« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月30日 (日)

本日二発目

DSCF0626今日夜にNHKからダンボール箱が返ってきた。テレビ出演を果たした我が愛しのシャワーキャップ達(爆)。が、送ったのは二箱だったのに三箱戻ってびっくり。中を開けると番組で使用していた発泡スチロールのマネキンが入っていた。「記念にどうぞ。小倉優子ちゃんのサイン入り用に」....なんて粋な計らい!その他テレビで使用したフリップも同梱されていた。で、画像は件のモノ。どうだ!彼女が番組内で見事に被ったキャップ、それも収録終了後にサインを頂いたのだよ。ほほほ、すんげえお宝。オークションに出したらいくらの値段が付くのやら....絶対に出さないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニカーネタだが....

DSCF0016どうしても今日はひとこと言いたい。北朝鮮の問題だが「北朝鮮は朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の27日の談話を皮切りに、安否不明の日本人拉致被害者再調査への日本の対応を非難する反日キャンペーンを、国営メディアだけでなく政治、社会団体を動員して開始」だとさ。つい先日もとある国際会議場で「拉致問題は解決済みだ、日本こそ占領下に於いて行った人民強制連行....云々....」朝鮮では日朝平壌宣言の存在というものが人民に全く浸透していないようだな。教科書からも削除されているのだろう。それこそ過去の清算については解決済みでありこのことは中国でも同様のことが言えるんだが。経済制裁について消極的な小泉獅子頭総理は朝鮮族議員への不要な配慮に頭が一杯なのだろう。皆さんは日本のゼネコンと北朝鮮の結びつきをご存じだろうか。日本の工事に用いられる砂利はコストが安い北朝鮮物が多く使われているのである。この利権絡みに自民党の一部の政治家が関与しているのである。我々ができる経済制裁、それは北朝鮮産のアサリを買わないこと、スーツを買わないこと、パチンコをしないこと。北への貨幣を排斥することから始めるしかないのである。さて、本題(笑)。今日は仕事だったので帰りにスーパーで晩ご飯の買い出しへ。チョコエッグ日産コレクションを久しぶりに一個だけ買ったらシークレットのSダット号ですた。うーん、嬉しいけどチェリーX−1が欲しいよう....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月29日 (土)

ミニカー散策失敗編

DSCN1343今日は1月下旬、ミニカーが各種発売されるというのですっかり遅く起きた朝、慌てて家を出る。背中から肩にかけて激痛が走るので重たいハンドルをあやつるのが辛い。おまけに右手も痛いので手首を回すのに苦労する。さっそく大手量販店で発売されているであろう「トミカリミテッドヴィンテージシリーズ・日野コンテッサ」を探す....ない。あれ?売り切れか?まさか....他の店へ向かう。やっぱりない。チョロQ新作も探したが、やっぱりない。仕方がないので「トミーテック・バスコレクション第5弾」を箱買いする。今回は関東、中部、阪神地区のバスなのであまり力が入らず。でも相変わらずの出来の良さに惚れ惚れ。できればジオラマに飾ってみたいなあと思う。鉄道模型にもピッタリなのでニンマリ。さて青森の友人の電話でわかったのだが「今月はチョロQ、スタンダードの発売はないよ」とのこと。あらら....タカラ何考えて居るんだ?おまけに日野コンテッサは発売延期。ウソ!なんでなんで??(泣)因みにトイザらスでミニカーを買いあさっているのを某機長氏に目撃される「相変わらずやってますなー」と...(ばく)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

三丁目の夕日

DSCF0015食玩フィギュアの新顔「三丁目の夕日」シリーズ。これは小学館の「ビッグコミックオリジナル」に長期連載されている漫画のシーンを表現したモノ。実はこの漫画好きなんですよね。昭和30年代のどこかにある街の物語。子供達の遊びや生活なんかをフィギュアにしたものだけど、全6種のうち欲しかったのは駄菓子屋とたばこ屋。とりあえず一つ買って、で、出た〜〜!これで満足もう買いません。西岸良平が描く世界が見事に立体化されておりますですな。しかしなー、いい大人がこういうものを見てニヤニヤしているのって....好きな人には見せられん....<いないくせに(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月28日 (金)

優しい時間(2)

DSCF0619実はここのところ腰痛が悪化していたのだが、とうとう背中から肩にかけての痛みが激しくなり今日は会社を休んでしまった。岩内での出張は6時間に及ぶ講義中立ちっぱなしだったこともあり、また吹雪によるクルマの運転で長時間緊張を強いられたことも悪化の原因かと。おまけに右手首腱鞘炎がちょっと悪化しつつあり満身創痍というかなんというか。旨い日本酒でも飲まないと治らないかもしんない。(誰か飲ませてくれ〜)今日はテレビ「優しい時間」をまた見て涙。なんでこんなドラマを見て泣けるのか悔しい自分。ベタなドラマなんだけどね、画面構成とか台詞の間とかよく演出されているなあと思う。普通のドラマを見ていると「空間」の取り方なんてあまり意識していないけどこのドラマではそんな細かな部分まで考えていることを実感出来る。つまり「あり得る物語」なんだなあって。芝居ではなく本当にこんなシチュエーションが存在するのではないかと思わせるところが倉本聰の世界なのだろう。画像は本文と関係ないけど、優しい時間と来れば時計は必須。私にとって安らぎを与えてくれる癒しの時計がこれなので....
※大館の鶏めし、青森や岩手でも買えることがHPでわかった。かなり衝撃的....うーむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月27日 (木)

あ こ が れ

__hr_chuobusこのミニカーは1/76でけっこう大きめで迫力あります。塗装なども完璧に再現されている。実車が存在するのでとくにディテールには凝っているのがいいす。実は私の父親はその昔北海道中央バスの運転手、それも当時は憧れの観光バスの担当でほとんど家に居なかった。長い間留守にしていたと思えば我が家のボロアパートに突然大型の観光バスが横付けされる。今思えばそりゃ駄目だろ、というほど無謀にもバスに乗ってそのまま一旦戻ってくる。私はそのバスに乗って営業所まで同乗していくこともあった。大きなバスを独り占め、ものすごい快感だったことを今でも記憶している。そんな幼い記憶を封印したのは私が9歳のとき父親が会社を突然辞め行方をくらましたときからだ。あれから幾年経ったか私は当時の父親よりも年齢を重ねこんなものを買っている。バスには詳しくないけどやっぱり大きなバスは今でも憧れなのだ。バスで旅をするのも悪くないかなと最近ふと想うのだった。そういえば旅といえば駅弁。「花善」のHPがリニューアルしていた。いやはやグリーティングカード!こいつはスゲェ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月26日 (水)

@岩内

DSCF0616iwanai1月25日夜、仕事が終わったあと私は出張のため岩内へ向かう。途中なんと高速道路が通行止め。なんだか最近このパターンだよ。銭函でおろされたあと仕方がないので国道を走るも、途中でガソリンを入れないとヤバい状態。なにせ小樽市内通過はすでに22時を過ぎていたおかげで・・・GSなんか開いてないのだ。5号線小樽市内全滅。余市でセルフが一カ所あったのでそこで給油。雪が相当激しくなり道路が埋もれてゆく(泣)。ああ、前が見えないよぉ。ノロノロ運転のトラックなどに阻まれ岩内へ着いたのはすでに日付が変わっていたのだった。しかしホテルは新しいし安いし快適な環境でこうしてLAN接続だって可能だ。なにせネットができる環境であればストレスがたまらなくていい。インターネットさえできれば自宅にいるより快適かもね、だはは。うむ、定宿にしたいぞ・・・問題は岩内の出張は年に一度しかないことだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年1月24日 (月)

ごはんが食べたい!

hg2炭水化物の摂取を控えるダイエットは非常に効果があるという。無理だ。ご飯食いの私にとってそれは死を意味する。いいんだ、米さえあれば幸せなんだもん。しかし、最近の「サトウのごはん」のCMはどうよ?サラリーマンのご主人が我が家に帰ると出迎える妻。白いご飯が食べたいと切望するご主人に差し出すのがサトウのご飯かよ(悲)...いや、正しく言えばサトウのご飯は旨い。類似品のパックご飯に比べると明らかに味が違うのは認める。だからご主人も思わずニッコリかぁ?いや違うだろ、ご主人のために暖かい炊き立てのご飯を作ってあげるくらいしてやれよ、主婦!とまるで結婚していた頃の自分を思い出し涙する私なのであった。私、米にはうるさいよー。高いだけではだめです。やっぱり旨いのは「あきたこまち」それも琴丘産がおすすめ。あとは山形なら「はえぬき」も。美味しく炊き上がったご飯ほどのご馳走はないのであると断言しちゃうね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

さんざん・・・・

shodai今日は目覚めると(朝ではない...ばく)比較的晴れ間が覗いておりどこかへ行こうかと窓を開けると....昨日除雪したのにまたとんでもないことになっていた。ため息混じりに外へ出てクルマの周辺や玄関を除雪。その後家を出て今日は小樽方面へ行こうと決めた。我が家から一番近い高速道路のインターへ向かうと...「ユキ通行止め」あたた。仕方がないので雪道で渋滞している道路を避け北方面へ迂回した...のが悪かった。丘珠空港のさらに北を回るとなんだかハンドリングがオカシイ。雪の凸凹でハンドルが取られているのだと思っていたがあまりにもひどいので信号待ちの時にクルマを降りて唖然。フロント左タイヤがパンクしているっ!近所のスタンドを探し飛び込むと「お客さん...これ、ダメですね」しばらく走ったためタイヤが4カ所ほど裂けるように穴が開いていた。リアと交換しリアはスペアで走ることに。もう履きつぶす予定のタイヤなので諦めもつく。そこで帰宅しようか迷ったあげくラーメン食いたいがために小樽まで行くのがバカな私だ。「初代」は私がイチオシのラーメンでこれをたまに食わないともっとバカになる私だ。いつもの塩(今日は大盛りだい)を頼み一気に喰らう。旨い。魚の出汁と野菜の甘みが絶妙に絡み合うスープに腰のある太麺とのバランスが絶妙だ。限定のメニュー「白たまり醤油」もあるが、私はノーマルの塩が一番好きだ。白たまり醤油は素材そのものが贅沢で素晴らしいが、醤油や塩の味がおのおの強くてちょっと私の舌には上品すぎるかも。旨いラーメンのあとは隠れ家温泉で体を温め腰や肩を癒す。日曜の夜でさえ客は2〜3人しか居ない絶妙な温泉だ。そんな休日を終えてまた荒れた雪道を戻りこうして一日が終わる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またやられた・・・

DSCF0498今日某大手スーパーへ行くとこんなものを発見してしまいますた。もう食玩コーナーなんて行ってはイケナイ場所なのだった。「鉄道風景」というタカラから発売された食玩は小さなジオラマだ。私が好きな鉄道風景の一部が見事に再現されているのだが、4種類の情景でそれぞれ季節があったり車種が異なる。計14種類あるのだが欲しいのはとにかく鉄橋モノ。特に渓谷のものは必須....結果は三個購入で渓谷が二つ、あとはトンネルのもので、これも良し、としよう。要らないのは車庫と都市の風景だったんで大満足。しかも渓谷のは一番欲しかった秋田新幹線E3系こまち、だもん。ちゃんとプラスチックのケースに入っているのでそのまま飾れるのもいい。できればチョコエッグの車両を流用出来ればもっと嬉しかったんだけど、やや小さめ。トンネルのは車両が遠近感を出すためにデフォルメされているのもご愛嬌か。因みにこれはJR東日本編、てことは西日本とか出るのか?んー、もう打ち止め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月22日 (土)

か に め し

DSCF0496駅弁といえば大館の鶏めし、と毎回騒ぐ私だが地元ならやっぱり「長万部 かにめし」を推す。初めて食べた小学生の頃こんなに旨い食い物がこの世に存在することをおごってくれた人へ感謝したことを思い出す。あれから味も変わらずに健在。毛ガニを独自の味付けで細く切ったタケノコと煮込み、ご飯一杯に敷き詰めてある。付け合わせのノリの佃煮も絶品だ。実は長万部へ行かずとも札幌西武百貨店地下で買える。その場で調理をするのはかにめし本舗かなやの本場スタッフ。以前はずっと奥さんと娘さんが自ら毎日作っていたようだ。不味いわけがない。今日は久しぶりに食するが、相変わらずの旨さに泣けてくる。1000円とちょっと高いけどミニ600円もここだけで買える。また本場長万部でも味わえない2人前〜4人前での製作も引き受けてくれるので腹一杯死ぬほど食いたい人はいかがなものかね。因みにこの写真は今日F810で撮影(笑)。しかも一番画質の落ちる35万画素モードで撮影したんだけど、これまたいい雰囲気で撮れているじゃない〜(ばく)実はかにめしの包み紙は微妙な色なのだが、ちゃんと再現されておりビックリ。色々なところで紹介されているけど包み紙の色合いがでたらめに出ちゃうカメラが大半。(ほとんどがブルーっぽく出るけど実は青緑)ああ、必要にして十分な画質。おそろしや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月21日 (金)

大人のデジカメ

img_f810最近私の友人たちがデジカメを買っている。それも某メーカーのものが多いようで嬉しいような。つい最近は某ジェット機で日本全国を飛び回っているキャプテンがF810を購入。早速「いいよう!」と感激メールが舞い込む。添付されたファイルには某飛行機のコックピット計器が(笑)・・・なるほどキレイだわ。実はF810はコンパクトデジカメ至上最高の画質をもくろんで作られたわけでキレイでないと困る。単純に画質がいい、とか色がいい、というのを超えた感動画質、これがこのカメラのいいところ。デジカメは所詮画質勝負なのだから。それに使い勝手が最高にいい。レスポンス、メニューのわかりやすさ、細かな設定なども非常によくできているし、撮影に必要な各種設定もワンタッチでメニューなしで操作が可能な点もおすすめ。どんな場面でも、どんな被写体でも人工知能によるシミュレータで処理する特殊なシステムなので他では真似のできない画質が得られます。ホント。しかしこのすばらしいカメラが今や4万円台の価格で買えることはあまり知られていないかも。ああ、宣伝でごめんよお。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年1月19日 (水)

お腹イパーイ!

DSCF0618フルタのチョコエッグ...すでに何種類発売されたやら。最近では鉄道シリーズもあって目が離せなかったが、あまり出来が良くなくてちょっと安心。が、今度は日産コレクションですよー。まあ全種欲しいとかの気持ちの高揚はなく資料的に二個購入。全17種+シークレットの他、色違いが三種あるので計21種?スカイラインは3種類あったのに二個買ってスカイラインとわ...ま、無難な選択かと納得。しかし本当はチェリーX-1Rが欲しかったんだけどねぇ。ま、出来栄えはなかなかのモンですよ。SR311しかも赤、があるので「なかさん」また大変ですよー!!(笑)
ところで...「SL&ブルトレ第二弾」はかなりヤバイ!なんたって北海道の列車満載。しかもED79はまなすなんてさー、どうしてくれるんだよぉ。こっちはちょっと気合いを入れねばならん。(泣)ああ、太ってしまう(すでに遅し)・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月18日 (火)

マルチなメディア

DSCF0617個人で所有するデジタルカメラはスマートメディアを使うので基本的にはメディアを読ませるためのリーダーなどは不要でカメラを乗せるクレードルから一発転送すればいいだけだ。しかし実はニコンとカシオのカメラも持っておりこれらはコンパクトフラッシュ、SDカードを使用する。会社で扱うカメラは更にxD、マイクロドライブ、そして携帯電話のメディアはメモリースティックDUO、miniSDだ。なんでこんなにメディアが混在するんだよ!と怒りも出てきてしまうのでありますな。んでパソコンへ画像入力する際に非常に面倒だったのだが、ついにこんなものを買ってしまった。なんと11種類のメディアが読み込み可能。しかもメモリースティックDUO、miniSDはアダプタさえ不要。スロットは4つあり「CFグループ」「xD、スマートメディア」「メモリースティック」「SD」の4つはすべて同時にマウントしてくれる優れもので、4種のメディア間はコピーもすぐにできる。
メディアを読み込むカードリーダーはさまざまなモノが発売されているが現在最強なのがこれでした。しかも大手量販店では2,980円という価格で驚いた。喜んで良いのか、複雑なメディア相関図を悲しむべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月17日 (月)

不機嫌なシーン

ジーンじゃないよ。不機嫌ネタ炸裂。今日も相変わらずコンビニへ立ち寄ったのだが、いつも不機嫌なシーンに出会う。それは「立ち読み」だ。いい年をした大人、それもサラリーマンがだヘラヘラ薄笑いしながら立ち読みをするほど格好悪いことはないだろうよ。おまけにコンビニの雑誌コーナーは表に面したガラス越しで己のバカ顔を世間様に晒すことになっていることをわかっていないようなのでクルマのヘッドライトでショーアップ作戦でもかましてやりたいもんですが、見かけたら数台でやってあげましょう、しかもハイビームで。立ち読みってのは本屋でもあまり褒められたモノではないが、確かに気になる雑誌の特集などをチェックする程度ならまあ買うためのリサーチとして許される範囲としようか。しかし明らかに週刊誌や漫画はどうだ。立ち読みは一種の泥棒に相当するほどの犯罪行為ではないか。映画館の裏口から侵入し立ち見をしていることと変わりはない。
もう一つの不機嫌。北朝鮮外道拉致に関してだが新たな拉致被害者へ認定されそうな事実が浮かび上がる。他にもこのようなケースはあると報じられているが、ざっと三桁の人が日本から連れ去られているとも言われている。遅いんだよ、気が付くのが。昔から「北の仕業」と有識者達は政府に対して言い続けてきたではないか。今も異国の地で望郷の思いで幽閉されている同胞を救うことができない売国奴の政治家たちのお陰で犠牲になっている人々を思うと我々がいかに幸せに日々を送っているのかと省みるのであった。北朝鮮の機密事項に関わった仕事をさせられているばかりに死亡とされている拉致被害者たちは必ず生きている。
今日は阪神淡路大震災から10年の節目を迎える。あのとき、私は帯広にいた。寒空に鞭打つように放り出されすべてを失った被災者の方々も今はこの空の下で何を想うか。まだ新潟では不自由な生活を強いられ寒さに震えている方も少なくはあるまい。何もできない自分に不機嫌になるばかりなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月16日 (日)

えーや、まっく。

DSCF0616「仕事で買った」iBookを自宅で快適に使うためにはネットワークが必要になる、と言い訳をしつつとうとう自宅に無線LANを導入してしまった。購入したのはMacでもWindowsでも使える「AirMac Express」である。これがいいのは簡単に現状のADSLモデム〜ハブに繋げるだけで即ワイヤレスブロードバンド環境に早変わりだ。おかげでiBook G4は持続力の高いバッテリと相まって部屋のどこでもネットブラウジングが可能になってこれは楽しい。おまけにこの「AirMac Express」は出張にも持参し有線LANを提供してくれるホテルでも使うことができるのが嬉しい。ただし、狭い我が家の中でネットをするなんて場所が限られるのにこーゆーことをしているのはちょっといかがなモンか。まあ、自宅へ持ち帰ったときいちいちコードもACアダプタも出さずに済むのはいいね。写真は「AirMac Express」のパッケージだけど本当にappleってデザインセンスは秀逸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いお方

DSCF0068仕事上パソコンを使うことが多い私にとってとりわけデジカメのデモを行ったり画像処理をするためにノート型を多く使う。過去、初めて私専用にあてがわれたパソコンはapple PowerBook 5300Cだった。ノート型Macでは初めてPowerPCプロセッサを使用した機種で動作周波数は100MHz・・・今考えると凄いよね、遅くって。当時個人で所有していたPowerBookはモノクロ液晶の150で周波数は33MHzだった・・・その後Windowsの時代になりIBMやVAIOなどを会社で買っていただいたが、プロカメラマンの多くはMacが主流なので新製品のS3pro専用ソフトを作動させて行うデモなどにはMacOS X10.3以上の最新機種でなければ動かない(泣)。仕方がないので自腹で買おうか悩んでいたら会社で買ってくれた。ああ、よかった。でも、当たり前だけど仕事でしか使わないけどね。ただしこんなの出たらさ、欲しくなるわけで・・・普段出張なんかにはMD持参で行っていたけどiPodがこんなにちーちゃくなったら使わない手はないっすね。で、この「白いお方」を活用できる、と。しかもこの方は本当に美しいお体をしているので見ているだけでもウットリなのだった。ワイヤレスブロードバンドも出来るので「仕事上で」持ち歩く楽しみも増えちゃったわけで・・・あくまでも「仕事上」・・・けして家に持ち帰ってなど・・・以下自粛・・・自宅ではこいつもいいかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

何もしない

DSCF0615ダラダラ週間なので土曜日も寝ていました。何もしないというのは正しくないのだろうが本当に何もしていないのだ。昨晩金曜はお取引先の社長さんとじっくり飲んですっかり深酒、家へ戻って何かと色々やっていたら朝になってしまったのだ。こうして本当に寝て過ごすのは正月以来なのだがそういう一日があってもイイよなと本当に思う。思えば雪が融けてしまえばほとんど家にいない日々を過ごす訳なので自宅でのんびりするというのも悪くはない。どう?みなさん家にのんびり居ることあります?(あるか、普通は)さて画像は食玩(つーてもこれには菓子が入っていないのだが)G.I.GOEのミニチュア判でかなり以前のモノを復刻版として再現。しかしこういうモノにはあまり興味がなかったんだが資料として一つ買ったら・・・シークレットらしい・・・うーん、複雑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月13日 (木)

優しい時間・・・

倉本聰原作・脚本のドラマ「優しい時間」が今日から放映開始。「北の国から」のイメージもあって前評判も上々らしいけど、北海道人としてはちょっと恥ずかしくてどうよ、って思っていたんだが・・・第一話から泣いちまったぜ(恥)。ドラマ、とりわけ最近のものはいかにもうそ臭くて突っ込みどころ満載なのだが、やっぱり倉本聰は恐ろしいほどの緻密な本を書く。キャスト一人一人の人物像、背景描写を見事に描いておりそれを役者がちゃんと表現させている。人の持つ哀しさ、弱さ、強さ、葛藤・・・そんなものをもっとも的確にいやらしいほど再現しちゃうんだよね。感情移入、というよりは自分自身の生き方までにグサグサ差し込まれてくるというか心をえぐられてしまうような。人間愛なんていうと本当に偽善者が吐く台詞みたいに聞こえてしまうけどこのドラマを見た後でなら誰もが優しく自分の愛する人を探してしまうに違いない。恋愛でもいい、家族愛でもいい。自分は誰かに想われているか?愛されているか?想っているか?愛しているか?・・・人の心を満たすものは人の心でしかない、ということなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

AEON限定っ

DSCF0605相変わらずミニカーにはやられっぱなしの毎日なのだが、最近は限定モノも流通限定が多くて苦労するだよ。イトーヨーカドー限定のトミカはもはや毎月必ず発売だし、チョロQもたまに同じく限定にて登場。イオンも追従するように毎月限定トミカ、そしてまれにチョロQが。勢いのないダイエーではそんな余裕もないみたいで安心。が、こっちでは発売がないけどユニーとかアピタではその手がゴロゴロ。北海道では買えないだけに涙。こういう流通限定は非常にキビシー。やはり全国の友人達にお願いするしかないのだ。でも、アピタ、ユニーがある地域に知人はいないんだった。ああ、寂しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなの欲しい〜

r1スバルR2はその昔、憧れた軽自動車だった。可愛い顔つき、まあるいヒップ。子供心にドキドキするクルマだったのだが、昨年R−2が名前だけ復活。なかなかラテン系セニョリータクルマだったので心惹かれる部分があったけど、何かが足りない。そう、R2は2ドアじゃなければならない。パーソナルなクルマじゃなくてはならぬ。そこでR1の登場。そうそうそうこなくっちゃ・・・触れてなでたくなるお尻、挑発的なフロントマスク。でも、どこか間抜け顔。サイドビューはどこまでもコンパクトでクーペのようなスタイル。おお、これこれ。マジで欲しい一台・・・ま、ミニカーでいいから誰かくれ。(今日はイイ酒を飲んだので気分が最高です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月10日 (月)

空弁

DSCF0064東京での休日を終え羽田空港へ着く。ああ、第二ターミナルからは初めての出発だ。思えば第一ターミナルは基本的にJAL系のお客さんしかいないわけで、ターミナルにテナント入りしているお店は必然的に売り上げが減る勘定だ。極端なことを言えば半分になってもおかしくないのか。第二ターミナルにもお店が当然色々あるのだけどなんとなく寂しいような。第一ターミナルが閑散としているわけではなさそうだがどうしたもんだか。で、第二ターミナルにできた「空弁コーナー」で買った焼鶏寿しだ。香ばしい鶏がスライスされて酢飯の上を飾る。どんなもんかと思ったが冷めても旨い。試しに暖めてみたけど冷めている方が旨かった。暖めると酢飯の香りがきついのだ。(当たり前だよな)今年は酉年。鶏三昧するっきゃないでしょー。8日も都内の鶏料理店だったけど、終わりも鶏で締める。しかも酢飯で締めてある(ってなことはない)のだった。ほほほ。しかし・・・家へ戻ったら室温が一度・・・帰ってから3時間が経ちましたが未だ室温12度(爆)。寒くて風呂にも入れないぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緊張の収録

DSCFdaihon11月9日(日)忘れられない一日になってしまった。朝10時に局入り、ちゃんと個室の控え室が準備されておりまるで芸能人、うひょー。台本を渡され色々暗記するもカメリハではやや緊張。途中待ち時間が多いので仮眠したりスタジオで他の出演者の方の収録などを見学。意外に時間の経つのが早く感じられた。放送局の雰囲気は好きなのでちょっと浮き足気味・・・そしていよいよ私の出番。時はすでに22時を回る。登場し緊張しつつもなんとか台詞を放つと、台本とは違う進行でややあせる。登場後、私がシャワーキャップをすぐにかぶる予定が薬丸さんがいきなり被ってしまったのでびっくり。お楽しみは小倉優子さん。「ゆうこりん」可愛いよぉ!!(泣)顔メチャさいちー、テレビで見るよりすごく可愛いので本当にドキドキ。ゆうこりん、が被ったシャワーキャップに収録後サインを頂く・・・ううう・・・ツーショットも撮影しちまいました。写真は台本にも頂いたサイン!ああ、今晩は良い夢が見られそうだ。しかし、今日の出演者の中でも凄いのは市販のバービー人形を改造し宝塚歌劇団の衣装を自分で製作しちゃう方。本当にお見事でした。コレクターって本当に凄い人はいっぱいいるのだ。私なんか、本当にテレビに出ちゃっていいもんだろうか?・・・しかしタレントさんは本当に愛想が良くて楽しかったっす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

@TOKIO

DSCF0033東京でもきれいな夕日が見えるとなんとなく子供のようにモノレールの窓越しにおもわず顔を緩めてしまう。今日東京に着いて驚いたこと二つ。羽田第二ターミナルの存在を忘れていたことが一つ目。なにせ「ああ、新しいターミナル楽しみだなあ」と思いつつも昨晩(正しくは今朝)4時まで眠れず準備にいそしんでいたおかげで機内ではほとんど寝てしまっていた。おかげで目が覚めてあわてて飛行機を降りたとき、一瞬羽田ではないのではないかと疑うほど印象が違った。二つ目はモノレールに乗ろうと思ったら「快速」の文字が。夜遅い時間帯のみではなかったのか?ほー、びっくりやん。確かに快速は快適。今まで必ず止まっていた駅を通過する快感・・・夜はえみーるぞらご夫妻、空飛ぶクマさんと4人で会食。「鳥良」にて旨い手羽先をいただく。久しぶりに食べる味は格別で、味噌で煮込んだ玉子も旨かったなあ・・・てなわけで、今はホテルで明日の準備をしているのだけどめったなことでは緊張しない私がすごい緊張感でドキドキしているのであります。眠れないかもしんない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

テレビ出演(2)

sw_nhkいやはや本当なのか?冗談だろう?などと言われていますが本当です。どのような番組かというとNHK-BS2で放映されている「熱中時間 〜忙中”趣味”あり〜」という番組でさまざまな趣味、とりわけメジャーではないかもしれないがこだわりを持つ人々を紹介する番組なのであります。今回のテーマは「装う」とか。で、日本でも希有な存在であるシャワーキャップコレクターである私に出演以来がありました。司会は薬丸裕英さん。アシスタント?にあの小倉優子さんがぁ!(感涙)放映日は2/6(日)23:00〜0:00です。まだ収録前なのでもしかすると私の失態によりなくなる可能性も捨てきれず....はたしてどんな番組になるんでしょーねぇ。尚、画像はariari BOXオリジナルシャワーキャップ、ついに完成のもの。パッケージにこだわって作りました。欲しい人はどんどんお申し込みを!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

ariariついに全国デビユ〜

一部の方へはリークしておりましたが、決定したのでここで公表。私、なんとテレビ、それも全国放映されることになりますた。まさか、この私が・・・この週末は収録のため上京しますが本当にワシでいいのだろうか。しかも天下の公共放送NHK-BS2でございます。あーこれで名実共に日本一のシャワーキャップコレクターとして恥をさらすことになるのかと思うと心中複雑な思いでありますがぁ。オリジナルシャワーキャップも完成し配布間近だったのでちょうど良かったのだろう。とにかく....恐ろしく緊張しそうな私を応援してください(笑)。8日土曜の夜は私の壮行会を東京で....誰かやってくれ(爆)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年1月 5日 (水)

笑わせる人

寝正月が終わったのに未だに社会復帰できずに眠くてしゃーないな。結局寝て食ってテレビを見るだけという恐ろしく退屈な日常に心から喜ぶ日々は終わった。毎年同じ事を思うけど正月はお笑い番組だらけで、テツ&トモなんか一年ぶりくらいに見たぞ。そもそも「お笑い」って何だっけな。今、お笑いブームが20年ぶりくらいに到来しているそーだが「若手お笑い芸人」と言っても、漫才やコントをやるのは最初だけだからな。売れたらあとはバラエティーでトークするだけか、司会者かってなところでしょ。するとネタが一本しかない芸人の末路はテツ&トモの痛さが象徴している。波田陽区に司会者が務まるだろうか。ヒロシにトークが期待出来るか。無理だ。「あいのり」のスペシャル番組で今田耕二がフランスでおねいちゃんをナンパするも自分は日本では有名なコメディアンであると言ったばかりに「芸を見せろ」と言われ何もできなかったことからしても、今の日本は真のコメディアンは存在しなくなりつつあるのだな。今の庶民、いやメディアがその手の芸人を必要としていないフシがあり、所詮旬を売るだけなのだ。「お笑い芸人」ではなく「面白い話ができる人」でしかないわけでそんな奴が高額な所得を得ていることも納得出来ないんだよなあ、ダウンタウン。特に浜田なんかタダの悪ガキじゃねーか。歌も最悪であんなCDが売れること自体日本人の耳は余程バカになっているんだろ。と、ジジイはテレビの前で愚痴っているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

はつゆめトミカ・・・夢ってほどじゃないぜ

DSCF0607トミカの新春恒例行事になりつつある「はつゆめトミカ」の酉年バージョン。日産マーチは実車も可愛いけど、ミニカーにするとこれまた非常にぷりてい♪ ノーマルカラーはオレンジだけどイトーヨーカドーがオリジナルで半年間毎月一色づつのバリエーションを発売したり、トミーのカラフルセット6色バージョンなどがあり、私が所有するトミカのマーチは全部で20色。グラデーションにしてユニクロのフリースみたいに並べてみたらさぞ快感かと。問題は並べるスペースが部屋のどこにもないことですな。無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 2日 (日)

正月気分ってなんだっけ

DSCF0032
うちの会社や巷からそろそろ年の瀬、ってな頃合いに「いやぁ今年は『正月ってな気分』じゃないなあ」という声が聞こえてくる。毎年同じようなことを言っているような。アナタの周囲でもそんな声聞こえません?そもそも「正月気分」ってなんだっけ?お正月には凧上げて独楽を回して遊ばなくてはならんのだっけ、いや大人はそうじゃないな。昼間から酒を飲む?そんなの正月だけじゃなくてもできる。あ、お年玉か。よかった、ワシにはあげるガキはおらん。思えば昔は正月は田舎で迎えることが多かった。正しくは子供の頃には親戚一同が本家に集まり、子供達は親戚からお年玉をもらい早速プラモデルなんかを買いに行ったりしたもんだ。今はおせち料理なんかも面倒で作らない家が多くなってしまった。その証拠にスーパーに行けば最初から出来合のおかずに客は群がっている。市内中心部へ行けばそれなりに初売りでまるで夜逃げ姿みたいに福袋だらけになっているオバサンだらけだ。そんなの正月なのか?違う違う。家には注連飾り、門松。獅子舞を呼び御神酒を振る舞い、クルマのグリルにも小さな注連飾りを付けねばならぬ。家の中にはお供え餅があり豪華なおせち料理が膳を飾る。・・・なんてね。一人暮らしの身にはそんな飾りは要らないんだったな。せいぜい「仙台・牛タン弁当」なる駅弁を食って冷やで一杯やるだけだ。うむ、この駅弁は・・・米は麦飯でそれなりに旨い。でも肝心の牛タンはちょっと硬めでしかも薄すぎ。不味くはないんだが物足りなさを感じる。やはり大館の鶏めしじゃなくてはイカンのだ、酉年はっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もっとも好きなFinePixは・・・

DSCF0005実はいろいろな人に聞かれるのが「一番好きな(あるいは良いと思う)FinePixってどれですか?」ということ。このような仕事をしていると「Next One」なんて格好よく言いたいところだけど、個人的な話で言わせていただければ「FinePix 50i」「FinePix E510」「FinePix 450」をよく使う。まあ用途で異なるので難しいけど50iは200万画素でありながらハニカムCCDでムチャクチャ色再現性もいい。単焦点なので解像度もいいし近接でフラッシュでも飛ばないところも気に入っている。もう4年も前に発売になっているカメラだけどこれはいい。オークションで安く売っていたら買いの一台。音楽(MP3)も聞けるしね。あとE510は28-90mmという焦点距離、ワイコンで21mm対応で旅に一台だけ持って歩くならこれでしょ。広角側での歪曲収差が少なくてこれも良いカメラ。あとは毎日持ち歩くならF450だろうなあ。画質もかなりよろしいかと・・・
でも、一番良いカメラは?と聞かれたらここにはないけど「F810」に決まり。他社機も含めて最高のカメラじゃないかと自画自賛(笑)。使えば本当によさがわかるんじゃないかな。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »