の操車場

DSCF1514DSCF1516お取引先と会食のあと、自宅へ戻るために電車に乗った。会食先が市内中心部ではないので久しぶりの短距離JRだ。我が家から駅は歩いて20分ほどなのでのんびり歩いていたら操車場の灯りが妙にキレイに輝いていた。子供の頃夜の操車場が大好きだった。夜の静寂に響く短い汽笛がこだまする。蒸気のドラフト音が聞こえてくると次の瞬間には連結音がステレオのように空間を占め私の頭に降りかかってくる。今はそんな雰囲気を味わうことは出来なくなったけどたまにこんなシーンを見ると心がキュンとなってしまうのはなぜ?
ところで最近コメントないぞ!....見ていないのか<みんな

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

幸楽ラーメン

DSCF1503DSCF1499なぜか寒い時期になると「幸楽ラーメン」が無性に食べたくなる。ここは砂川市の地元では人気のお店。奇をてらったものではなくフツーのラーメンなのでムチャクチャ旨いよー、ってなものじゃない。でも、素朴な味わいで突然食したくなるのがイケナイ。無造作に斬られたネギといい、凝ったスープでもないのに人気なのは「こんなラーメンが食べたいよね」というナショナルスタンダードな味に他ならぬ。熱々のスープをすすると、そうそうこれじゃなくっちゃと膝をぽんと叩きたくなるようなアレである。硬めのストレート麺も実に旨い。またボリュームもあるのでライスを追加したり大盛りの必要はまずない。ひとしきりたらふく食ったあとはお店の看板猫と戯れる。可愛い。膝に乗ってきてなかなか離れようとしないこいつ、ちょっと重いぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年3月12日 (土)

涙、涙のコンテッサ

DSCF1494トミカリミテッドヴィンテージシリーズ待望の「日野コンテッサ」登場!私がもっとも愛する国産車。コンテッサはミニカーにあまり登場しないモデルだが、あってもクーペばかりでセダンはほとんど無いはず。アンチモニー製のモデルペットが過去にセダンを発売したけどそれ以来かも。因みにモデルペットのコンテッサセダンは箱が無くても今なら一万円を下らないほどの価値があるのだ。しかしさすがはイタリアはミケロッティのスタイル、そしてルノー8の流れをくむメカニズムはラテンの香りがプンプン。子供の頃から私の好みはラテン系だったんだなあ。ただ苦言をひとつ。本当に最近のトミカリミテッドヴィンテージシリーズは出来が悪い。ボディの塗装も今ひとつだし、チップ(ツブ状の隆起)も多い。当初は出来の良さがさすが、と思わせたけど最近はどうにも中身を確認しないと安心して買えないほどひどい。私も5〜6箱中を確認して購入した。中には絶対に出荷基準から外れるだろうと思えるほどのものもあっただけに猛省を促したいものだ。リミテッドといいつつ一般のトミカに負けるあるいは食玩に負けそうな出来はどうかと思う。忙しかった先週を癒してくれる此奴を眺めつつ穏やかな週末を過ごす。因みにコンテッサは各色二台ずつ買ってしまったよん。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年3月10日 (木)

癒しの時間

DSCF1450ここ数日間の過酷な労働により神経がやや危険な領域へと踏み入れそうになったとき、コンビニでこういうものを見つけた。チョロQの仲間なのだが、いわゆる食玩。「ちびっこチョロQ・マメデジ」というらしい。大きさは2cmほどでご覧のようにパソコンのキーボードと比較するとお分かりになると思うがかなり小さい。しかも赤外線によるリモコンで走行する。さすがに左右へハンドルは切れず前進と左向きでバックするモードのみだが十分遊べる。デジQも驚いたけどこれもすごいよ。しかも600円ほどの食玩なのでラムネ菓子がひとつご丁寧にも入っている。いや、これがメインなのだ。あくまでもチョロQがオマケである。工具箱みたいなケースが赤外線コントローラで。これに収納できるのも面白い。車種はR34のスカイラインとこのフェアレディZ。さあ、みんなでコンビニへ走れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 7日 (月)

愚弄なる小市民

....とは私だ。日々微熱にやられ未だ治りきらぬ風邪と闘いながら仕事へ挑む。なんでこう忙しいのかねー。いや本当は忙しいなんて言いたくないのだよ。忙しいのが自慢だなんて思われては困る。バカで無能だから仕事の効率が本当に悪いということは十分承知しているはずなのだが改善出来ないのはタダの愚弄な人間に他ならない。でも風邪が治らない理由は常に怒り心頭な為ではないかと思うのだ。どこに怒っているか?それは韓国、中国の何を今更反日運動ってやつかね。盧武鉉がこの間大々的に暴言を吐いたね。え?日本の戦時中の犯罪を明らかにし精算と謝罪をと繰り返し吐きやがった。戦争責任についてはすべて解決済みであり、それは韓国も中国も了承し今後一切の補償を求めないという宣言をしているのだ。北朝鮮の「解決済み」という口汚い言い訳とは次元が違う。中国へはご存じの通り円借款やODAによる政府からの援助を受けておきながらまだ金をよこせというのかね。言葉は悪いが中国人を見たら泥棒と言わざるを得ない。その上ガス田もアンタらのもんかい(笑)。ジャイアンかね。その他民間投資を含めばすでに国家予算以上の金が投入されているのだが、それでも足りないかね?自らを発展途上国と公言しているようであり国際社会から笑い物になるだけだと思うんだがな。韓国もそうだがあいつらは未来永劫日本と真の友好なんぞ求めていないことがはっきりわかった。反日抗日であることが彼らのアイデンティティなのだから。今年は韓国との友情年らしいが、それは「普段よりは仲良くしておくか」という程度のものか。民間レベルの交流はあっても心情的に本当の隣人になれる日は来ないんだろな。それにしても腰抜け日本政府よ。極めて不快の念を抱いているとの発表もなしか?そしてヨン様のポスターを破り捨て火を放つ奴らくらいいてもいいのだろうけどねえ。日本的小市民は腰抜け腑抜けとますますバカにされているのだ。怒れ良識ある日本人!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月 6日 (日)

週末はいつもだ....

DSCF1380体が言うことをきかない朝は寝るに限る。そういえば先週は仕事だったんだあ、とレイトな昼飯を食った後会社へ出かけ来週の段取りをちょっとだけ行う。その後コナミの絶版名車を仕込みに。今回はギャランGTOとランサー、スバル360さえあればまあ良いだろう、と思い気合いを入れて購入。見事欲しかったものをすべてゲットするという快挙。どうだっ、とばかりに我が拳を天へと突き出す私だ。しかし食玩とはいえ相変わらず出来栄えはなかなかのもの。ま、細かい点で気になるところはあるけれど値段を考えれば上出来。もっとも1/64ではトミカリミテッドヴィンテージシリーズやダイドーの賞品とかぶるラインアップはどうかと思うが6月にもまた絶版名車シリーズ第5弾が出るらしい。次回はパブリカ、ホンダZが目玉かと思う。まあミニカーコレクターにとって安息の日々は一生ナイのだと思うと泣けてくるわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 5日 (土)

ターボにつき....

仕事がターボ。暇なし。体調最悪、風邪抜けぬ。朝は遅めに出勤し深夜まで仕事という毎日。でも今が正念場なので文句は言わぬ。悩みではないのだが懸念事項山ほど抱え本当に時間なし。苛立ちとストレスはたまるが意外に元気。その源は何かと言うといつか行くぞ台湾!オープンチケットが手元に届いているのだが果たしていつ行くんだ?しかもパスポートが見あたらぬ。留守がちな私なので盗難にあっては大変と泥棒が捜し出せない場所へ隠したら本人さえどこにあるのか分からぬ始末だからしょーもない。そもそも我が家に盗人が入り込んでも大半の泥棒は「先客あり」と勘違いするほどの乱れように仕事をする気が失せるはずである。もしかするとあまりの惨状に警察を呼んでくれるか、お片づけをしてくれるか、であろう。泥棒に入られたくない人は部屋をとっちらかしておくことをおすすめする。ま、そういう多忙な日々であっても世間で起こる出来事に目を向けない日はないのであり、中国へのODAをまだ三年続けるだとか、牛肉をとっとと輸入しなければこっちも日本製品の輸入を制限するとぬかすアメ公だの、バカが多くて困る。堤タイーホであぶり出される政治家が何人踊るのか、まだまだ世間の芝居に酔いしれる機会が多そうなのでしっかり見届けたい事が多いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

連れております

DSCF0632昨日購入した「iPod shuffle」だけど、意外に使えるなぁ〜と感激しております。いや期待していなかったわけじゃないのだがどう見たってただのUSBメモリストレージにしか見えないのに音楽がちゃんと聴けてバッテリまで入っているのだから、どう考えても凄い。店頭に置いてあった此奴はあまりに軽くダミーかと思ったが実際持ってみると驚くほど軽い。プラスチックの塊をくり抜いたようにも見えるチープないでたちも、角はあくまでも計算されたようにシャープで、スイッチの感触も非常にいい。肝心の音質もそりゃガンガン鳴るというほどではないが耳障りのいい音で柔らかめ。いやぁ、これは病みつきですよ。お気に入りの音楽をMacで編集して此奴にぶち込んで日々のお供にしたいと色々考えていますだ。なにせ毎日激務モードに入り今後もハードな日程が続くのでこんなのでストレス解消しないとさー。風邪もまた悪化しそうだし、腱鞘炎も酷くなってきたぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

iPod shuffleあるじゃん....

DSCF1378今日所用で駅前のとある大手量販店へ行く。ここの三階にはMacのコーナーがありちょっと見ると以前から気になっていたiPod shuffleが「お持ち帰り出来ます」になっているじゃん。512MBのタイプしか在庫が無いようだが私には十分な容量。もともと出張の時くらいしかポータブルオーディオを持参しないし、それも最近は面倒でほとんど持ち込むことはない。音楽はなくても平気だけど聞き出すと欲しくなるいやらしいタイプの私。思えば以前はソニーの魚食う男をよく使っていてその後はCD魚食う男、録再MDになっていたがここ数年は持って行くのが面倒だったのでコレは待ってました〜〜という商品だったんだよ。いやぁ、小さい小さい。音楽の読み込みもiBook G4だとかなり速くほとんどストレスがないのに驚き。早速明日は先日から好んで聞いているサイケデリコでも読み込んで通勤だな〜っと。しかし....絶対になくしそうなほど小さいのが心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »